情報管理
検索
OR
閲覧
検索
44 巻 , 6 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
解説
  • 窪田 輝蔵
    原稿種別: 研究論文
    専門分野: 情報学
    44 巻 (2001) 6 号 p. 391
    公開日: 2001/09/01
    ジャーナル フリー
    現代学術雑誌を代表するNature,BBA,JBCの歴史と現在をたどり,その誕生,変遷を探る。学術雑誌の今日の姿とその特徴はレフェリー制度,編集と出版の乖離(かいり),市場競争である。それぞれ検討すべき課題がある。価格を巡るあつれきが米国のSPARC,英国のNESLIを生み,電子ジャーナルの出現が学術出版社をNeutral Databaseによる情報サービス業に変身させ,市場である図書館をコンソーシアムによるブローカーに変身させつつある。今日,特にわが国において,学術雑誌に真の出版人が求められている。
    抄録全体を表示
  • 小林 昭夫
    原稿種別: 研究論文
    専門分野: 情報学
    44 巻 (2001) 6 号 p. 402
    公開日: 2001/09/01
    ジャーナル フリー
    インターネットへの接続方法はいろいろな方法・形態があり利用側の選択の幅が広がってきている。本稿はインターネットへの接続に関し初歩的な説明をあまり難しい技術用語を用いずに行いたい。インターネットに接続をするにはプロバイダと呼ばれる接続業者と契約しアクセスポイントと呼ばれる地点まで何らかの方法で接続を行う必要がある。この接続方式ならびに提供されるサービスは多数あり各種の特徴がある。特に最近はブロードバンドと呼ばれる高速でのインターネットへのアクセスの普及が始まっており従来の接続に比較して格段に通信速度の向上が見込まれる。これらの接続方法・方式について簡単に解説を行う。
    抄録全体を表示
  • 中尾 泰士, 村上 幸二
    原稿種別: 研究論文
    専門分野: 情報学
    44 巻 (2001) 6 号 p. 412
    公開日: 2001/09/01
    ジャーナル フリー
    近年,大学図書館をはじめ一般の図書館においては,インターネット上で検索できるOPAC(WebOPAC)を導入し,情報サービスの拡充を図る機関が急増している。しかし多くの場合,それは図書館システムベンダーに依存しており,その導入やシステムの変更にあたっては多大なコストが必要となる。一方,オープンソースソフトウエアを利用したWebアーキテクチャを応用すれば,ほとんど経費をかけず,独自にカスタマイズが可能なWebOPACの構築が可能である。われわれは本稿において,フリーウエアである全文検索エンジン“Namazu”を利用した簡易WebOPACの開発と,同システムに付加したWebcat即時参照機能について紹介する。
    抄録全体を表示
  • 加藤 多恵子
    原稿種別: 研究論文
    専門分野: 情報学
    44 巻 (2001) 6 号 p. 421
    公開日: 2001/09/01
    ジャーナル フリー
    マレーシアは知識型社会構築のためのビジョン2020を国家計画として策定し,その実現を推進する戦略としてマルチメディアスーパーコリドーを実施している。最新の通信インフラとサイバー法を装備したインテリジェント環境のもと,外国の企業も誘致して,世界市場でのマレーシアのIT産業の競争力を高め,ひいては国内産業を発展させるというものである。マルチメディアスーパーコリドープロジェクトでは知識型社会構築のための人材開発も目標としている。このためマレーシア政府は質の高い高等教育を提供するための法律も新規に制定した。こういった環境下でのマルチメディア大学の果たす役割を述べる。大学の概要,大学院教育,4学部のうちエンジニアリング学部,情報技術学部について,その課程の特徴,両学部のマルチメディア専攻それぞれのコースの内訳を示す。
    抄録全体を表示
IT講座:インターネットと情報 第4回
  • 大塚 奈奈絵
    原稿種別: 研究論文
    専門分野: 情報学
    44 巻 (2001) 6 号 p. 430
    公開日: 2001/09/01
    ジャーナル フリー
    平成6年12月の「行政情報化推進基本計画」以降,日本の行政情報の提供政策は少しずつ変化し,ホームページで電子的に提供される情報も増加してきた。電子政府を目指す政府の政策と,情報公開法の施行により,平成13年3月に政府がまとめた「行政情報の電子的提供に関する基本的考え方(指針)」では,行政情報を原則として無料で,インターネットホームページを通じて提供すること,各省庁がホームページに共通のカテゴリーを設けて提供する情報の範囲と掲載期間が定められた。その一方,インターネットによる行政情報の提供は,インターネットへのアクセスの保証や,オンライン情報の保存と永続的なアクセスの保証という問題をはじめとして,解決すべき様々な課題を残している。
    抄録全体を表示
視点
電子出版のデスクトップ
マンガ「ことばの泉」:知る知る見知る
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top