植物学雑誌
Online ISSN : 2185-3835
Print ISSN : 0006-808X
ISSN-L : 0006-808X
82 巻 , 977 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • Hisashi MATSUSHIMA, Masamitsu WADA, Masayuki TAKEUCHI
    1969 年 82 巻 977 号 p. 417-423
    発行日: 1969年
    公開日: 2006/10/31
    ジャーナル フリー
    Tobacco cultured cell clone XD-6S, which was subcultured on the medium containing 2, 4-D (2, 4-dichlorophenoxyacetic acid), was induced to form shoots when the cells were transplanted to medium containing IAA (indole-3-acetic acid) and kinetin instead of 2, 4-D. Medium containing 0.01ppm of IAA and 1ppm of kinetin is optimal for shoot formation. Fine structural changes in the cells were observed electron microscopically before and after shoot induction.
    Developing crystal containing bodies were first seen on the 7th day following transplantation to medium containing IAA (0.01ppm) and kinetin (1ppm). Although the bodies could be seen in cells cultivated on medium with IAA or with kinetin and even on medium containing no additional growth substances, the bodis were most frequently seen in cultures in which shoots had been induced, e. g. cells grown on medium with IAA (0.01ppm) and kinetin (1ppm). The body is an electron dense cell organelle which is about 1μ long in diameter and has a lattice spacing of 70-110Å. This body is similar to ones which were found by other investigators, but the lattice space is somewhat different.
  • Yoshio YOSHIDA, E. R. WAYGOOD, P. K. ISAAC
    1969 年 82 巻 977 号 p. 424-428
    発行日: 1969年
    公開日: 2006/10/31
    ジャーナル フリー
    An electron microscope study of the effect of benzimidazole and nicotinamide adenine dinucleotide on the senescence of Elodea chloroplasts is described. It was found that benzimidazole results in maintaining at least, or even in enhancing tendency of the lamellar structure of the chloroplast, whereas nicotinamide adenine dinucleotide remarkably accelerates the degeneration normally occurring during senescence. It is suggested that this result may account for the increased rate of photosynthesis found in benzimidazole treated leaves.
  • 柴田 治
    1969 年 82 巻 977 号 p. 429-435
    発行日: 1969年
    公開日: 2006/10/31
    ジャーナル フリー
    サンショウモは短日条件の下で胞子果をつくる サンショウモは短日条件の下で胞子果をつくる が, 暗期 (16時間) に濃度 90% の CO を与えると 胞子果数は著しく増加し,日長効果が促進された.
    暗期の長さを種々に変えて CO の効果をみたとこ ろ, 胞子果形成は暗期が12時間より長い時にのみ 促進された. 8時間暗期では, CO を与えない時に は胞子果は全くつくられなかったが, CO を与える と僅かではあるが胞子果をつけ, CO 処理は限界暗 期を短くした.
    16時間暗期の一部に CO を与えた時, 胞子果形 成の促進にもっとも有効に働いた時期は,暗期開始 後12時間と16時間の間にあり, 次は8時間と12 時間の間にあった. 暗期開始直後から8時間まで は, COは胞子果形成を促進しなかった.
    暗期が光中断された時には胞子果はつくられない が, これに続いて光中断されない暗期よりなる短日 処理を与えると, 胞子果がつくられた. この時つく られる胞子果数は, 有気的に光中断された有気的暗 期, 有気的に光中断された無気的暗期, 無気的に光 中断された無気的暗期の順で増加した.
    日長刺激を生成する特異な代謝系が暗期を通じて 形成され, この暗期反応の後期には O2 の関与しな い過程があると思われる. CO はこの過程の活性化 を促進することによつて胞子果数を増加させたので あろう. また, 光中断には,O2依存性の過程が含 まれていると思われる.
  • 辰野 誠次, 川上 昭吾
    1969 年 82 巻 977 号 p. 436-444
    発行日: 1969年
    公開日: 2006/10/31
    ジャーナル フリー
    1) 本研究では日本産チャセンシダ科(Aspleniaceae) のチャセンシダ属(Asplenium) 3種の核 学的研究を行なった.
    2) 観察したチャセンシダ属のトラノオシダ(A. incisum), イヌチャセンシダ(A. tripteropus),カミガモジダ(A. oligophlebium) の3種の染色体数 は体細胞でいずれも 2n=72 である.そのうちカミ ガモシダの染色体数は始めて明らかにされたもので ある. 本研究のイヌチャセンシダの 2n=72は先に 報告された本種 n=72 の半数の染色体数を持つ植 物である.
    3) 3種の核型はいずれも本質的には一致した形 態を持つA~Fの6型に分けられる. しかし細部に おいては種の間で若干の分化が認められる.
    4) チャセンシダ属の染色体の原始基本数は核型 分析の結果から b=12 で, 本研究の3種(2n=72) は6倍性起原の植物と考えられる.
  • 千原 光雄
    1969 年 82 巻 977 号 p. 451
    発行日: 1969年
    公開日: 2006/10/31
    ジャーナル フリー
  • 林 孝三, 広瀬 弘幸
    1969 年 82 巻 977 号 p. 452-455
    発行日: 1969年
    公開日: 2006/10/31
    ジャーナル フリー
feedback
Top