土木史研究
Online ISSN : 1884-8141
Print ISSN : 0916-7293
ISSN-L : 0916-7293
21 巻
選択された号の論文の43件中1~43を表示しています
  • 三浦 彩子
    2001 年 21 巻 p. 1-12
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    I chose five temples in Kamakura city, and mentioned about the historic backgrounds of the time those gardens were constructed. I especially emphasize the unique topographies, emergence of samurai, and Zen. As the first step, I refer to documents about the construction of the garden, and consider of them with the civil engineering point of view.
    As a result, the following points were made clear. One is that the Kencho-ji temple had realized the garden that was contrary to the main-stream methods of that period. They had managed to create several viewing-points in the narrow site. The other is that we can find several aspects between Kamakura garden and contemporary Kyoto garden such as “karesansui.” And, finally, the Kencho-ji garden is the first example where the concept of classification of the space was applied, which was already common in architecture.
    I had tried to capture the general ideas of how the conceptual aspects of Japanese zen garden was imported from China in this essay.
  • 池田 佳介, 阿部 貴弘, 篠原 修
    2001 年 21 巻 p. 13-24
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    The castle town of Osaka had unique urban fabric composed of well-developed infrastructure, such as streets, waterways and drainage. These elements have long interested researchers in the fields of urban history, architectural history and others. However, the principles of the design of the city have not been fully understood. Therefore, there has been a growing request to perform research on it in the field of history of civil engineering from the viewpoint of the infrastructure realignment of streets, waterways, drainage and others. The purpose of this study was to understand in Semba and Shimanouchi Districts: 1) starting points and standards of block layouts, 2) design units, and 3) the process of the development, directing attention to the relationship between infrastructures and block layouts. In the study, using modem surveying maps: 1) the size of blocks and building lots, 2) relationship between main streets and topography, 3) relationship between drainage and topography, and 4) method and year of development of waterways were analyzed. As a result, the study has shown that there were four design units in Semba District, and that each unit had its own standards of block layouts different from others. Also, the study has clarified that there were seven design units in Shimanouchi District, and has explained the process of the development in Shimanouchi District, arranging these units chronologically. These results are more logical explanation of the principles of the design of Osaka than the result of the previous studies and can add a new explanation to the design principles of the castle town of Osaka.
  • 市古 太郎, 植松 弘幸, 長野 隆人, 金子 慎太朗, 伊東 孝
    2001 年 21 巻 p. 25-36
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    In Edo period, coastal service played an important role. The harbor facilities-“Gangi”, “Hato”(a breakwater), “Tadeba”(Docks), “Jyoyatou”(a lighthouse), “Funagura”(a ship house) were built up in many port towns of the Inland Sea. Now, most of these facilities were broken down and rebuilt. But at Tomonoura Hiroshima, several facilities are still existed and being used. Recently they are recognized as cultural assets by a resident's movement. So we need systematize a history and a function of them. For this purpose, this paper tries to understand over the general state of habor facilities in Tomonoura by following three steps. Firstly we collect each material of historical harbor facilities at Tomonoura, secondly make a drawing of facilities arrangement, thirdly excavate and measure existent habor facilities.
    This paper indicates the characteristics of historical facilities at Tomonoura from the following three view points:
    1) There were at least three times big constructions in the late Edo period.
    2) An remaining rate of “gangi” is estimated 44%.
    3) A size and a location of “Tadeba”(Docks) is presumed.
  • 宮地 豊, 島崎 武雄, 西山 三朗
    2001 年 21 巻 p. 37-48
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    ÔKUMO Tosimiti, the Secretary of the State for Home Affairs of the Japanese Government in Meizi Era, proposed the seven development projects in the northeastern area of Japan in March 1878. The construction of the Nobiru Port was the core project among these development projects and the first port construction works that introduced the modern western port engineering technology in Japan.
    The master planning and engineering designing was formulated in charge of C. J. Van Doom, the chief engineer of the Dutch civil engineering team employed by the Japanese Government. Nobiru. Port construction project started in July 1878.
    The construction works of the inner port, the first stage of the total plan, was completed in 1882. But the two jetties in the mouth of the inner port were destroyed by the high waves through the typhoon in September 15, 1884, which caused the abandonment of the Nobiru Port.
