情報管理
検索
OR
閲覧
検索
34 巻 , 3 号
選択された号の論文の17件中1~17を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
インタビュー
講演
  • 深井 雅海
    34 巻 (1991) 3 号 p. 219-231
    公開日: 2008/05/30
    ジャーナル フリー
    徳川幕府において,将軍は「御庭番」という独自の情報収集機関を持っていた。「御庭番」は八代将軍吉宗が創設した幕府内の役職であり,幕政の主導権が行政機構を掌握していた老中に移りつつあった状況において,社会の動きを将軍独自に収集してその意志を幕政に反映させようとしたものである。本稿は「御庭番」の創設過程,その組織·地位·職務,創設期の出動例,遠国御用と呼ばれた国内情勢の調査例,さらには職務不適格な旗本の採索例などを,最近明らかになった資料に基づいて述べたものである。
    抄録全体を表示
  • 橋本 丈夫, 上杉 正樹, 武田 健治
    34 巻 (1991) 3 号 p. 233-249
    公開日: 2008/05/30
    ジャーナル フリー
    科学技術庁および47都道府県の衛生研究所等に環境放射線に関する情報を提供するために,日本分析センターでは環境放射線データベースシステムを構築してきた。このデータベースでは,1957年から実施されている環境放射線モニタリングの調査結果を,リレーショナルデータベースに蓄積しており,その数は現在約84万件に達している。これらのデータの内訳は空間線量や雨水,土壌,日常食,農産物,海水,海産物中の90Sr,137Cs等の人工放射性核種および,40K等の自然放射性核種に関する情報である。本報では,環境放射線データベースシステムの概要を紹介する。特にコンピュータ初心者でも容易にデータ検索ができることを目的として開発したメニュー式検索システムを,具体的な操作例によって報告する。
    抄録全体を表示
講座
ぷろむなーど
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top