植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
75 巻 , 884 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 大島 康行
    1962 年 75 巻 884 号 p. 43-48
    発行日: 1962年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    チシマザサ群落の分布要因を解析する第一歩として, 光, 積雪量および温度条件のちがいが現存量におよぼす影響を物質生産の面から解析した. 北海道ワイスホルン山の林内照度を異にする2つのカバ林, チシマザサにおよぼす光条件の影響がしらべられた. その結果, チシマザサには生産された物質のうち呼吸によって消費される割合が大きいという耐陰性に不利な性質があるにもかかわず9), 光が弱くなるほど,葉の寿命が長くなり, また葉面積一葉重比が大きくなること, 光条件の変化にかかわらず生産された物質の葉への分配の割合が一定であること, 葉が常緑で約6か月の生育期間中その生産構造が一定の活動的な状態に維持されていること7), などの特性が光合成の特性とともに弱光の条件下で比較的高い現存量が維持されている原因となっていることが認められた. また落葉樹林下でチシマザサが下層群落として, しばしば割合に安定な状態を維持しているのは, その生産構造がほぼ一定の状態に維持され, 地表面附近の相対的照度が非常に低くその変動の幅が小さいことが一つの重要な原因となっている.
    またワイスホルン山のチシマザサの純群落で, 積雪量と現存量の関係を解析した. チシマザサ群落の現存量は積雪量が少なくなると低下するが, これはおもに積雪量が少なくなると桿の寿命が低下すること,および葉の寿命が短くなることによって葉量が減少し, そのため物質生産が低下することに原因していることが明らかになった.
    温度条件とチシマザサ群落の生育との関係を明らかにするため, 年平均気温の変化にともなう物質生産量と現存量の変化を計算した. その結果, 年平均気温 4.4°(ワィスホルン山の海抜 500m の地点)で最大の現存量が期待された.平均気温の4.4°より高い地域では呼吸による生産物の消費の増加が物質生産による生産物の増加をいちじるしく上まわり, また4.4°以下の地域では生育期間の減少が現存量の低下のおもな要因になっていることが明らかになった.
  • 高橋 憲子, 山田 妙子, 橋本 徹, 八巻 敏雄
    1962 年 75 巻 884 号 p. 49-55
    発行日: 1962年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    ブライトイエロー種のタバコ種子は, 発芽に光を必要とする. ジベレリンはこの種子を暗所で発芽させる. このジベレリンの暗発芽誘起作用に対する硝酸アンモニウム, りん酸アンモニウム, 硫酸アンモニウム, 塩化アンモニウム, 硝酸カリウム, りん酸カリウム, 硫酸カリウム, 塩化カリウムの影響を検討した. これら塩類そのものには暗発芽を誘起する作用はないが, どれもジベレリン作用を促進し, その促進は前6者に強くみられる.
    塩を構成するアニオン, カチオンの濃度をかえることにより, 発芽床のpHを調整した場合, KNO3 はpH3.3で, NH4Clは pH3.0 と 4.7 とで, KH2PO4, K2HPO4はpH2.0, 3.8 および4.7で, NH4H2PO4, (NH4)2HPO4 は pH2.0, 3.0 および 4.7 でとくにジベレリンの暗発芽誘起作用を促進する. これら作用性を検討し, アンモニウムイオン, カリウムイオン,硝酸イオン,りん酸イオンがジベレリンの作用を促進するが, その作用機構には差があると推論した.
  • 藤伊 正
    1962 年 75 巻 884 号 p. 56-62
    発行日: 1962年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    1) カゼクサの種子の発芽は播種と同時に始まる暗期と, これにつづく光期との存在によっていちじるしく促進される. この暗期が短日植物に見られる暗期と同じ性質を示し, 一方光期が長日植物に見られる光期と同じ性質を示すことを明らかにした.