    This study revealed the following points from the standpoint of port engineering technology that were not clarified until now;
    1. We estimated the wave height that caused the collapse of the jetties.
    2. We revealed the structure of the jetties through the decipherment of the old documents.
    3. We revealed the process of the collapse of the jetties.
  • 清野 馨, 紅村 文雄, 堂柿 栄輔, 五十嵐 日出夫
    2001 年 21 巻 p. 49-59
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    Against the background of expanding economic exchanges between Japan and foreign countries and the growing use of containers in marine transportation, the container cargo volume handled in Japanese ports is rapidly increasing. Furthermore, the trade value of container cargo accounts for over 40% of the total of seaborne trade in Japan, thus making container cargo trading one of the most important modes of shipping, closely connected to people's lives. Under these circumstances, and with the goal of continuously contributing to the stable development of the nation and further improvement of living standards, this paper summarizes and evaluates the historical transition of traditional management and administration systems for foreign trade container terminals, while at the same time discussing, from a practical point of view, management and administration systems for such terminals which are desirable for the future.
  • 小原 啓司
    2001 年 21 巻 p. 61-70
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    When urban development projects in Robe during Meiji era began and were finish-ed, the land transfer from and to the road administrator and the land ledger were proceeded
    This Paper shows these procedures are thought a prototype of current legal systems for the projects by studying how these procedures were formed
  • 鈴木 悦朗
    2001 年 21 巻 p. 71-76
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    Common underground ducts, which were planned to be laid under the park near the west gate of the Shinjuku Station in 1930s, were done as a part of the urban planning project.ln the electric pole removal plan of the Tokyo Postwar Reconstruction Project, the Tokyo metropolitan goverment attempted to include the common underground ducts in the urban planning, but since they were not expressly defined as the facility in the former Urban Planning Act, even after the discussion in the Urban Planning Committee, they could not be a facility which was legally provided. In the present Urban Plannning Act, the common underground ducts are not considerd as a facility of the urban planning, either.However, as far as the newly constructed roads in the D · I · D areas are concerned, if urban plannning are made under the condition that such roads are free from electric poles, the removal of the electric poles would be promoted.
  • 堀川 洋子, 伊東 孝
    2001 年 21 巻 p. 77-88
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    There are 2 ways of evaluation in modern historic infrastructures. One is from the constructional point of view and the other is from the remains and sites point of view. The modern historic infrastructures were regarded as cultural properties about 10 years ago in Japan. But the evaluation of them is only limited from the constructional point of view. Therefore our study is trying to evaluate modern historic infrastructures from the remains and sites point of view. However many of them are still used, so there are some difficulties to evaluate them. We make an evaluation system for them and compare the difference between the constructional point and the remains and sites point.
    We indicate the following results.
    1. We can make an evaluation system for the modern historic remains and sites.
    2. Our evaluation system is better to find a lot of the characteristics of the historic infrastructures than the constructional evaluation system, for our system has historic items and locational items of the infrastructures.
    3. Visiting the sites, we could have and find many new facts. Our evaluation system can find many meanings of the historic infrastructures and produce many rich images of them. It would be helpful to make a city planning when reviving the historic infrastructures and heritages.
  • 星野 裕司, 小林 一郎
    2001 年 21 巻 p. 89-100
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    This paper studies on the battery site of Meiji period to analyze the fields and functions of the civil engineering heritage. Firstly, the current state of the battery site in the whole country was classified into four kinds (the unuse type, the single use type, the crowd use type, and the removed type). Secondly, the fields are divided into four levels (a structure level, a district level, a regional level, and the geography level), and the two functions (experience and imagine) are pointed out. Finally, the relations between the fields and functions are discussed.
  • 木村 雄司, 窪田 陽一
    2001 年 21 巻 p. 101-112
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    Form of elements around the pier of deck bridges is one of the dominant visual characteristics in bridge aesthetics. Some of historical stone arch bridges had various cut waters, balconies, holes that were made on the spandrel, orders or pilasters and so on. In this study, investigations have been conducted about the form of elements around the pier and the proportion between the pier thickness and maximum span of the bridge from Roman age to twentieth century. Some design standards in stone arch bridges were succeeded to the part of modem bridges, or some were arranged due to the difference of materials, structure and so on.
