油化学
Online ISSN : 1884-2003
ISSN-L : 0513-398X
35 巻 , 5 号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
  • 戸谷 洋一郎
    1986 年 35 巻 5 号 p. 337-342
    発行日: 1986/05/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
  • 藤田 匡
    1986 年 35 巻 5 号 p. 343-348
    発行日: 1986/05/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
  • 椎名 久子, 窪田 安彦, 間室 秀夫, 中里 敏, Tian Lye OOI, Augustine Soon Hock ONG
    1986 年 35 巻 5 号 p. 349-353
    発行日: 1986/05/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    パームステアリンを酸化分解して中鎖-塩基酸及び二塩基酸へ変換するための触媒の探索を金属 (II) イオン交換したA, Y及びX型ゼオライトについて行った。
    カルボン酸生成の有無は1H NMRスペクトル法によりチェックした。また, 反応中揮発性物質が比較的多く生成する触媒の場合は, 揮発性物質を捕集するため別途反応を行った。捕集した揮発性物質成分はGC-MSにより分離同定した。
    Mn (II) -5A, Co (II) -Yなどいくつかの触媒の場合には, 反応生成物中にカルボン酸の存在を認めたが, いずれも生成量はわずかであった。揮発性物質成分の分析結果から, Mn (II) -5A及びCo (II) -Cu (II) -Y触媒はそれぞれカルボン酸及びアルデヒドの生成に寄与することを認めた。
  • Tian Lye OOI, Augustine Soon Hock ONG, 窪田 安彦, 椎名 久子, 間室 秀夫, 中里 敏
    1986 年 35 巻 5 号 p. 354-358
    発行日: 1986/05/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    パーム油をジーゼル燃料に変換する一つの可能なルートとして, 表題の反応について検討した。表題の反応をパームステアリン30g及び触媒0.5gを用い260℃, 100ml/minの流速で空気を吹き込みながら行った。生成する揮発物を液体窒素で冷却したトラップで捕集し, その成分を分析した。また, パームステアリン脂肪酸の変換率を求めた。さらに, Ni (II) イオン交換の反応に及ぼす効果をみるため, 反応中に発生する非凝縮性ガスの分析を行った。ガスクロマトグラムに現れた溶媒ピークを除く主要なピークはすべて同定することができた。揮発物の収率は68%で, その成分は炭化水素, カルボン酸, 及びアルデヒドの各同族列, その他に分類された。炭化水素同族列が揮発物の60%を占め, その主成分はペンタデカンであった。パームステアリン脂肪酸の他の物質への変換率は52%であった。ガス分析の結果によれば, Ni (II) イオン交換は二酸化炭素発生に関し異なった触媒機能を新たにゼオライト13Xに付与するように思われる。
  • Poorna P. MANANDHAR, 長尾 昭彦, 山崎 惠
    1986 年 35 巻 5 号 p. 359-366
    発行日: 1986/05/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    なたね油に混入されたあまに油の検出及び混入量を推定するための方法を検討した。なたね油に一定割合のあまに油を混入した試料について, 脂肪酸, ステロール, トコフェロールの組成分析及びけん化価, ヨウ素価, 屈折率の測定を行った。脂肪酸はあまに油の添加量に応じステアリン酸, リノレン酸の量が増加した。ステロールについては, GCの測定条件下で66, 72, 82minの保持時間に現れるピークは, あまに油の存在により際立つことが観察された。これらのピークに注目すると, なたね油中に5~10%のあまに油混在の検出が可能であった。トコフェロール分析は有効ではなかったが, ヨウ素価, 屈折率の測定は, 偽和油脂の検出推定に補足的な手段としての意義があった。
  • 浅川 丈夫, 金子 行裕, 荻野 圭三
    1986 年 35 巻 5 号 p. 367-372
    発行日: 1986/05/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    In the present study, the manner in which trace amount of phenol and anionic surfactants (Sodium dodecyl sulfate : SDS) are adsorbed by carbon adsorbents under competitive conditions in aqueous solution is described.
    Pittsburgh activated carbon (Calgon Co.) and Electronic conductive carbon black (Lion Akzo Co.) were used as carbon adsorbents. Adsorption isotherms on carbon adsorbents were all of the Freund-lick-type. The total amount of the activated carbon adsorbed in the multisolute system decreased linearly with increasing molar fraction of SDS at the initial concentration. Thus, the total amount adsorbed in the multisolute system can be estimated by Freundlich constants determined from single-solute equilibrium adsorptions and molar fractions of adsorbates at the initial concentration. The adsorbed amount of phenol for the carbon black increased with the molar fraction of phenol at the initial concentration. But the amount of adsorbed SDS for the carbon black also increased with the molar fraction of phenol. That is, the adsorption characteristics of SDS are peculiar to carbon black. These characteristics of SDS are closedly related to the molecular size of SDS and to the pore structure of carbon black with mesopores.
