情報管理
検索
OR
閲覧
検索
41 巻 , 6 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
解説
  • 橋本 俊幸
    41 巻 (1998) 6 号 p. 421-435
    公開日: 2001/04/01
    ジャーナル フリー
    政府は平成10年5月12日の閣議において,「平成10年版科学技術白書」(平成9年度科学技術の振興に関する年次報告)を決定した。同報告は3部から成り,第1部では「変革の時代において」と題して,社会の大きな変革に向け積極的な行動が求められている時代において,科学技術ではどのような取組が重要となっているかについて分析を行っている。第1部は3章に分かれ,第1章では「求められるもの」と題し,対応が求められる現下の内外の諸課題を整理した。第2章では「科学技術で何ができるか」と題して,科学技術の役割と,国民の科学技術に対する見方を分析した。さらに第3章では,「どのような取組が重要か」と題し,科学技術に関する活動を,「見つめる」(国民・社会の要請等を見つめる視点),「生み出す」(優れた研究成果の創出),「活かす」(研究成果の社会への還元),「評価する」(研究評価の強化)の四つに分け,それぞれについて何が重要となっているか分析している。
    抄録全体を表示
紹介
  • 山崎 茂明, 根岸 正光
    41 巻 (1998) 6 号 p. 436-444
    公開日: 2001/04/01
    ジャーナル フリー
    英国Wellcome財団の最大の貢献は,生物医学領域における優秀な科学者の研究に助成することである。同財団のPRISM(Unit for Policy Research in Science and Medicine)は,財団が助成すべき研究主題や助成対象の選択を支援するための方法を開発している部門である。ROD(Research Outputs Database)はPRISMによって作成され,助成された研究成果を評価するための新しいツールである。このデータベースは,Science Citation IndexとSocial Science Citation Index(ISI社)から抽出された英国の生物医学論文をデータに,各論文に付けられている謝辞に基づいて,研究助成機関を識別できる情報を追加したものである。現在,1988年から1995年までの21万5千件にのぼる論文が収録されている。わが国の科学界においても,研究計画と研究評価のためには,この種のデータベースの構築について検討されるべきであろう。
    抄録全体を表示
論文
  • 森田 歌子, 石黒 裕康, 千葉 吉一
    41 巻 (1998) 6 号 p. 445-459
    公開日: 2001/04/01
    ジャーナル フリー
    科学技術振興事業団では1996年3月にJICST―DTDおよびSGML文書作成プロトタイプシステムを開発した。また,『情報管理』誌では編集・印刷における作業量の軽減,期間短縮,経費節減と同時に,データの一元的利用,電子ジャーナル・全文DBの同時進行を目的として,『情報管理』誌SGML編集システムを開発した。本稿では,SGML文書処理システムの概要を紹介し,『情報管理』誌SGML編集システム開発のポイント,システムの機能,編集作業の流れ,編集・印刷工程の変化について述べる。
    抄録全体を表示
講座
  • 木谷 強, 相原 理, 高木 徹
    41 巻 (1998) 6 号 p. 460-470
    公開日: 2001/04/01
    ジャーナル フリー
    全文データベース検索システムの事例としてタイプの異なる三つのシステムを取り上げる。新聞記事検索システムは,サイズの小さい多数の記事を検索対象とし,検索サービスを運用しながらデータベースを更新することが特長である。オフィス文書検索システムは,各種ワードプロセッサ,表計算ソフト,図形作成ソフトなどで作成された文書を,オフィス内に分散するコンピュータから自動的に収集し検索可能とする。インターネットホームページ検索システムは,検索対象のページ数が多くシステムへのアクセス数も非常に多い。本稿は,それぞれの特長をもつシステムにおいて,全文データベース検索システムがどのように実現されているかを紹介する。
    抄録全体を表示
ミニ・シリーズ
科学技術の体制を築いた人々
ぷろむなーど
データベース余話
情報便利屋の日記
マンガ「ことばの泉」知る知る見知る
キーワード設定の現場から
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top