  • 小野田 滋
    2001 年 21 巻 p. 113-124
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    Introduction of reinforced concrete was a very important turning point in the history of elevated railway viaducts in Japan. Dr. Mikishi Abe (1883-1965) was one of the key persons to spread this technology. He entered Government Railways after graduating from the Department of Civil Engineering, Sapporo Agricultural College, in 1905, and went to lllinois University to study the newest technology about reinforced concrete. He returned to Government Railways from the U. S. in 1914, and designed the widest span arch bridge made by reinforced concrete in Japan. But his name was well known only in the architectural field before he became independent as an architect in 1920. Therefore, this report describes his achievement in the civil engineering field and his role as a civil engineer. From the results of this study, it is clear that he made an important contribution to the development of elevated railway viaducts.
  • Hiroshi ISOHATA, Tetsukazu MIDA
    2001 年 21 巻 p. 125-136
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    This paper describes the development of bridge technology in modem Japan from the viewpoint of the diffusion of knowledge of design and theory of structures introduced from western countries. In the first half of Meiji Era (1868-1912) most of iron bridges were imported from western countries or designed and fabricated by foreign engineers hired by Japanese government. From the end of 19th century to the beginning of 20th century design and theory of structures had been started to diffuse, which was greatly supported by the publications on bridge engineering in Japanese language. In this study the process of the development of design and theory of bridge structures has been clarified and studied by examining the publications on bridge engineering.
  • 大本 照憲, 矢北 孝一
    2001 年 21 巻 p. 137-145
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    In Kumamoto Prefecture, there were many flood protection works such as diversion structures, levees and groynes made of stones which were constructed by Kiyomasa Kato as a feudal lord in the early Edo era. However, most works have not been clarified with actual proof as to how they play a role in flood protection. In this paper, Kutsuwa Domo commonly employed by Kiyomasa, which entails the widening a river at the confluence or rushing points to weaken floods, was investigated from the viewpoint of historical river regulation methods by applying a hydraulic model to a Kutsuwa domo located at Shimada district in the Hamado river. The model scale was 1/150. The results of this paper showed that Kutsuwa domo was originally created by Kiyomasa, different from Kasumi bank (open levee) and effective works for floods exceeding the design limit.
  • 田辺 敏夫, 大熊 孝
    2001 年 21 巻 p. 147-158
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    The River Act was amended in 1997 in order to add flood-restraining forest belts, which allow a flood to run over levees as a flood control facility. Change were also made to reflect residents' opinions. Further more, a report on the use of traditional river improvement measures was submitted by the River Council in 2000.
    There are nine deversoirs on the Jobaru-River Basin of the Saga Plain, and these are also called NOKOSHI. They were constructed in the early Edo Era by traditional tale and are precious examples of classic flood control structures that allow overflowing. Very few of these remained after river improvement by modern measures undertaken since World War II.
    In this paper, we describe the historical details of the construction of NOKOSHI and then reevaluate the roles and effects of these from a new point of view. Secondary levees of NOKOSHI played an important role in reducing overflow damage, but most of these were removed. By forming flood-retarding basins, the effect of NOKOSHI is equivalent to that of the planned Jobarugawa Dam, but the cost-benefit evaluation is higher than that of the Dam. By using of NOKOSHI, flood damage can be controlled over the entire basin
  • 田中 映, 新谷 洋二
    2001 年 21 巻 p. 159-168
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    The castle town is an urban area built around a castle, and is generally constructed by city planning. The greater parts of existing cities are founded on the castle towns, and two thirds or more of prefectural capitals are founded on them. The purpose of this study is to consider the transition process of castle towns. As results the railway were introduced dose to the castle town, the commerdal center of the town moved from main street to the area around the railway station. The expansions of it ies were changed from the neighborhood of main road to the neighborhood of railway station. Industrial factories were constructed at the fringe of built-up areas. In and around the castles there were situated the prefectural office or army fadlities.
