日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌
Online ISSN : 1884-2321
Print ISSN : 1884-233X
最新号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
理事会企画シンポジウム1 WOC 領域における専門外来の現状と将来展望
理事会企画シンポジウム2 「日本創傷・オストミー・失禁管理学会研究助成」採択演題 「アルケア技術・研究助成」採択演題
理事会企画シンポジウム3 排尿自立支援講習会後の現状と外来実践への示唆
理事会企画シンポジウム4 政策提言:令和4年度診療報酬改定に向けての本学会からの提案
理事会企画シンポジウム5 「高齢者における防ぎきれない褥瘡の実態調査(予備調査)報告
原著
  • 小栁 礼恵, 奥田 裕美
    原稿種別: 原著
    2022 年 26 巻 1 号 p. 29-35
    発行日: 2022年
    公開日: 2022/06/06
    ジャーナル フリー
     目的:本研究では小児専門病院における医療関連機器圧迫創傷(MDRPU)の発生原因となった医療機器別に発生部位、リスク要因を明らかにすることを目的とした。
     方法:研究デザインは後ろ向き研究である。調査期間は連続した3ヵ月、調査施設は日本小児総合医療施設協議会看護部長部会専門領域看護師ネットワーク/皮膚・排泄ケア領域に参加する18施設で全数調査とした。対象者は小児疾患により小児専門病院に入院中であるMDRPUを保有する患者とした。調査項目は、成長発達段階、日常生活自立度、褥瘡危険因子、褥瘡ハイリスク項目、病期、大島分類、肢体不自由の有無、褥瘡発生部位、MDRPUの原因機器である。機器と調査項目をクロス集計し調整済み標準化残差分析を行った。
     結果:対象者は264名であった。MDRPU発生が最も多かったのは呼吸器関連機器79名(29.9%)であり、そのうち54名(68.4%)は顔面に発生した。最も発生の多かった呼吸器関連機器と関連があったのは、関節拘縮、病的骨突出、極度の皮膚の脆弱、大島分類、高校生以上であった。
     結論:小児専門病院においてリスクの高い機器は呼吸器関連機器であり、好発部位は顔面であることが明らかとなった。また、小児特有のリスク要因である大島分類から重症心身障害児に関連する項目の重要性が示唆された。
実践報告
feedback
Top