オペレーションズ・マネジメント&ストラテジー学会論文誌
Online ISSN : 2424-1563
Print ISSN : 1884-6939
6 巻 , 1 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
Contents
Special Issue
  • Monika Sonu
    2016 年 6 巻 1 号 p. 1-16
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル オープンアクセス
    Lean thinking has evolved from the Toyota Production System, but it is increasingly being applied to healthcare services. Lean focuses on continuous removal of wastes from the clinical processes whilst creating value from patient’s perspective. The current study is an initiative to implement Lean in the operation theatre department in a tertiary care Indian hospital. Of late the department was incurring performance decline and wanted to improve the patient’s experience by providing more efficient quality care and reduce the communication gaps in the department. Analysis of the “As-Is” scenario revealed many operational lapses like high case changeover time and non-adherence to case scheduling. Lean program created more effective working procedures and ensured a total continuity of care for the benefit of both staffs and patients. Operation theatres, where Lean was applied, showed a significant ameliorated performance along with an increase in the satisfaction level of patient’s in terms of service provided and improved staffs engagement and complacency.
Regular Issue
  • Kazuki Fujita, Keisuke Murakami, Kakuro Amasaka
    2016 年 6 巻 1 号 p. 17-33
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル オープンアクセス
    Research in the field of scheduling has been undergoing a shift in recent years from a focus on nurse scheduling to that on service industry scheduling at hotels and restaurants. Reducing employment costs and figuring out how to put non-regular employments in place to cope with fluctuating demand are critical issues in this sector, particularly when it comes to the scheduling problem to the service industry that depends on human service providers. To cope with these challenges, this paper proposes a shift scheduling model that effectively takes into consideration non-regular employments specializing in food and beverage service in hotel restaurants. It also considers the use of two types of the non-regular employments who are called monthly staff and one-time staff with different working arrangements.
  • 北林 孝顕
    2016 年 6 巻 1 号 p. 34-54
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル オープンアクセス
    日本の鉄道は大量輸送能力や安全性が高い.その要因として,インフラ整備,メンテナンス,オペレーション人材が注目されているが,その要諦となる鉄道車両の開発マネジメントに関する研究はほとんど見当たらない.本論文では,日本の鉄道車両開発マネジメントの特徴を明らかにすることを目的として,鉄道事業者Z社(匿名)の近郊車両T3系(仮称)の開発プロセスとマネジメントの実態を記述し,その実態と自動車や航空機の開発マネジメントの特徴を比較した.分析 の結果,日本の鉄道車両開発マネジメントには,ユーザーである鉄道事業者が開発責任者となって,サプライヤーである鉄道車両メーカーを効率的かつ効果的にマネジメントしながら,開発全体のフロントローディング活動を牽引しているという特徴があり,その特徴が日本の鉄道車両開発プロセスとマネジメントを今後グローバル展開する上での課題につながっていることが明らかになった.
  • 田中 章雅, 佐藤 亮
    2016 年 6 巻 1 号 p. 55-69
    発行日: 2016年
    公開日: 2017/05/19
    ジャーナル オープンアクセス
    プラットフォームがビジネスや産業構造として重要性を増している一方で, プラットフォームの戦略策定の方法は進展してない. 本論文では, 変化の激しい日本のソーシャルゲームのプラットフォームが高収益を得る戦略を分析する. そのために, ダイナミック・ケイパビリティの立場から,プラットフォームと補完ユーザグループの依存関係を精緻化した概念を提案し,サンプル事例として日本の2006 年から2012 年のソーシャル・ネットワーク・プラットフォームの3 社に適用した. その結果, 高業績のソーシャル・ネットワーク・プラットフォームのダイナミック・ケイパビリティは, (1) 推進的補完ユーザグループを感知し捕捉して, (2) その補完ユーザグループと深い融合となる再配置をすることを示した. 本論文の結論は, 企業がプラットフォーム戦略を考える場合のひとつの指針となるものである.
feedback
Top