  • 昌子 住江
    2001 年 21 巻 p. 169-173
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    まちづくりにおける地域活動団体の役割が大きいといわれる。1998年のNPO法施行はこうした動きに非営利活動団体としての拠り所を与えたが、一方では財政的基盤の脆弱さ等から、地域活動団体がまちづくりで継続的かつ具体的な成果をあげるのは難しいともいわれる。本研究で取り上げた六行会は幕末の東海道品川宿において住民の互助組織として誕生し、その財政基盤を借家経営に求め自力で宅地開発を行った。そして明治以降も小学校の建設援助等各種地域活動を行った団体である。しかも、昭和初期に法人格を得て現在まで存続している。このような活動については一般的に欧米の事例が紹介されることが多い。ここでは日本における先行事例を検討することで、こうした組織や活動の特性、行政との関係等について考察し、今後の方向性を考える上での示唆を得ようとするものである。
  • 横平 弘
    2001 年 21 巻 p. 175-179
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    旧国鉄・渚滑線は袋小路型ローカル路線のため、1985 (昭和60) 年に廃止された。当路線の形成時点で、路線延長部に比較線としてサックル線の設定を試みた結果、袋小路から脱出して道央連絡幹線を形成するとともに、名寄線-渚滑線-サックル線の連結による循環路線をも形成するために、路線ネットワークの高密化により渚滑線延長による路線効果は大幅に高まることが明らかとなった。
  • 横松 宗治, 後藤 恵之輔, 林 一馬
    2001 年 21 巻 p. 181-186
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    In the 20th century the idea of preservation was developed. And in recent 2O years, people have started to recognize the importance of the civil work museums in many places.
    The issue of preservation was triggered by the ruin of Parthenon as the restoration of old architectural style. And now the issue has been changed to the environment as a wholc.
    From 1991 to 2000, “Open Air Museum including Dejima wharf” has been planned in Tokiwa-Dejima district. This museum is not for a specific article nor a facility. Main purpose of this museum is to reconstruct and exhibit the ancient civil works which played important roll in forming the city of Nagasaki. Secondary, as this new district has many products and facilities of civil engineering and civic design, we should exhibit these heritage to the general public.
  • 新保 明夫, 安達 實
    2001 年 21 巻 p. 187-192
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    明治維新以降の土地改良対策の先駆的な方法に、全国の模範例となった石川方式の「上安原の田区改正」がある。この田区改正は小さくて不揃いな水田を牛馬耕などの近代的農業に適する地形にするもので、農作業を省力化することができた。石川方式はその後全国に普及し、後の耕地整理法制定により現在の圃場整備の原型となったものである。高多久兵衛が行った田区改正事業について技術的に述べる。
  • 小林 智仁, 藤田 龍之, 知野 泰明
    2001 年 21 巻 p. 193-198
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    これまで公共事業はその必要性について進行中に議論されることはあったが完成後に再評価し直されることは少なかった、本研究では終戦直後から1970年ごろまで八郎潟 (秋田)、木曽岬 (愛知、三重)、中海 (島根、鳥取)、有明海沿岸 (佐賀)、羊角湾 (熊本) などで食料増産のために盛んに展開されてきた国営干拓事業の成功例の一つである八郎潟干拓事業を大規模公共事業の一例として挙げ、事業の過程と竣工後の状況を調べ、その公共事業が本当に必要であったのかを考察し、完成後に再度事業の必要性の評価を行なうことの意義を土木史の視点から検討したものである。
  • 桝山 濟人, 長谷川 博
    2001 年 21 巻 p. 199-206
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    Land Survey Training Center was set up by Makoto Kondo in Meiji 13 (1880). Hironoske Nakadate, whom I introduce in this paper, came to Tokyo from Hirosaki at about the same time when it was set up. The details of this journey have been recorded in Nakadate's Dochuki and also his notebook and other records written by him remain as the syllabus of those days.
    In this study I focus on his journey of about 700 kilometers from Hirosaki to Shiba-shinsenza (where Kogykusya Land Survey Training Center once stood) and show how long it took Nakadate to complete his jouney, and how he reached there as one example of the days when there was not any railway. In addition, I will show the curriculums of the Center.
