植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
64 巻 , 757-758 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 平野 潤
    1951 年 64 巻 757-758 号 p. 133-136
    発行日: 1951年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    濕室中に吊した寒天培養基中の黄色葡萄状球菌 (Staphylococcus aureus FDA 209 P) の分裂を顯微鏡で觀察し, その分裂時間と培養時間との記録をとつて, 兩者の關係を調べたところ, 1, 細菌増殖の誘導期に於ては, 分裂時間の分布は全體として次第に短くなつて行くこと,2, 對數期に於ては殆ど變らないこと, そして此の時期の最も頻度の大きい分裂時間は, この報告に述べた實驗條件の下では40~50分の間にあったことがわかった。
  • 服部 靜夫, 代谷 次夫
    1951 年 64 巻 757-758 号 p. 137-145
    発行日: 1951年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    1. クロマツの休眠種子に蔗糖とともにラフィノース, スタキオースが存在することをペーパークロマトグラフで明らかにした。
    2. ラフィノースとスタキオースとは發芽しつつある種子では完全に消失し, 蔗糖は増加する。還元糖は休眠種子には存在しないが, 發芽が始まると現われる。
    3. 遊離のガラクトース, ガラクトースを構成分子とする二糖體, 三糖體は發芽のどの時期にもみられなかった。
    4. 休眠種子では α-ガラクトシダーゼの作用だけが顯著で, インヴェルターゼの作用はない。これと正反對に發芽してまもない芽生えやいくらか生長した芽生えには, α-ガラクトシダーゼの作用は弱く, インヴェルターゼの作用は強い。
  • 奥野 春雄
    1951 年 64 巻 757-758 号 p. 146-151
    発行日: 1951年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
  • 加藤 幸雄
    1951 年 64 巻 757-758 号 p. 152-156
    発行日: 1951年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    1) ネギ Allium fistulosum L.の根端細胞における自然的染色體變換の頻度, 型, 起原が調べられた。2) 種子の購入場所でかゝる異常細胞の頻度は著しく異なる。3) 染色體變換は大部分染色體的のもので染色分體的なものは少なかった。4) 染色體變換の型はX線照射實驗の場合にほゞ一致する。5) 異常細胞の將來は核が變牲退化するので, 次の核分裂の機能を失ふ傾向にあるように思われる。
  • 肥田 美知子
    1951 年 64 巻 757-758 号 p. 157-162
    発行日: 1951年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    1) The dorsiventrality of the assimilatory organs in some conifers can be induced by the external light condition and the structure of the growing region can be inverted with ease by the inversion of light incident to the shoot surface. Two types of assimilatory organs with induced dorsiventrality are distinguished among them: the Thujopsis type and the Podocarpus imbricala type.
    2) Thujopsis type. The assimilatory organ has a cupressoid form. The shoots branch horizontally in one plane and have upper and lower pairs of decussate leaves concrescent to the stem axis; the lateral pairs compressed in the direction perpendicular to the stem axis. Palisade parenchyma are restricted to the upper surface of the shoot. In Thujopsis dolabrata Sieb, et. Zucc. and Libocedrus arfakensis L. S. Gibbs. stomata are distributed only on the lower surface of the shoots. In Chamaecyparis obtusa End1. and Libocedrus decurrens Torr. no dorsiventrality is found in the distribution of stomata. They are confined to the narrow adaxial surface of all leaves and to the portion of the upper and lower leaves which is overlapped by the lateral leaves.
    3) Podocarpus imbricata type. Leaves, developed in spiral phyllotaxis at the stem apex, are arranged in one plane by subsequent growth. In spite of the information made by Goebel no dorsiventrality in the structure was observed in the material available to the present author.
    4) Seedling of Phyllocladus protractus Pilger has small pennate leaves with normal dorsiventral structure. The phyllocladium developed on its seedling is definitely dorsiventral, stomata are confined to the lower surface and assimilatory cells of the upper side are more elongated than those of the lower side. The palisade cells disappear completely on the lower side of phyllocladium developed at a later stage. In Phyllocladus rhomboidalis Rich. assimilatory cells are found on both sides in phyllocladium developed on adult plant. The dorsiventrality of these phyllocladium may probably be induced by external light condition as is the case in the other two types.
feedback
Top