植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
63 巻 , 745-746 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 廣瀬 弘幸
    1950 年 63 巻 745-746 号 p. 107-111
    発行日: 1950年
    公開日: 2011/01/26
    ジャーナル フリー
    いでゆこゞめCyanidium caldariumは藍藻に編入されていたが, 此度本植物の細胞内には有色體が存在すること及び其の他の理由から, 緑藻に編入すべきことを論じた。
  • 平岡 俊佑
    1950 年 63 巻 745-746 号 p. 113-117
    発行日: 1950年
    公開日: 2011/01/26
    ジャーナル フリー
  • 1950 年 63 巻 745-746 号 p. 117
    発行日: 1950年
    公開日: 2011/01/26
    ジャーナル フリー
  • 三木 茂, 引田 茂
    1950 年 63 巻 745-746 号 p. 119-123_1
    発行日: 1950年
    公開日: 2011/01/26
    ジャーナル フリー
    1) Measuring the sizes the guard cells of stomata and the epidermal cells in the remains of Metasequoia and Sequioa which are found in Japan in the strata since Tertiary, I could know that they were nearly the same as those of Metasequoia that now grows. in China or Sequoia that in California.
    2) It is a well-known fact that there is a polyploidy relation between the sizes guard, cells of stomata and the epidermal cells and those of the plants in their intimate relations.
    Chromosome of Metasequoia measure as 2n=22. Chromosome of Sequoia measure as 2n=66. So I inferred that the Chromosomes of the remains must be the same as these.
    3) The epidermis of Metasequoia has a waved shape like living species and is clearly distinguished from the straight shape of Sequoia, this is very useful for the discrimination of the two or another genera.
    4) Metasequoia dicovered at Tokiguti (Prov. Mineo, Japan) was only the cone of Metasequoia japonica MIKI.(1941), and as the leaves of it are small, it seems that they both belong to the same species, Metasequoia japonica.
  • 辰野 誠次
    1950 年 63 巻 745-746 号 p. 125-130
    発行日: 1950年
    公開日: 2011/01/26
    ジャーナル フリー
    先に著者は (1938, '39a, b, '41, '50) 本邦産ケゼニゴケに9, 18, 27の染色體數をもつた3變種があり, これ等の分布が地質と密接な關係があることを報告した。本報告では臺灣・琉球に於けるケゼニゴケの變種の分布と地質との關係を調査し次の如き結果を得た。
    1) 一倍體は臺灣タロコ石灰岩地の石灰質を含んだ2種の岩石 (石灰岩・石灰質石英片岩) 上に, 二倍體は臺灣・琉球に廣く分布し, 6種の岩石上に見られた。即ち染色體數の多いものが少いものより分布が廣く, 且生育する岩石の種類が多い。
    2) 二倍體は奄美大島以南に, 三倍體は屋久島以北に分布し, 兩者の分布の境界は吐喝喇海峡である。
  • 野津 良知
    1950 年 63 巻 745-746 号 p. 131-138
    発行日: 1950年
    公開日: 2011/01/26
    ジャーナル フリー
    (1) 毛この科の根莖, 葉柄, 葉身には可成り多くの種が毛を有する。毛には單列の單細胞毛・多細胞毛・腺毛等があるが比較的單調で永存性を有することは他のシダ類の如き鱗毛と比ぶれば原始的な形といえよう。根莖, 葉柄, 葉身共に略々同種同大の毛を有するものにコウヤコケシノブ屬, ウスイロコケシダ屬, ホソバコケシノブ屬の數種等があり, 根莖と葉柄との毛が略々同じものにウチハゴク屬, ハイホラゴク屬等がある。古い分類法によるホラゴク屬は毛の多いのが特徴であるが, これはコケシノブ屬に比して多毛であることを示すもので, コケシノブ屬のものにも毛を有する種が可成り多いがホラゴク屬のように密生しない。就中キヨズミコケシノブの中肋上の毛は特徴的で分類上のよいめじるしになる。
    (2) 中心柱根莖, 葉柄及び腋芽の中心柱は大きい見方をすれば結局原生中心柱の1種であつて, 小倉教授 (1938) の所謂Protostelischer Hymenophyllaceen-Typusによつて代表され得る。しかしながら木部要素の發達程度には極々の段階があり, しかもそれが或程度屬, 種の特徴となつている點に留意するとき第1表の如く三型二亜型に細分することが出來ると考える。
    以上の如く, この科の中心柱は, 根莖, 葉柄と腋芽の分枝型3者を通じて大體同じ傾向を示すのであつて, 中心柱型及び分枝型の上から觀ればホラゴク屬とコケシノブ屬の2屬とする從來の分類法では不充分であることを意味している。從來のホラゴケ屬はホラゴケ型とウチワゴケ型の2つの流れがあり (系統的に見てホラゴケ型からウチワゴケ型が枝分れするにせよ), 又コケシノブ屬は2亞型に分れるからこの科を2屬に分けることは妥當でなかろう。一方Copeland (1935) による分類を中心柱型の上から見れば徒らに複離化し, 細分に過ぎた傾向なきにしもあらすである。
    (3) 根日本産の本科の根は非常に微細であつて内部構造も極めて簡單である。Boodle等に依れば3-5原型を示す種例えばTrichomanes arbusculaは3原型, T. crispumは5原型等も擧げられているが, 日本産のものは1~2原型を示すものが多く, 後生木部の假導管の數も少ない。又原生木部の假導管の數はコケシノブ型では1~2ケであるがホラゴケ型では數箇ある。