  • 畑岡 寛, 田中 邦博, 市川 紀一, 亀田 伸裕
    2001 年 21 巻 p. 207-212
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    九州の石炭産業は大正・昭和期に発展している。その炭田炭鉱地域において特に土木産業遺産に着目した場合、志免の竪坑は全国で唯一残存しているワインディング・タワー形式で建設されている事からその保存についての議論はさまざまである。本研究では、この竪坑に着目した志免炭鉱の出炭から閉業までの課程を史的に報告する
  • 原口 征人, 日野 智, 今 尚之, 佐藤 馨一
    2001 年 21 巻 p. 213-218
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    本研究では土木教育機関とその所在地にある土木事業の結びつきについて、教育機関の果たしてきた役割を考察する。特にこれまでの札幌農学校は、広井勇の築港事業に焦点が当てられてきたが、組織運営的な観点から多くの技術者が関わったといえる鉄道事業との関係を取り上げた。考察の結果、北海道庁の鉄道建設部署と札幌農学校で相互に人事上の結びつきがあり、一貫した教育の形成に作用していたことが分かった。
  • 稲松 敏夫
    2001 年 21 巻 p. 219-225
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    筆者は先に第1回~第11回にわたって、電力土木の変遷と、電力土木に活躍した人々を中心に、各河川の水力開発について述べ、その中で電力土木に一生を捧げた人々のうちの代表的人物60名を発掘して、その結果をまとめ得た。さらに9年前からその中50名の人々の業績を詳述し、第2編電力土木人物史として37名 (知久清之助、伊藤令二、北松友義、目黒雄平、高桑鋼一郎、久保田豊、内海清温、熊川信之、岩本常次、吉田登、水越達雄、市浦繁、鵜飼孝造、和澤清吉、大林士一、金岩明、大橋康次、山本三男、味埜稔、中村光四郎、浅尾格、永田年、平井弥之助、野瀬正義、畑野正、田中治雄、石川栄次郎、藤本得、村田清逸、後藤壮介、泉悟策、田代信雄、吉田栄進、原文太郎、山家義雄、大西英一、矢崎道美) について発表し、今回はその9として数名を発表する。(明治~昭和期、土木、開発した人)(1分類人物史、2分類河川、エネルギー)
  • Yasuhiro HONDA, Ichiro KOBAYASHI, Michel COTTE
    2001 年 21 巻 p. 227-232
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    Recent years, various problems concerning reinforced concrete (RC) structures have happened in Japan, and various discussions are being taken. To consider such problems, it seems to be important to improve an appearance and a development of the RC. For that, this study focuses the Hennebique Company, the first RC company in the world. In our study, aninitial RC technology in the world would be clarified according to the original materials of the company keptin France. As a primary part of the study, this paper overviews an establishment and a development of thecompany through a growth of an organization.
  • 吉原 不二枝
    2001 年 21 巻 p. 233-240
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    現在を過去に塗りかえながら成立する歴史。この絶え間ない時の流れの中で、人はその時々に必要な事物を求め続け、それに対応し続けた結果が人類の開拓であり文明である。その文明に向け、弛まぬ研究を重ねながら積上げて来たことの連続が科学史、土木史、技術史であり、この様に歴史を横に観ることも大切である。何れにしても、生活の中の文明を全て否定する生き方はもはやできる筈もない。さて、過去の掘起こしは、何らかの形で未来に繋ぐ掘削的開発であるべきことは既に述べてきた。現代はそれらの掘削が最新技術を駆使して行われ科学技術の功績は大きい。従って、土木史と科学史は、そこに共通する技術史を大きく包括して成立し、客観的、多面的かつ帰納的に思弁することが重要である。そこから、不十分だったことを成し遂げ、必要なら失ったものを復元することも、未来に向けた連続的な開発である。その礎を為すものは、やはり人間としての広く深い思弁に始まる。
