情報管理
検索
OR
閲覧
検索
37 巻 , 12 号
選択された号の論文の18件中1~18を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
  • 松尾 浩道
    37 巻 (1994) 12 号 p. 1061-1074
    公開日: 2008/05/30
    ジャーナル フリー
    本稿では, 科学技術の進展に対する社会の価値観, 人間·社会に対する科学技術の影響等を把握することにより, 人間·社会にとって望ましい科学技術の展開方向を明らかにするための基礎資料を得ることを目的に行った「科学技術が人間·社会に及ぼす影響に関する調査」の概要を紹介する。本調査では, (1)科学技術全般や, 科学技術のプラス面/マイナス面に対する国民の意識の分析, (2)人間·社会との接点における, すなわち国民の意識の中における科学技術の新たな分類の構築, 及びその分類に即した科学技術の今後の方向性の分析, を主要な内容としている。
    抄録全体を表示
  • 菊田 泰代, 田澤 和彦, 熊谷 典久, 六条 範俊, 平賀 正樹, 橋本 忠俊
    37 巻 (1994) 12 号 p. 1075-1087
    公開日: 2008/05/30
    ジャーナル フリー
    富士通 (株)における情報管理の実施例として, 94年5月から運用を開始したマルチメディア情報検索システム—FIND 2—について紹介する。FIND 2は, インターネットを通してマルチメディア情報の検索·再利用を全社規模で可能としたクライアント·サーバ型分散データベースである。 FIND 2は, インターネット·WWW·HTMLなど, 事実上の世界標準ツールを採用し, 特定の機器に依存しないオープンシステムとなっている。この結果, 社内の既存設備の活用が可能となり, 利用者の拡大と蓄積情報の増加が進展し, 情報再利用による営業·SEの生産性向上に大きな効果をもたらした。本稿では, FIND 2開発の背景やシステムの概要, 実現機能, 効果と実績, 今後の課題について述べる。
    抄録全体を表示
  • 市川 宏, 田中 明
    37 巻 (1994) 12 号 p. 1088-1095
    公開日: 2008/05/30
    ジャーナル フリー
    出光興産 (株)では, 研究開発部門の技術系社員を対象とした, カレント·アウェアネス·サービスを実施している。情報提供サービスの種類には, 商用データベースを利用したオンラインSDIサービス, 特許庁発行のCD-ROM公報によるオンディスクSDIサービス, コンテンツサービスなどがあり, 各サービスの利用の現状, パソコンによる管理方法, サービス内容の見直し方針について述べる。
    抄録全体を表示
  • 林 聖子
    37 巻 (1994) 12 号 p. 1096-1106
    公開日: 2008/05/30
    ジャーナル フリー
    立地情報室では, 1990年から情報資源管理と情報提供サービスを二大業務としてきた。特にレファレンスサービスに主眼を置いたところ, 結果として灰色文献に到達するケースが多くなってきた。そこで, 灰色文献をユーザからの依頼の前に, 先取り収集することにした。官公庁発表資料と調査研究報告書を中心に, 産業政策や産業立地, 国土開発, 地域開発, 経済政策等に対象分野を限定し, 日々のウォッチングにより入手し, ユーザヘ提供している現状を報告する。レファレンス件数と灰色文献受入割合の変化にも注目し, 灰色文献の特徴や問題点をふまえながら, 今後の課題を検討する。
    抄録全体を表示
講座
ぷろむなーど
情報整理術
マンガ「ことばの泉」知る知る見知る
日本じょうほう紀行
エラータ
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top