植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
66 巻 , 783-784 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 平野 実
    1953 年 66 巻 783-784 号 p. 205-210
    発行日: 1953年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
  • 福田 八十楠, 高沖 武
    1953 年 66 巻 783-784 号 p. 211-215
    発行日: 1953年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
  • 今堀 宏三
    1953 年 66 巻 783-784 号 p. 216-221
    発行日: 1953年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
  • 神野 太郎
    1953 年 66 巻 783-784 号 p. 222-226
    発行日: 1953年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    1. The relation-ship between the light factors and the polyploidy in 8 Rubus species has been researched by the writer in their growing places in Ehime prefecture. The species of Rubus which were used in this research are as follows: R. parvifolius, R. Wrightii, R. palmatoides, R. hirsutus, R. phaenicolasius, R. Sieboldii, R. pectinellus and R. Buergeri.
    2. The average value of the relative intensity of light at their growing places is as follows: 2X=72/100, 4X=54/100 6X=32/100 and 8X=34/100. Namely, the relative intensity of light of polyploid plants is larger than that of the diploid plants and the relative intensity of light decreases according to the duplication of the chromosome numbers.
    3. The polyploid plants of Rubus seem to have got anew the special quality to grow well in the shade. The diploid plants are the deciduous, while the polyploid plants pass the winter ever green. The polyploid plants which pass the winter ever green grow well the shade because the shade controls the transpiration of leaves and does not break the balance between the transpiration of leaves and the absorption of roots.
  • 中野 治房, 岡 孝
    1953 年 66 巻 783-784 号 p. 227-233
    発行日: 1953年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    A preliminary information on this subject was made by Nakano, one of the present authors, at the session of the 111 Pan-Pacific Science Congress in 1926. Our present paper aims to demonstrate the previous information gravimetrically, for it was merely based on qualitative observations. For this purpose a tortion balance as well as a vaselining device was used. The results obtained here are summarized as follows:
    1. The hydathodes of our fern in question exhibit, so far our observations and experiments concern, no sign of exudation, correspondingly it seems, that it functions exclusively as an absorbing organ.
    2. The fern endures its arid state, sometimes even diminution more than 90% of its water content, one month long without showing any indication of damage.
    3. The water absorption by the roots of our fern is far less than that by its leaves, and it is quite insufficient by the former only, to balance water deficiency of an arid leaf in nature.
    4. By the aid of a gravimetric method, it was distinctly proved, that the water absorption by the leaves of fern depends mainly on the participation of hydathodes, scattered over their upper surfaces, and though in far less degree on that of ordinary epidermis.
  • 山本 茂, 襟立 昭子, 三輪 知雄
    1953 年 66 巻 783-784 号 p. 234-238
    発行日: 1953年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    1) 高等菌類数種の子実体について尿素含有量を測定した。その量は生長時期如何によつて可成著しく変動するが, 尿素-N/可溶性-Nとして9~50%に達することを認めた。此の値はIwanoff の測定値と大体一致している。
    2) 菌体には一般に明らかなアルギナーゼ作用が認められる。アルギナーゼの可溶性窒素量に対する比率は種類によつて異るが, 多い場合には牛肝のそれに匹敵する程度である。
    3) 高等菌のアルギナーゼの至適pHは, 8.9附近にある。
  • 肥田 美知子
    1953 年 66 巻 783-784 号 p. 239-244
    発行日: 1953年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    1. 針葉樹中で Araucariaceae 及びTaxodiaceae には比較的長い仮導管をもつものが多い。
    2. Taxodiaceae に於ては仮導管の形態に関しても根の原初木部の数からの分類と全く同じ分け方が出来る。
    3. Metasequoia は仮導管の長さ及び形態的特性ともにSequoiaSequoiadendronと非常に共通点が多く, この3種を区別することは困難である。従つて, 仮導管からみても Metasequoia を特にMetasequoiaceaeとすることは適当でない。
    4 Metasquoiaは非常に生長が早く, その上仮導管が長いから製紙用パルプの原料として有用と思われる。終りに臨み御指導並びに御校閲の労をおとり下さった大阪市立大学教授三木茂博士, 京都大学農学部教授今村駿一郎博士に厚く御礼申し上げる。猶, 材料入手にあたっては京都大学農学部演習林の長谷川勝好氏はじめ京都大学農学部の諸先生, 東京大学農学部の猪熊教授の御援助を賜ったことを深謝する。
feedback
Top