  • 小林 一郎, 星野 裕司
    2001 年 21 巻 p. 241-246
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    本論文は、著者らが示した橋梁の景観評価のための特異点探索手法を、小中学校の総合的学習 (土木史や景観評価) に利用する方法を提案するものである。フィールドワークにおいては、現場は固有な空間であり、その中で体を使って、場所や時間に関する意味を読み解いていく必要がある。さらに、提案の手法は協働で行うのを原則としている。個人の感性から得られた評価の価値は、対話を通して、班全体の意見 (知識) となる。学習の実例として、熊本県矢部町にある通潤橋を対象とし、小中学生による特異点探索を行ったのでその結果を報告する。
  • 長谷場 良二, 橋本 孝, 関 晃, 吉原 進
    2001 年 21 巻 p. 247-256
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    江戸時代の代表的な多連アーチ石橋群として知られた鹿児島市の甲突川五石橋。1993年8月6日の水害後, 五石橋のうち流失を免れた3橋は, 保存策についての激しい議論の末, 河川改修に合わせて移設して保存することになった。このうち西田橋については, 創建時の姿を基本として復元し, 西田橋御門や五石橋の歴史, 技術等を伝える記念館を併設するなどして, 2000年4月から石橋記念公園として一般公開された。
    これまでに西田橋の復元設計や移設地の整備方針などについて報告しているので, 今回は, 復元工事におけるアーチ石組みの計画と施工状況について報告するとともに, 「移設」における保存再生について改めて考える。
  • 西村 正三, 関 晃, 長谷場 良二, 吉原 進
    2001 年 21 巻 p. 257-264
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    鹿児島県指定文化財である石造アーチ橋・西田橋の移設復元事業に際し、設計施工及び維持管理における情報の一元化という観点等から、情報をデジタル化し、種々な活用を試みた。ここでは、(1) 西田橋及び西田橋御門の復元設計における活用、(2) 石橋復元の施工管理における活用の可能性、(3) 情報の一元管理の観点からの紹介システム、石材管理システムの構築、さらには、(4) 資料館展示におけるCGアニメ制作等への活用、(5) 工事報告書のための支援システム等について報告する。
  • 坂田 力, 市川 紀一
    2001 年 21 巻 p. 265-270
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    本論文では、九州の石造アーチ橋 (石橋) に関するデータを地元の石橋研究家や各種の石橋に関する文献から収集し、それらをデータベース化した。このデータベースの特徴としては、これまでの情報に、石橋の位置データ、すなわち各石橋の位置を表わす緯度・経度をデータとして付加したことである。その結果、任意の検索項目に対して、石橋の分布状況が容易に把握することが可能となった、そのデータベースを利用して、九州各県の石造アーチ橋に関する特徴を調べた。まず、九州の各県別の架設年代と橋数の関係から石造アーチ橋の最盛期や、架設年代とアーチ支間長の関係より石造アーチ橋の技術的な発達時期などを考察した。また、年代と石造アーチ橋の地理的分布状況の変化を調べた。
  • 迯目 英正, 吉原 進
    2001 年 21 巻 p. 271-278
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    まず、気になることは「石橋は誤解されている (歴史, 強度他諸々)。」ことである。
    そのいくつかについて、下のスキーム図のように, 身近な実態や量的な橋梁史などで, 反論の根拠の提示する。
    石橋の特性や歴史を調べると, 「自然と調和し, 理に適う, 歴史・実績の重み」を感ずる。21世紀石橋を甦らせることで, 循環技術を確立し, 逼迫する環境・資源・財政問題等に寄与することを期待したい。
  • 安達 實, 室 譲, 前川 秀和, 小堀 為雄
    2001 年 21 巻 p. 279-284
