情報管理
検索
OR
閲覧
検索
40 巻 , 5 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
インタビュー
論文
  • 脊山 洋右, 内島 泰信, 清水 浩太朗, 渡辺 万蔵
    40 巻 (1997) 5 号 p. 372-391
    公開日: 2001/04/01
    ジャーナル フリー
    日本生化学会が刊行する英文誌「Journal of Biochemistry」は毎号30数編の論文を掲載した月刊誌であるが,インターネット上に公開してから1年半が経過した。学会誌刊行センターと日本学会事務センターが協力して開発した事業であるが,電子出版のノウハウが無い状態から出発して半年でJB-Onlineを構築した軌跡と,世界81か国から毎月30,000件以上のアクセスを得ているOnlineのソフト面を紹介する。また,日本生化学会がインターネット展開をするにあたって,「電子出版」は「冊子体」のショウウィンドウとして一定期間飾るための広告媒体であると考えた構築のコンセプトにも触れたい。
    抄録全体を表示
紹介
報告
  • 愛宕 隆治, 菊池 俊一, 舘山 純, 藤田 充苗, 原田 広史, 横川 忠晴, 菅原 秀明, 宮崎 智
    40 巻 (1997) 5 号 p. 404-413
    公開日: 2001/04/01
    ジャーナル フリー
    科学技術振興事業団,科学技術庁金属材料技術研究所,理化学研究所は,ミシガン州立大学の協力を得て,材料設計,生物研究を対象として,超高速ネットワークを利用した研究協力実験を行った。日米間はミシガン州立大学と科学技術振興事業団の間を45Mbpsの国際回線で接続した。日本国内は,科学技術振興事業団から,金属材料技術研究所,理化学研究所へそれぞれ45Mbpsの専用線で接続した。実験の背景,実験の概要とそれに関連した国際試験回線の利用法,国際試験回線でのトラフィックの計測結果を紹介し,超高速回線を使ったアプリケーションを開発する上で留意すべき点にふれる。
    抄録全体を表示
講座
  • 小野寺 夏生
    40 巻 (1997) 5 号 p. 414-424
    公開日: 2001/04/01
    ジャーナル フリー
    ファクトデータベースの著作権に関する以下の問題を,具体的事例に基づき論じた:(1)数値,用語,テキスト,図表,画像等の情報要素が著作物性を持ち得るか,(2)一次著作物からファクトデータベースに取り入れられた情報に,一次著作権者と二次著作権者の権利はどう及ぶか,(3)ファクトデータベースにおける情報の選択または体系的構成が著作物性を持つための要件は何か,(4)他のデータベースの構成を借用したデータベースに著作物性はあるか。著作権法で保護される対象はアイディアでなく表現であるという原則が,データベースのような実務的著作物の保護を考えるとき矛盾をもたらすことを指摘した。
    抄録全体を表示
科学技術の体制を築いた人々
情報便利屋の日記
JICST東西南北
マンガ「ことばの泉」知る知る見知る
キーワード設定の現場から
やってみよう!
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top