植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
76 巻 , 900 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 小林 艶子
    1963 年 76 巻 900 号 p. 203-205
    発行日: 1963年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    秋田県大湯川で採集したSurirella ovata var. pinnataを308個体顕微鏡写真に写しそれぞれを2,000倍にひき伸ばしそれについて変異を調査した.
    両側縁が彎出した個体, ほぼ平行な個体, 頭から足極にかけて急に細くなる個体などいろいろな型がみられた.
    このけい殼の基本型は両側縁が平行な型と考えられ, この型から中央部がやや彎入した型や, 頭極より足極が急に細くなる型や, 両側縁が彎出する型ができたと考える.
    308個体の測定値は次のようになっていた. けい殼の長さ, 16-51μ,巾7.5-11.5μ, 100μ間の翼管60-95本, 10μ間の横条線15-26本.
    今回の調査で従来の記録より翼管と横条線の間隔のせまい個体がみられた.
  • 武田 幸作, 林 孝三
    1963 年 76 巻 900 号 p. 206-214
    発行日: 1963年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    パンジーの濃紫色花のアントシアニンであるviolaninは, 最初Willstätter (1916) によってグルコース, ラムノースを結合糖にもつデルフィニジン配糖体として報告されたが, その際, 水解によって生成するグルコースとラムノースとが等分子比でなく, ラムノース含量がグルコースに比していちじるしく低い実験値が得られていた. 後年, P. Karrer (1933) はこの点を再検討し, かってWillstätterの得たviolaninは単一物質ではなくて, デルフィニジンおよびペオニジンのグルコース配糖体が混在していたと結論し, 主色素であるviolaninに対して新たにdelphinidin 3-rhamnoglucoside+P-coumaric acidの構造を提出した.
    今回われわれはWillstätterの方法に準じて原著と同一の結晶形を示すviolanin標品を調製して, ペーパークロマト法で調べたところ, この結晶はまったく単一であり, Karrerの指摘したような混合物ではないことが明らかになった. この標品について行なった詳細な分析結果からすると, violaninは, WillstätterやKarrerの想定したような二糖配糖体ではなく, グルコース2分子, ラムノース1分子, パラクマール酸1分子を有するデルフィニジンの三糖配糖体であり, グルコースの2分子は, それぞれデルフィニジンの3- 位および5- 位の水酸基と結合していることが明らかになった. 本文に記載した諸知見とKarrerらの実験結果とを総合して, われわれはviolaninの構成をdelphinidin 3-rhamnoglucosido-5-glucoside+p-coumaric acidと改める.
  • 山岸 高旺
    1963 年 76 巻 900 号 p. 215-218
    発行日: 1963年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    国内の各地から採集したホシミドロ科の藻類について分類学的研究を進めているうちに, 新種と考えられるもの5種を得たので, それぞれ次のように命名し記載した.
    1. Mougeotia japonica Yamagishi, 2. Mougeotia micropuntata Yamagishi, 3. Temnogamentum boreale Yamagishi, 4. Spirogyra minuticrassoidea Yamagishi, 5. Zygnema shigaense Yamagishi.
  • 荒野 久雄
    1963 年 76 巻 900 号 p. 219-224
    発行日: 1963年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    1) The chromosome numbers and karyotypes were studied in seven species of Cynareae and one species of Arnica.
    2) The chromosome numbers of Cephalanoplos setosum, Cirsium tashiroi, C. lineare and Saussurea tanakae are here reported for the first time.
    3) A close phylogenic relationship between the genus Cephalanoplos and the genus Cirsium is suggested from the karyotypical viewpoint.
    4) The karyological difference between Saussurea and Cirsium was found from their chromosome morphologies.
    5) The basic chromosome numbers of the genera belonging to Tribe Cynareae were discussed.
    6) Hemistepta lyrata, Carduus crispus have characteristic karyotypes different from all the rest of Tribe Cynareae.
  • 熊沢 正夫
    1963 年 76 巻 900 号 p. 225-233
    発行日: 1963年
    公開日: 2006/12/05
    ジャーナル フリー
    The prophyll position of Xanthium canadense was statistically studied. The first leaf (prophyll α) of the vegetative lateral branch is mostly anodic in position, but that of the reproductive branch which terminates in staminate or pistillate heads is less frequently anodic (Fig. 1B). Moreover, the frequent occurrence of cathodic prophyll is found in lateral branches which belong to certain basal nodes of a main stem or of a lateral branch (Table 1, Fig. 1A). For analysis of the factors which induce the frequency variation of cathodic prophyll, the divergence angle and the internode length were examined (Table 2, Fig. 2).
    Lateral branches are divided into two types-abaxial and adaxial types-in respect of their third leaf (prophyll γ) position (Fig. 5A). Although the abaxial type is usual, primary branches from lower nodes of a main stem are frequently of the adaxial type (Table 3, Fig. 4). Primary branches of these two types are different from each other not only in the divergence angle and the internode length, but also in the frequency curve of cathodic prophyll which belongs to the secondary branch (Table 4, Fig. 4, Table 5, Fig. 5).
    One pistillate head develops into a couple of seeds-an adaxial smaller seed and an abaxial seed. The plants germinated from the adaxial seeds and those from the abaxial ones are different from each other in the basal frequency curve of cathodic prophyll on the primary branch and also in that of the primary branch whose third leaf is adaxial (Fig. 6).
feedback
Top