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    明治維新後の城下町金沢において、藩政期から架かっていた浅野川大橋と犀川大橋はともに北国街道の重要な橋であった。大正期にそれぞれコンクリートアーチ橋と鋼トラス橋になったが、それまでは木橋であった。
    明治期のこの木橋について、これまで写真や新聞記事でしかその概要を知ることはできず、木橋構造の詳細を記したものはなかった。
    今回その資料の一部を見る機会があったので紹介したい。
  • 山根 巌
    2001 年 21 巻 p. 285-294
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    日のでの床版式鉄筋コンクリート橋の初めとして「明治工業史、土木編」では、明治39 (1906) 年7月に神戸の「若狭橋」が竣功したと述べている。一方「関西土木の百年」では「若狭橋」は明治36 (1903) 年の建設と書かれており架設位置等も不明であったが、その後の多くの橋梁史の書物では後者の説が引用されて来た。
    平成12年2月に神戸市建設局の旭当者の調査により、明治39年12月31日付けの「第二回神戸市統計書」が發見された。それには「長狭橋」が明治39年5月の架設と書かれており、橋長も若干異なり、上記の両者共に誤りである事が分かった。筆者はこれ等の事について調査したので、その結果とその後の鉄筋コンクリート橋の發展等について報告する。
  • 田中 邦煕
    2001 年 21 巻 p. 295-304
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    3~7世紀にかけて築かれた我が国の古墳は、全国で15万基以上確認されていて、関東地方に限定しても千葉県で約13, 000基、群馬県で約10, 000基など大小様々の非常に数多くのものが存在する。最近は発掘調査の成果も蓄積され、古墳研究は著しい進展が認められる。一方古墳築造は大土木工事であるが、古代にこれだけの工事が成されたことに対する (士木) 工学的視点からの研究報告は非常に少ない。本報告では文献資料調査と現地踏査により、古墳研究の最新の趨勢をとりまとめた後、(1) 当時の古墳技術に対して現時点で想定されている技術の妥当性などに関する考察 (2) 古墳の築造企画に対して形状寸法に関する定量的データを用いた解析手法に対する考察 (3) 石室の築造技術にもとづいた時代区分に関する考察 (4) 古墳の調査・修復復元などに対する理系研究者の協力領域などに関してとりまとめた。なお関東地方に限定したのは、古墳にはその地域差があり、またその数が膨大で今回は関東以外の地域まで十分調査することができなかったからである。古墳などの文化財の研究に当り、工学的視点からの調査研究も要望されており、興味深い問題が山積していることが分った。
  • 馬場 俊介, 樋口 輝久, 青木 厚実, 河原 輝明, 砂野 有紀
    2001 年 21 巻 p. 305-316
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    岡山市街地にはかつての灌漑農業の歴史を物語る多くの用水路が網の目のように残り、そこに瀬戸内の石造文化圏ならではの石造物 (桁橋、水門、階段など) が数多く残っている。こうした独自の風致・風景が、その価値が知られないままにどんどん風化・消滅してしまうことは、地域性のあるまちづくりを考える上でしのび難いことである。そこで、市内中心部全域に残存する水路関連の石造施設の悉皆調査を行い、今後のあり方を考える上で基礎資料を提示することにした。調査によって全部で1739件もの石造物と多くの石積護岸が残っていることを確認することができた。
  • 西田 一彦, 玉野 富雄, 西形 達明, 森本 浩行
    2001 年 21 巻 p. 317-324
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    城郭石の設計手法および構築手法を推定するための重要な要素のーつに, 現状の石垣断面形状を把握することが挙げられる.また城郭石垣の安定性に, 石垣断面形状が大きく影響していると考えられる.そこで本研究では, 石垣断面形状の設計手法および構築手法について考察するために, 現存の城郭石垣の形状を計測し, 反り曲線勾配部分について数式化することを試み, 現存する城郭石垣に適用したものを例示した.また, この数式化した勾配の式を城郭石垣構築当時における状態の推定に用いることで, 現在多くの城郭石垣で問題となっているはらみ出しの大きさを算出することが可能となった.また, この値を用いて崩壊の危険性をも判断した.
