情報管理
検索
OR
閲覧
検索
53 巻 , 12 号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
INFOPRO 2010特別講演
  • 林 隆之, 山下 泰弘
    53 巻 (2010) 12 号 p. 665-679
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    大学評価の制度化,組織単位の競争的資金の増加,大学の機能別分化など,大学が組織として研究活動の自己分析を行い,戦略を形成していくことが求められる状況が増している。本稿では,まず国立大学評価の方法を概観し,大学における研究活動の自己分析にどのような能力が必要となっているかを説明する。その上で,ビブリオメトリクス手法を用いて,国立大学の法人化以降の日本の大学の状況を生産性や集中度の状況から分析する。さらに,研究分野の多様性を実現している構造や学内での研究重点化の状況を事例的に分析することを通じて,各大学で求められる自己分析の視点を検討する。
    抄録全体を表示
連載
連載
リレーエッセー
集会報告
JSTサービス紹介
視点
情報論議 根掘り葉掘り
この本!~おすすめします~
図書紹介
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top