植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
41 巻 , 485 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • M. Honda
    1927 年 41 巻 485 号 p. 377-389
    発行日: 1927年
    公開日: 2007/06/18
    ジャーナル フリー
  • 今井 喜孝
    1927 年 41 巻 485 号 p. 389-398
    発行日: 1927年
    公開日: 2007/06/18
    ジャーナル フリー
    1. 花冠ノ覆輪ノ生成ニ際シテ働ク半抑制因子トシテ本文ニ於テ檢定ナレタFpハ私ガ前ノ論文 (3) デ認メタFfトハ別趣ノ能力ヲ有スルモノデアル。即チFp因子ハ覆輪ヲ不完全ナラシメ、コレヲ大體「半」>「少」ノ程度ニ止マラシメル。
    2. Fp因子ノ優性度ハ略ゝ完全デアルカラ、コレガヘテロノ花デモ覆輪ノ不完全サハモノ場合ト大體同ジデアル。
    3. Fp因子ハ表現ニ當ツテ彼ノFf因子ノ樣ニ著明ナ彷徨變異ヲ呈スル事ナク、其ノ程度ハ一般ノ覆輪ニ於テ見ラルヽ態ノモノデアル。
    4. 花色ノ濃淡ヲ司ル Di, di allelomorphs トFp, fP 對トノ間ニハ極メテ強度ノlinkage 關係ガ存スル。但シ其ノ crossing over ノ頻度ハ大體3%程度デアル。
    5. 柳葉因子ト強度ノ linkage ヲ保有スル覆輪因子ガアル。コレガ既知ノ Faデアルカ、ソレトモFbカ、サテハ未知ノモノデアルカ、此ノ點ガ判明シナイカラ假リニFトシテ置ク。
    6. f因子ハfbガ南天葉ニ於テ時偶僅少ナ覆輪ヲ表現スルノト同ジ樣ニ柳葉ニ於テ屡ゝ僅少ナガラコレヲ生成スル能力ガアル。
    7. m′→mニ依ツテ出現シタ立田ガ普通程度ノ覆輪ヲモツタ花ヲ開ク事實カラシテ此ノ際同時ニf→Fガ附隨シテ惹起スルモノト認メラレヤウ。
  • 岡部 作一
    1927 年 41 巻 485 号 p. 398-404
    発行日: 1927年
    公開日: 2007/06/18
    ジャーナル フリー
    Chromosome numbers of different species of Prunus have been investigated. Usual diploid chromosome number of these plants is 16, but three species in the subgenus Padus have been proved to be tetraploid (32). Further more it is remarkable that about one-third of 30 double flowered garden varieties of Japanese cherry trees (P. serrulata LINDL.) show triploid chromosomes (24) in somatic divisions. In the first nuclear division in the pollen-mother-cells of these triploid plants appear usually 8 trivalent chromosomes.
  • 1927 年 41 巻 485 号 p. 407-416
    発行日: 1927年
    公開日: 2013/05/14
    ジャーナル フリー
feedback
Top