  • 茂吉 雅典, 久保田 稔, 田鶴浦 昭典, 中村 義秋
    2001 年 21 巻 p. 325-331
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    加藤喜平と弟乙三郎は1902 (明治35) 年に多治見電灯所を設立した。最初の事業として、土岐川発電所を1906 (明治39) 年10月に完成させ、以来100年近く出力260 [kW] を発電してきた。
    発電用水は土岐川ダムより取水し、発電所まで山際を暗渠等の水路で運んでいる。発電所は圧力導管を用いず水槽の底部にフランシス水車を取り付けたシンプルな構造である。ダムは “決しゃ板” を用いた木造構造であり、洪水時にはこれを切り離す。土岐川ダムは木製のダムとして、希少な存在である。電力供給の歴史的にも貴重な役割を果たしてきた土岐川ダムは、国土交通省が進める河川改修工事のため、本年 (2001年3月8日) 95年の歴史を閉じた。
    本論文は2001年3月8日に閉所式を迎えた土岐川発電所の建設経過とその構造・若干の電気産業史と人物加藤喜平・乙三郎兄弟について報告する。
  • 篠田 哲昭, 中尾 務
    2001 年 21 巻 p. 333-338
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    1790 (寛政2) 年3月21日町奉行所管の御入用橋定請負人が追放された。これは1734 (享保19) 年3月4日以来の定請負制度が廃止されたことになり、代わって町奉行所と勘定奉行所の両掛により御入用橋の新規及び修復工事が進められることになった。次いで同年7月定川掛制度が発足している。この制度は従来の定請負制から直営体制に転換されるものであり、直営主義の勘定所が土木技術行政を一元的に掌握したことを意味するものと見られる。
    本稿はこの成立過程を検証しようとするものである。
  • 竹村 敏則, 北浦 勝
    2001 年 21 巻 p. 339-344
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    七ヶ用水は手取川扇状地のうち、右岸の松任市、鶴来町、野々市町、美川町、川北町の約6, 000ヘクタールの灌漑に供するもので、網の目状の用水からなり、主な用水は七つからなる。
    以前は、いずれも手取川から独自に取水していたが、手取川は急流河川で、名だたる暴れ川で、しばしば洪水氾濫に見舞われ、その取水口が堤防決壊の原因ともなった。明治24年の大洪水を機に合口事業がなされ、洪水の心配は減少された。その歴史的経緯と技術的問題点について述べる。
  • 安保 堅史, 藤田 龍之, 知野 泰明
    2001 年 21 巻 p. 345-356
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    本研究は治水・利水に関連する遺構の発掘情報を報ずる新聞記事を基に、古代から近代までの治水・利水技術の変遷を明らかにすることを試みたものである。近世以前の土木技術を知るには、文献史料のみでは情報と史料自身の少なさから限界があることは自明であろう。それを補うものとして発掘遺構があり、その事例収集は、技術の変遷を明らかにする上で具体的な情報を与えてくれるものといえる。近年、考古学会においても治水・利水遺構が注目されるようになり、その技術的変遷の体系化が課題となってきた。本研究はその基礎的研究になることを目的としている。
  • 福島 二朗, 為国 孝敏, 中川 三朗
    2001 年 21 巻 p. 357-364
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    This study dealt with a construction process of modern water works in Ashikaga city. Generally, modern water works in Japan started for public health and urban environmentat Meiji Era. In case of Ashikaga city, there were constructed for a development of its ruralindustry, a textile and a die manufacture. Especially, there made sure of water for industrialuse and fire-fighting.
    At the result, we cleared up a construction process of modern water works in Ashikagacity and relation of their rural industry.
  • 楠田 哲也, 近藤 隆二郎, 原田 秀樹, 迫田 章義, 澤田 浩介, Peter R. Kauticke, Julino R. Zapat ...
    2001 年 21 巻 p. 365-371
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    The old civilization is a typical example of the sustainable society, which may provide us with much information on it. Machu Picchu, one of the towns in Inca, was surveyed in 1999 and 2000 on the system of water supply and drainage to investigate sustainable systems which it might own.
    Machu Picchu had two springs for water resources. Water distribution was done with open channels made by stone. Water distributed to the town was utilized at a series of 16 fountains in cascade use and probably in time sharing. The first to the third fountains would be for ritual and others for drinking and irrigation. Machu Picchu had neither drainage nor wastewater treatment systems. The population in Machu Picchu was estimated around 2400 from the water supply capacity. The society of Machu Picchu was under severe restriction on water supply, and not safe on drinking water.
  • 今野 辰哉, 藤田 龍之, 知野 泰明
    2001 年 21 巻 p. 373-378
    発行日: 2001/05/01
    公開日: 2010/06/15
    ジャーナル フリー
    古くから、水は人の衣食住と深く密着しており、我々はその利用方法により水の循環経路の中で多大なる恩恵を得ている。近年、水環境は上下水道の研究、技術の発達により、人の利用可能な水の循環方法を大成してきた。その上で、環境問題が重要視され、人を取り巻く水環境も単なる利水機能の追求のみならず、親水機能も持ち合せた考え方が求められてきている。そこで、土木史の観点から親水の歴史を追い、現代の水環境における新しい水利用のあり方を例示することを目的として、現存する歴史的水環境構造物、特に園池を中心に調査した。
feedback
Top