情報管理
検索
OR
閲覧
検索
59 巻 , 2 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
INFOPRO2015特別講演
記事
  • 松原 仁
    59 巻 (2016) 2 号 p. 89-95
    公開日: 2016/05/01
    ジャーナル フリー HTML
    ゲーム情報学はゲームを対象とした情報処理の研究分野である。チェスがゲーム情報学の中心のゲームであったが,チェスでコンピューターが世界チャンピオンに勝った後は将棋が注目されていた。将棋はまだ世界チャンピオンに勝ってはいないが,対戦すれば勝つ可能性が高いレベルに達した。囲碁はチェスや将棋と比べて場合の数がはるかに大きいのでまだ世界チャンピオンを倒すまで10年はかかるとみられていたが,深層学習(ディープラーニング)の利用によってすでにトップのプロ棋士に勝ち越すまでになった。今後は「人狼」など不完全情報ゲームがゲーム情報学のテーマになっていくであろう。
    抄録全体を表示
  • 寺田 真敏
    59 巻 (2016) 2 号 p. 96-104
    公開日: 2016/05/01
    ジャーナル フリー HTML
    Webページ改ざん,DoS攻撃,標的型攻撃,日々新しいサイバーセキュリティーの専門用語が生み出されている。本稿では,CSIRT(シーサート)という専門用語を読み解いていきたい。CSIRTは,Computer Security Incident Response Teamの略である。また,シーサートは,コンピューターセキュリティーインシデント対応能力を組織化することであり,シーサート活動には,組織のセキュリティー文化が反映されている。この専門用語の中には,インシデント,インシデント対応,コンピューターセキュリティーインシデントレスポンスチームというキーワードが隠れている。
    抄録全体を表示
  • 大山 敬三, 大須賀 智子
    59 巻 (2016) 2 号 p. 105-112
    公開日: 2016/05/01
    ジャーナル フリー HTML
    情報学研究においては大規模データセットが不可欠となってきているが,実際には多くの課題がある。そこで国立情報学研究所では,民間企業などからデータセットを受け入れて研究者に提供する共同利用の取り組みとして情報学研究データリポジトリ(IDR)の活動を行っている。本稿では,最初にその背景にある大学や民間企業の状況を概観し,次に研究コミュニティーにおけるデータセットの位置付けの進展に沿ってその共同利用の意義を明らかにしている。また,IDRがデータセット提供のために民間企業や研究者に向けて行っている活動内容や,提供中のデータセットとそれらの利用状況について紹介し,最後に今後の展望を示している。
    抄録全体を表示
  • 吉田 耕一郎
    59 巻 (2016) 2 号 p. 113-122
    公開日: 2016/05/01
    ジャーナル フリー HTML
    朝日新聞フォトアーカイブは2010年に発足した。朝日新聞社が所蔵する明治時代以降の歴史的な写真(ネガ,紙焼き,ガラス乾板など)約2,000万枚をデジタル化する作業を進め,最新のデジタル写真と合わせて約240万枚をWeb上で公開している。デジタル化に当たっては,写真の裏面のメモなどを頼りに書誌を確認するのが難題で,手間と時間がかかる。写真の書誌情報(見出し,写真説明,撮影場所,撮影日)に補助キーワードなどを加えることで,利用者の写真検索を容易にしている。Webサイトは2014年に大幅改修し,検索のためのオプションや提示型の特集機能の充実を図った。朝日新聞フォトアーカイブに登録されている写真は,教科書・教材やテレビ番組,書籍・雑誌,企業の社史などに多方面で利用されている。動画の取り組みも強化している。著作権の保護期間が満了した写真の扱いは大きな課題だ。朝日新聞フォトアーカイブでは,古い写真を死蔵することなく広く活用してもらうために,積極的に公開している。その際,データ提供料として適正な利用料金を頂く方針で,利用規約を整備した。近現代史を生き生きと伝える貴重な歴史写真を多くの人に見てもらうことは,新聞社の役割の一つだと考えている。
    抄録全体を表示
視点
過去からのメディア論
JSTサービス紹介
集会報告
この本!~おすすめします~
図書紹介
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top