情報管理
検索
OR
閲覧
検索
39 巻 , 5 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
講演
  • 酒井 昌宏
    39 巻 (1996) 5 号 p. 315-325
    公開日: 2001/04/01
    ジャーナル フリー
    本稿はJICST北海道支所設立15周年記念講演を編集し,収録したものである。 まず北海道の産業,とくに工業を中心にその特質と現状を述べ,他地域の中小企業の工業化の比較等から北海道の工業化が遅れていることを指摘した。そして,バブル崩壊後においては,大企業の誘致から地場企業の育成へと工業振興政策を見直さざるを得なくなっている現状と,それに対応して地場企業自らが技術開発を行ったり,北海道で生まれた技術を生かして発展しつつある例を述べ,地方における中小企業の今後のあり方への指針を示した。
    抄録全体を表示
論文
  • 石井 啓豊
    39 巻 (1996) 5 号 p. 326-338
    公開日: 2001/04/01
    ジャーナル フリー
    1976年から1993年の各年における日米英等の主要7か国の収録論文数を,物理,化学,工学,医学の27分野別に調査した。この調査結果の概要は既に報告されている。この調査データを用いて先進国6か国の18年間の動向の特徴を分析した。多次元尺度構成法によって国別分野別の論文数の年次変化の特性を分析した結果,1993年の論文数と調査期間の前期と後期の論文数の差(共に,1976年の論文数に対する比で示す)の二つの指標によって変化を要約できることが明らかとなった。この指標によって各国,各分野の動向を分析したところ,日本のシェア拡大傾向は続いているものの後期になってその勢いは多くの分野で衰えていること,化学工学(CA)などの分野で我が国の動向が他の分野と異なることなどが明らかになった。
    抄録全体を表示
  • 作山 宗久
    39 巻 (1996) 5 号 p. 339-353
    公開日: 2001/04/01
    ジャーナル フリー
    文書は,私たちの社会生活において,法律関係や事実関係の存在を証明する手段としての機能をもっている。この機能をはたすために,法令は必要に応じて文書の作成や保存を要求し,また文書に対する公共の信用を保護する。法令という情報の受け手である私たちは,法令が規定する文書とは何かを意味づけし,識別しなければならない。製造物責任法の施行,民事訴訟法改正の法案化,情報公開法要綱案の中間発表など,文書管理の確立をうながす実定法の動きがいちじるしい。組織のみならず個人も法令とのかかわりにおける文書の意義とその管理に関心をもたなければならない。
    抄録全体を表示
紹介
情報便利屋の日記
機関紹介
マンガ「ことばの泉」知る知る見知る
やってみよう
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top