  • 小谷 利子, 藤井 富美子
    1986 年 35 巻 5 号 p. 373-378
    発行日: 1986/05/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    The removal mechanism of oily soils containing polar components such as fatty acids and fatty alcohols from fabrics in surfactant solutions was studied. Triolein as a model oily soil was mixed with oleic acid and oleyl alcohol in equal amounts and the mixtures thus obtained were applied to cotton and polyester fabrics.
    The surfactants used were dodecyl sulfate (SDS), the anionic type and dodecyl octa (oxyethylene) ether (C12E8), the nonionic type. The amounts of triolein and polar oils adhering to the fabrics were determined by the TLC-FID method following the extraction with ethyl ether.
    Triolein mixed with a polar oil was removed much more easily than when alone in either SDS or C12E8 solutions regardless of the type of fabric.
    The removal mechanism of triolein containing a polar oil in both surfactant systems is considered to be the following : In an SDS solution, the interaction between the polar oil and SDS at the oil/solution interface caused the interfacial tension to drop markedly, thus facilitating the removal of triolein by emulsification. In a C12E8 solution, the polar oil is solubilized highly in micelle formed by the surfactant promoting the removal of triolein by solubilization.
    On comparing the effects of the two polar oils for the removal of triolein in SDS solution, the presence of oleyl alcohol was more noted to be effective than that of oleic acid. This may possibly be due to the difference in the extent of interaction between SDS and oleic acid and oleyl alcohol.
  • 隈元 浩康, 松原 義治, 飯塚 義富, 岡本 耕造, 横井 勝美
    1986 年 35 巻 5 号 p. 379-381
    発行日: 1986/05/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    著者らは前報に引き続き温州みかん果皮中のフラボノイド配糖体について再検討し, 新たに3種のフラボノイド配糖体を単離した。各成分の構造は各種スペクトルの測定結果から3-ヒドロキシ-5, 6, 7, 8, 3', 4'-ヘキサメトキシフラボン3-β-D-グルコシド (1), リモシトリン3-O- {[5-α-グルコシル-3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリル (1→2)] -β-グルコシド} (2) 及びナリルチン-4'-グルコシド (3) と決定した。また1及び3の血圧降下作用について検討したところ, 1及び3に強い血圧降下作用が認められた。本研究で単離した成分のうち1は新規化合物であり, 2及び3は温州みかん果皮中から初めて見いだした成分である。
  • 秋久 俊博, 酒巻 弘, 一戸 良行, 田村 利武, 松本 太郎
    1986 年 35 巻 5 号 p. 382-385
    発行日: 1986/05/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    Δ4-不飽和及び飽和3-ヒドロキシステロイドの白金触媒酸化により, 定量的あるいは良好な収率で対応するケトンが得られた。一方, Δ5-不飽和3-ヒドロキシステロイド, なかでも3β-エピマー, は本酸化反応に対して低い反応率を示し, いくつかの酸化生成物からなる複雑な混合物を与えた。5β-コレスタノールからは5β-コレスタノンのほかに, A/B環結合が反転した5α-コレスタノンも生成した。ステロイドの二重結合異性体及び立体異性体のそれぞれのペアーは1H NMRスペクトル法により識別した。
  • 遠藤 節子, 山之口 和宏, 三橋 達雄
    1986 年 35 巻 5 号 p. 386-388
    発行日: 1986/05/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
    The fatty components of each caste of Coptotermes formosanus (worker, soldier, alate and larva of alate) were studied for determination of fatty and sterol composition. The major fatty acid components of all samples were 18 : 1, 16 : 0 and 18 : 0. But, 22.0 and 24 : 0 as fatty acids were detected in the fatty components of soldier. 17 : 0 and 17 : 1 as fatty acids were found in all samples in considerable amounts. The major sterols of all samples were cholesterol and cholestanol. The saturated sterols (cholestanol, campestanol and stigmastanol) characteristically totaled nearly 50% the sterol components of all samples.
  • 三田 朝義
    1986 年 35 巻 5 号 p. 389-394
    発行日: 1986/05/20
    公開日: 2009/11/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top