植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
79 巻 , 937 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • Toshio YAMAKI, Hiroh SHIBAOKA, Kunihiko SYONO, Hiroshi MORIMOTO, Haruj ...
    1966 年 79 巻 937 号 p. 339-341
    発行日: 1966年
    公開日: 2006/10/31
    ジャーナル フリー
  • 服部 新佐
    1966 年 79 巻 937 号 p. 342-344
    発行日: 1966年
    公開日: 2006/10/31
    ジャーナル フリー
    オランダの西ニューギニア Antares Mts. (Vogel Kop の Morobe の南) 植物調査の際に採集された苔
    類の同定依頼を受けた. いろいろ面白い種があったが, そのうちに Anastrophyllum (苔類ウロコゴケ目)の新種が数点みつかった.元来同属の葉に1/5~1/2 2裂して, 葉縁には全く鋸歯の出ないものである. ただアンボン産の A. karstenii にはごく僅かの歯が葉裂片上半部に見られ, ボルネオのサラワク産の A. borneense には葉裂片頂部に多少の鋸歯が現れる. ニューギニア産の新種には比較的細かいが多数の鋸歯が葉縁に出るので, この性質に基づいて prionopyllum (鋸歯状の葉) と命名した. この3種は互いに近縁でよくまとまった1群である. 葉が鋸歯縁という特徴が一番よく現れる. A. prionophyllum を基準種にして新亜属 Zantenia を記載した. この亜属名は前記ニューギニア産苔類の採集者の1人であって, 筆者にその標本を送ってくれたオランダのコケ学者 Dr. B.O. van Zanten にちなむ. この亜属の主な特徴は, 植物体が大形, 葉が狭3三角状卵形で2/3(ないし以上)深2裂し, 裂片は長く, 樋状にまき込み, 両片は相
    接し (したがって葉の切れ込みはごく狭い), 縁部に多少とも鋸歯が見られ, 葉細胞は葉縁部を除き非常に長く, 苞葉は密に鋸歯ないし刺毛を具える点である. 本亜属の分布域, ボルネオ-アンボン-西ニューギニアが生物地理学的に関係の深いことを示す1例となる.
  • 井上 浩
    1966 年 79 巻 937 号 p. 345-349
    発行日: 1966年
    公開日: 2006/10/31
    ジャーナル フリー
    Plagiochilidium 属は Herzog によって Borneo から記載されて以来再度の報告を見ないし, この属に関する詳細な研究もない. 今回, P. bornensis の基準標本を調べた結果, 本属は Plagiochilaceae のXenochila 属および Lophoziaceae の Jamesoniella 属に近縁のもので, 花被の形態から明らかに Plagiochilaceae に含まれるが, 雌苞葉, 雄苞葉などの性質から考えて, Plagiochilaceae と Lophoziaceae の中間に位置すると考えられる. Xenochila 属は明らかに Plagiochilidium に由来した属で, 無性芽や茎の構
    造などに Lophoziaceae の性質が見られる. [付] Plagiocilidium bornensis に近いとされた Plagiochila linguifoliaJamesoniella 属のものであるので, 学名の変更を要する.
  • 高見 亘
    1966 年 79 巻 937 号 p. 350-354
    発行日: 1966年
    公開日: 2006/10/31
    ジャーナル フリー
    1. Young leaves of Dioscorea japonica cultured in Hoagland's solution show similar distribution of calciumoxalate crystals as those under natural conditions.
    2. Supply of oxygen in the atmospher depresses the formation of calcium oxalate crystals in young leaves of Dioscorea japonica.
    3. By adding 0.5% glucose to the culture medium, the formation of calcium oxalate crystals in young leaves of Dioscorea japonica is slightly promoted.
    4. By adding 10-4…10-3% glutamic acid or methionine to the culture medium, growth of Dioscorea japonica is promoted and the formation of calcium oxalate crystals in young leaves is depressed.
    5. By adding 10-3% methionine or 10-4% asparatic acid to the culture medium, the size of calcium oxalate crystals in Zingiber Miyoga becomes smaller than that in untreated plants.
  • 進藤 公夫
    1966 年 79 巻 937 号 p. 355-365
    発行日: 1966年
    公開日: 2006/10/31
    ジャーナル フリー
    1. Kalimeris yomena KITAMURA, a plant of the Compositae, was found to have a wide distribution in the Japanese islands covering almost entirely the total distribution area of K. indica (L.) SCHULZ BIP., K. Incisa DC. and K. pinnatifida (MAXIM.) KITAMURA. However, the ecological preference of K. yomena was different from that of the related species. Differences in altitudinal distribution were also found among K. yomena, K. incisa and K. pinnatifida.
    2. Approximately 1000 clones of K. yomena were collected from 124 localities and used for morphological and cytological studies. There was moderate morphological variation among the clones of each population, but the interpopulation variation of geographical significence was not clearly recognized. Propagating by rhizomes, the size of the clones of K. yomena was generally much larger than those of the related species.
    3. Chromosome number was counted in 944 clones. Almost all the clones were true or near heptaploids with 2n=63±2. The frequency of the true heptaploids with 2n=63 was 87.6%. Among the 63 chromosomes, seven were satellited ones and closely similar to each other in shape and size. The behaviour of chromosomes at meiosis was irregular, the typical configuration of chromosomes at metaphase I being 27II+9I.
    4. Because K. yomena is so closely similar in external morphology to some of the related species, its status as a species has been doubted by some taxonomists. The results of the present investigation, however, suggest that K. yomena is a natural entity that rightly merits the status of a species.
  • 松田 忠男
    1966 年 79 巻 937 号 p. 366-375
    発行日: 1966年
    公開日: 2006/10/31
    ジャーナル フリー
    1. 静岡県周智郡気田村熊切産のナガバノシロヨメナ Aster ageratoides var. tenuifolius に過剰染色体をみいだした. 採集された 125 株のうち約41%は1-6個の過剰染色体を持っていた.
    2. 本種の過剰染色体は, 多型的で, 体細胞分裂前期および中期の形態の差異から 11 型に区別された.
    3. 花粉母細胞減数分裂で, これらの各型の過剰染色体は互いに対合した.
    4. 過剰染色体中最大で, 一次狭窄を subterminal に持つものが, 本種の standard accessory chromosome である. その他の過剰染色体は standard からの derivative とみなされる. これらの分化について論議された (Fig. 6).
  • 小室 丈夫, 矢野 謙三郎, 服部 静夫
    1966 年 79 巻 937 号 p. 376-380
    発行日: 1966年
    公開日: 2006/10/31
    ジャーナル フリー
    (1)暗所においたタバコの葉のデンプンは24時間で完全になくなることはない.
    (2) タバコの品種によりデンプンの減少するはやさにちがいがみられる. デンプンがほとんど全部消失するまでに Bright Yellow と備中葉では少なくとも 120 時間, White Burley では約 96 時間を要する.
    (3) 芯どめ処理をしたものからとった葉と, 芯どめ処理をしないものからとった葉とでは, 暗処理によるデンプン含量の変化に若干の差がみとめられた.
  • 籔 煕, 時田 郁
    1966 年 79 巻 937 号 p. 381
    発行日: 1966年
    公開日: 2006/10/31
    ジャーナル フリー
feedback
Top