視覚の科学
Online ISSN : 2188-0522
Print ISSN : 0916-8273
ISSN-L : 0916-8273
31 巻 , 4 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
巻頭言
原著
  • 浅川 賢, 中山 奈々美, 川守田 拓志, 魚里 博
    原稿種別: 原著
    2010 年 31 巻 4 号 p. 129-133
    発行日: 2010年
    公開日: 2019/11/08
    ジャーナル フリー

    目的:コントラスト感度と視力が低下するフレネル膜プリズムの最小度数を検討する。

    方法:平均21.5歳の健常者19名を対象に,フレネル膜プリズムを基底内方に5~40⊿まで5⊿間隔で付加し,コントラスト感度と視力を測定した。コントラスト感度は1.5,3,6,12,18 cycles/degree(c/d)の空間周波数において対数値に換算,視力はlogMAR値に換算し,それぞれをプリズム付加前後にて比較した。

    結果:1.5~18 c/dにおけるlogコントラスト感度はプリズム度数増加により低下し,有意差が認められた最小度数と対数値はそれぞれ35⊿で0.66,20⊿で0.69,15⊿で0.49,15⊿で0.34,10⊿で0.17となった。またlogMAR値は10⊿にて0.1(小数視力0.7)程度まで有意に低下する結果となった。

    結論:10⊿の膜プリズム付加にて,高空間周波数のコントラスト感度と遠方視力の有意な低下を生じた。この解像力低下は多要因が複雑に関連しているものの,これらの特性を把握すれば,光学的補助具としてより有用となり得る。

  • 山本 真也, 魚里 博, 川守田 拓志, 中山 奈々美, 中谷 勝己, 恩田 健
    原稿種別: 原著
    2010 年 31 巻 4 号 p. 134-139
    発行日: 2010年
    公開日: 2019/11/08
    ジャーナル フリー

    目的:乱視眼において瞳孔径は最小錯乱円サイズ(直径)を変化させるため,同じ乱視度数でも瞳孔径により網膜像への寄与が異なることが考えられる。そこで,乱視と瞳孔,視機能との関係を調査したので報告する。

    方法:対象は11名11眼(平均年齢21.9±1.4歳)である。測定にはコントラスト視力装置に電子瞳孔計を内蔵した改良型CAT-2000(Menicon社)を用いた。また,実瞳孔径のコントロールができないため,本実験は人工瞳孔を使用した。視力測定はシクロペントラート塩酸塩(サイプレジン®)点眼後,人工瞳孔2.0~5.0 mm(0.5mm単位)と乱視0~3.0 D(0.5 D単位)を組み合わせ,昼間視コントラスト100%にて行った。

    結果:乱視が1.0 D以上では,瞳孔径が大きくなると視力は有意に低下した。乱視が強くなるほど瞳孔径拡大に伴い視力がより低下する傾向が認められた。

    結論:乱視眼では,瞳孔径が大きいと最小錯乱円サイズ拡大による網膜像の質の劣化を導き,その結果,視機能に影響を与えている可能性が示唆された。

feedback
Top