情報管理
Online ISSN : 1347-1597
Print ISSN : 0021-7298
検索
OR
閲覧
検索
52 巻 , 8 号
選択された号の論文の16件中1~16を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
講演
  • 清水 毅志
    52 巻 (2009) 8 号 p. 464-474
    公開日: 2009/11/01
    ジャーナル フリー
    限られた研究資金の配分を背景として,研究活動に対する客観的かつ定量的な評価指標が求められている。インパクトファクターは学術雑誌の評価指標であるため,その指標を研究者個人や研究施設に当てはめることは誤用とされる。それに代わる指標として,発表論文数や被引用数を統計的に算定した評価指標が提唱されてきた。h-indexは発表論文の「量」と「質」を併せ持つ指標として注目されてきたが,単純化された故の欠点も指摘されている。そのためh-indexの欠点を補完する指標がその後数多く提案されている。補完指標にはそれぞれの目的や定義上の限界があるので,評価には複数の指標を組み合わせながら考察する必要がある。
    抄録全体を表示
  • 中村 文胤
    52 巻 (2009) 8 号 p. 475-486
    公開日: 2009/11/01
    ジャーナル フリー
    近年,世界的に臨床試験情報の登録・公開が求められている。代表的な臨床試験登録・公開サイトであるClinicalTrials.govを対象に,登録数の推移,実施機関,実施国,対象疾患,試験のフェーズについて調査,分析を行った。さらに,その中から被験者登録が終了した試験(Closed Studies)に限定し,リファレンス情報の収録率およびPubMedへのリンク状況を調査した。その結果,2005年を境に,私企業および大学等を実施機関に含む試験の登録が著しく増加していること,フェーズ情報が収録されていない試験が3分の1を占めること,登録された試験の3分の2以上が欧米で実施された試験であることがわかった。また,Closed Studiesでは,約2割にリファレンス情報が収録されていること,リファレンス情報を持つ試験では,90%以上がPubMedへのリンクを併せて収録していることがわかった。
    抄録全体を表示
  • 独立行政法人工業所有権情報・研修館 流通部
    52 巻 (2009) 8 号 p. 487-493
    公開日: 2009/11/01
    ジャーナル フリー
    独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)では,開放特許の活用促進に資するため,特許権者の持つ開放特許情報を収録し,公開する特許流通データベースの提供を行っている。ライフサイエンス分野の研究開発の促進は,わが国の競争力強化の上でも重要な課題であるという認識のもと,リサーチツール特許の使用の円滑化を図る必要性が高まっている。こうした動きを受け,INPITでは,大学等や民間企業が所有し供与可能なリサーチツール特許をデータベース化し,インターネットを通じて公開している。本稿では,平成21年4月1日より運用が開始されたリサーチツール特許データベースの概要を紹介する。
    抄録全体を表示
リレーエッセー
情報交差点
集会報告
視点
情報論議 根堀り葉堀り
この本!~おすすめします~
図書紹介
エラータ
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top