    2) 暗期後の光期は連続的に与えられなくとも, 数回の periodic flashes がある間隔をおいて与えられれば, 連続的に与えられた光の効果以上の発芽促進効果を示す. このperiodic flashesの光期のおのおのについては, red と far-red との各波長の光の間に光可逆性が観察された. Red の発芽促進効果は far-redの光によってとりのぞかれ, この抑制と促進とは何回もくり返すことができる。
    3) カゼクサ種子において, 短日性と長日性との感応性は共に播種と同時に生起し, その発芽過程においてこの両者は共働することを観察した. このことからカゼクサ種子の発芽は短日性と長日性との相互依存によって促進されることを暗示し, さらにこの両者の相関性について論議した.
  • 杉浦 昌弘, 須之部 淑男
    1962 年 75 巻 884 号 p. 63-71
    発行日: 1962年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    1. ミトリササゲめばえにおける種々の燐化合物の含量変化を発芽期を通じて調べた. 子葉の燐化合物は主してフィチンと酸不溶性燐化合物であるが, これらの含量は発芽とともに急速に減少していく. 一方, 軸組織では発芽にともなって各種の燐化合物含量が増大してくるが, とくに無機燐酸の増量がいちじるしい. この軸組織での無機燐酸の増加量は, 子葉でのフィチンの減少量とほぼ一致する. 軸組織のうち幼葉のみは例外的で, 発芽期を通じて酸不溶性燐化合物とアルコール溶性有機燐化合物含量が無機燐酸含量より大きい. 発芽期後半から生長を始める上胚軸の燐酸代謝パターンは, 発芽期前半の胚軸のパターンの再現である. なお発芽期の後半, 胚軸の酸不溶性燐がいちじるしく減少する. 子葉にははじめバリウム不溶性Δ7-Pが多量に含まれているが, このものは発芽とともに急速に減少する.これに反し軸組織の各部では増加してくる.
    2 ミトリササゲめばえから分離した子葉のホモジェネートを遠心して得た上ずみには, フィターゼ作用は認められないが, これを透析すると, フィターゼ活性が現われる. このフィターゼ標品は至適pH4.9で, 基質 (フィチン酸) あるいは反応生成物 (無機燐酸) によって阻害される. Mg++イオンは活性に影響しない. 子葉では, 種子の吸水直後にはフィターゼ活性は見られないが, 発芽とともに活性が現われる. 活性は急速に増大し, 3日目で最高となり, 以後低下する. 一方, 軸組織では発芽期を通じほとんど活性は見られない. フィターゼ標品をさらに精製し, その基質特異性を調べた.
  • 竹村 英一
    1962 年 75 巻 884 号 p. 72-79
    発行日: 1962年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    1. 3種の人工雑種, すなわち雑種 (1) L. sprengeri×L. radiata var. pumila雑種 (2) L. sanguinea×L. radiata var. pumila雑種 (3) L. sprengeri×L. sanguineaを作出して, 形態学的および細胞学的特性を調べた.
    2. これらの人工雑種では, その外部形態が両親植物の中間型を示すが, 雑種 (1) では花色が母植物たる L. sprengeri に近く, 花被の形•しわ•そりかえる性質などは父植物たる L. radiata var. pumila に似ている. 雑種 (3) においては, 花被の先端が青みを帯びることは母植物たる L. sprengeriに似ている.
    3. 核学的には, いずれも根端細胞で 2n=22=22Rであり, 両親の半数染色体数の和に相当する.
    4. 雑種 (1), 雑種 (3) においては, 花粉母細胞の減数第一分裂前期に, いずれも11個の二価染色体を形成する. このことは, 両親植物の染色体が, 高い相同性をもつことを示す.
    5. 一般にアントシアンによる花色の遺伝では,5個の水酸基をもつ cyaniding が4個の水酸基をもつ pelargonidin に対して優性であるが, 雑種 (3)においてはこの関係が成りたたないことが示された.
  • 平 宏和
    1962 年 75 巻 884 号 p. 80-81
    発行日: 1962年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
feedback
Top