情報管理
検索
OR
閲覧
検索
33 巻 , 5 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
パネルディスカッション
  • 前坂 俊之
    33 巻 (1990) 5 号 p. 411-424
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル フリー
    毎日新聞写真データベース「MAIHIT」は光ディスクに写真を蓄積し, 大型コンピュータでタイトル, キャプション, 撮影年月日などの文字情報を, フリーキーワードで検索するもので, 画面上に写真と文字情報を合成して表示される。現在, 明治, 大正, 昭和戦前から30年までの歴史的な写真約6万枚が蓄積されている。本稿では, 写真(映像)データベースの現状, 必要性等を述べ, 「MAIHIT」構築の経緯, システム構成や具体的な事例を示した。また, 「MAIHIT」構築がもたらした効果および今後の課題と方向についても触れた。
    抄録全体を表示
  • 斎藤 雅
    33 巻 (1990) 5 号 p. 425-433
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル フリー
    大日本印刷(株)では, 電子出版におけるカナ振り, 索引作成処理, キーワード自動作成の支援をするシステムを開発した。システムの基本部分にはNTT情報通信処理研究所が開発し, NTTデータ通信(株)が商品化したキーワード自動抽出システム「INDEXER」を利用した。ここでは, まず電子出版の位置づけを行う。次に「INDEXER」の概要を解説し, 今回開発したシステムの機能を説明する。実際にCTSにおいて実用化している事例として, 書籍のルビ付加, 名簿などのカナ振りおよび索引作成の作業支援につき述べる。またデータベース構築としてCD-ROMのインデックスにおけるキーワード作成での利用を述ベる。
    抄録全体を表示
講座
  • 阪上 晃庸
    33 巻 (1990) 5 号 p. 435-443
    公開日: 2012/03/23
    ジャーナル フリー
    情報量が増大し, 情報媒体も多様化しているInformation anxietyの社会状況において, 企業における情報要求も複雑化, 多面化しつつある。サーチャーは, 情報のありかを探し当てることが業務であるが, 増え続けるデータベースと, 搭載するシステムの機能を見極め, どのデータベースを, どのデータベースシステムで利用すれば, 信頼のおける情報が引き出せるかを決めなければならない。商用データベースが定着し, 利用人口が増加する中で, 90年代におけるサーチャーの役割は, 検索者ではなく, 情報コンサルタントとしての役割へと移ってゆく傾向を述べる。
    抄録全体を表示
ぷろむなーど
ずいそう
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top