    (4) 葉身所謂葉身の部分の諸黙については分類上で詳論されて來たところであつて今更こゝに駄足を加える必要はなかろう。強いて言うならば, 葉身の種々な形質は生態的諸條件如何によつて相當程度の差あるものと考えられるので餘り重要な形態態擧的性質とは言えない。それよりも寧ろ葉の發生的乃至は發達状態を重要視しナこ方がよかろう。
    (5) 子嚢群古い分類法によるホラゴケ屬は圓筒状であり, コケシノブ屬は2辨状を呈し, 形も違う。床柱は前者は短く其先端に胞子がつくし, 包膜内に埋れて見られないが, 後者では長く抽出し, 包膜の三倍にもなる場合がある。胞子は兩者共に四面體である。以上の如くであるが故に子嚢群に重點をおいて分類するならば當然從來の如く二大別されるであろう。
    以上の如く數項に要約出來るが, 之等の諸點を詮じつめれば次の二つの事が考えられる。
    (1) 先づ分類的に考えるに要約 (2) で述ベナこ如く古い分類は餘りに合理性を缺し, そうかといつてCqpelandの分類は望ましい傾向ながら餘りに細分に過ぎた傾きがある様に考えるので, そこで兩者を兼ねた分類, 即ち從來の子嚢群による分類を生じ, 二つの亞科を設け, それを更に必要にして充分な屬をCopeland流に分けた方がより自然的であろう。屬を分けるに際して特に考慮してほしい點は形態學的, 解剖學的, 乃至は系統學的に見て納得の行く群, 即ちホラゴケ型, コケシノブ型 (Mecodium亞型及びMeingium亞型), ウチワゴケ型が分類の基本的大系になる様にすべきことである。
    (2)根莖, 葉柄, 葉身, 腋芽, 翼及び子嚢群等の諸點から綜合して見るにホラゴケ型, コケセノブ型 (Mecodium亞型及びMeringium亞型), オニホラゴケ屬などは系統的にこの科シダ類の主流をなす基本的形態と見做すべきであろう。この事はCopeland (1938) がVandenboschia, Selenodesmium Hymenophyllum, Mecodium, Meringium等は全熱帯に廣く分布し, しかも共等が系統的に見て主幹的形態を示し, 同時により發達した屬であると指摘しているのと偶然一致するものである。
  • 藤田 安二
    1950 年 63 巻 745-746 号 p. 139-147
    発行日: 1950年
    公開日: 2011/01/26
    ジャーナル フリー
  • 沼田 眞
    1950 年 63 巻 745-746 号 p. 149-154
    発行日: 1950年
    公開日: 2011/01/26
    ジャーナル フリー
    1) I investigated the quantitative method analysing vegetation according to the theory of small samples.
    2) It is recognized by most investigators that we ought to use the random sampling in our field survey, but we often based its method on subjective randomizaton.
    3) Sampling error is controlled by vegetational homogeneity and sampling ratio. And I could not compare several sampling methods by means of sampling error.
    4) The best stratification is the worst clusterization. Those order is expressed by coefficient of interclass correlation (ρ') and also the quality of sampling method is decided by the coefficient.
    5) The stratification by means of a dominant does not coincide with the one by means of the whole physiognomy.The latter is better.
    6) The significance of difference between several sampling methods is indicated by analysis of variance.Relative number of sampling units required for a given accuracy according to samling methods is calculated from average comparable variance.
  • 小村 精
    1950 年 63 巻 745-746 号 p. 155-160
    発行日: 1950年
    公開日: 2011/01/26
    ジャーナル フリー
    The writer investigated actually and studied synoecologically, about a year up to March 1950, the societies of epiphytic Lichens in the forests of the Shiia Sieboldi-Bladhia japonica and the Machilus Thunbergii-Rumohra aristata association (warm temperate forests) on the southern part of Idu Peninsula and in those of the Fagus crenata-Sasamorpha purpurascens association (temperate forests) and the Abies Veichii, the Abies Mariesii and the Tsuga diversifolia consociation (subalpine forests) on the Titibu mountainous region in the Saitama Prefecture and in those of the Faguscrenata-Sasa kulirensis association (temperate forests) on the Iide mountainous region in the Hukusima Prefecture.
    Carrying out the synoecological studies on the societies of epiphytic Lichens, he grouped the epiphytic lichens, from the viewpoint of physiognomy, into the following 12 life-forms for the first time (see the text figure), taking chiefly their external appearances and the conditions of attachment into consideration.
feedback
Top