情報管理
検索
OR
閲覧
検索
31 巻 , 12 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
パネルディスカッション
ぷろむなーど
講座
  • 小松崎 清介
    31 巻 (1988) 12 号 p. 1053-1061
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル フリー
    本稿では, まず「高度情報化社会」という日本固有の発想は, どのような背景から生まれたのかについて考察する。そして, 情報通信技術の高度化をはじめ, 情報通信ニーズの高度化, 「情報の産業化」の進展などの要因を概観する。次に, 「高度情報化社会」論の国際比較を通じて, 日本のビジョンづくりの特質を分析する。最後に, 「高度情報化社会」の展望と課題について, 情報通信技術の革新と融合の高度化, 情報通信ニーズの高度化, 情報通信利用環境の高度化, 情報公害抑止水準の高度化の四つの視点から検討を加えている。その結果, 情報通信技術とニーズのマッチング, 情報公害の抑止などの課題の解決が「高度情報化社会」実現の鍵であることを指摘する。
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top