情報管理
検索
OR
閲覧
検索
32 巻 , 7 号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
講演
  • 西澤 利夫
    32 巻 (1989) 7 号 p. 543-560
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル フリー
    今注目されている特許をはじめとする知的財産権問題について, 特にコンピュータソフトウエアや遺伝子工学などの先端分野での問題を取り上げた。日本の特許出願は年間50万件にも達し, その量的な多さが欧米との間に新たな摩擦を生じている。それでは50万件の意味するものは何か, また現在に至る出願内容の変遷などにつき欧米や韓国・中国の動きと比較しつつ論及した。遺伝子工学の分野でも, 例えばアミノ酸配列に対する著作権問題など, ソフトウエアと共通する側面があり, これらを扱う国内外の動きを紹介した。
    抄録全体を表示
  • 牧浦 宏文
    32 巻 (1989) 7 号 p. 571-581
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル フリー
    新しい金属材料が実用的に広く使われていくには, 材料を製造する側とそれを利用する側が, その性能に対して共通の理解と認識を持つことが必要である。そのための情報源の一つとして, 金属系新素材カタログデータ・システムを開発した。本システムは国内約150社, 3,000件のカタログ情報をCD-ROMに収録し, その情報をパーソナルコンピュータを用い容易に検索・加工できるようにしたものである。本報は, 収録している金属系新素材36種, そのデータ項目26項目の内容を紹介するとともに検索方法を要約し, まとめた。
    抄録全体を表示
  • 一ノ渡 勝彦, 三輪 眞木子, 本橋 秀世, 松山 禎憲, 井手 添貢
    32 巻 (1989) 7 号 p. 583-595
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル フリー
    産業界における知的所有権への関心が高まっている現状を踏まえて, 昭和43年~62年まで20年間の特許の中から集合住宅計画に影響を及ぼす特許630件を抽出し, 集合住宅業界の技術動向を調査した。分析ツールとして, 大・中・小分類とキーワードから成る独自の分類体系を開発した。それを基に, 技術要素と達成課題, および出願人からみた出願傾向を分析した結果, 前者では住宅生産技術の変遷とほぼ一致する動向が, 後者では全体の2/3強をゼネコンと住宅関連企業が占める傾向が得られた。また, 調査対象特許をビジュアル化表現による冊子体の二次資料として編集し, 特許情報にアクセスしやすいツールを開発した。
    抄録全体を表示
講座
エラータ
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top