人口学研究
Online ISSN : 2424-2489
Print ISSN : 0386-8311
検索
OR
閲覧
検索
17 巻
選択された号の論文の94件中1~50を表示しています
表紙・目次
会長講演
論文
  • 丸尾 直美
    原稿種別: 本文
    17 巻 (1994) p. 5-14
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    In this paper I tried to show how the ageing of the population influences the change in the growth of employment, employment structure, the savings ratio, economic growth and the cost of social security. In the latter part of the paper I suggested a close correlation between the average marriadge age of woman, the total fertility rate and the work participation ratio of woman. According to the latest demograghic forecast by the Japanese Government, the proportion of the elderly (65 years old and over) to the total population will be 17% in 2000 and more than 25% in the 2020s respectively. On the other hand, the productive age population between 15 and 64 years old, which has been increasing, is forecast to decline from the middle of the 1990s. As a result, the proportion of the aged to the working population will increase markedly. The correlation between the proportion of the elderly and the social security benefits / national income ration is quite high. Simple regressions (OLS) suggest that the percentage ratio of elderly people in the working population (No/Nw in regression (1)〜(2)) is one of the main variables that explain the behaviour of the percentage ratios of social security benefits in national income as the following regressions show. [numerical formula](1) [numerical formula](2) Based on the 1960〜1991 annual data. B: Social security benefits, Y: National income, Nw: Total working population=productive age population multiplied by (1-u), No: Population of the elderly (65 years old and over), u: Unemployment ratio as a ratio of total working force, U_2: Unemployment as a ratio of employees, dw/w: Rate of increase of employees compensation per employee, Bm: Social insurance benefits for health service, D_1: Dummy variable 1960〜1973=0, 1974〜1988=1. This dummy variable explains the change in political situation since 1973. 1973 was called the "First year of welfare"., R^^-^2: Adjusted determinant coefficent, D.W.: Durbin Watson ratio, Figures in parentheses under coefficients of explainig variables are t statistics. The correlation between the work participation ratio, the average marriadge age of woman and the total fertility rate is also impressive as Fig. 9 and 10 show. However, the correlation is not inevitable as the recent experience in Sweden suggests. Active family policy based on universalism must be introduced in Japan.
    抄録全体を表示
  • 津谷 典子
    原稿種別: 本文
    17 巻 (1994) p. 15-32
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    本論文は, 1985年度に中国吉林省にて実施された『農村人口出産力と生活水準に関する調査』のデータを用い, 1971〜85年の期間における同省農村部の出生力水準と年齢・パリティ構造,および第二子・第三子出生の決定要因を分析したものである。吉林省農村部の出生力は, 1970年代〜80年代前半を通じて急激な低下をみたが, 1979年の「一人っ子政策」開始以前の低下は,主に30歳以上の既婚女性の出生力抑制によるものであった一方,同政策開始以降の低下は,主に20歳代の既婚女性による第一子出産後の出生力抑制のためにもたらされたと考えられる。生命表を用いた分析の結果,吉林省農村部の女性の殆どが結婚後比較的短期間に第一子を出産するというパターンが, 1970年代〜80年代前半を通じて共通していたのに対し,第二子および第三子出産パターンには,「一人っ子政策」開始以前と以後とで明らかな違いが見られた。1971〜79年に第一子を出産した女性の大部分がその後第二子を出産したのとは対象的に, 1980〜85年に第一子を出産した女性の中では,ごく一部の者しか第二子を出産していない。また第三子出産に関しても同様のパターンが見られるが,第二子出産と比較して,第三子出産の水準はかなり低くなっている。従ってこれらの分析結果から, 1980年以降の吉林省農村部において,「一人っ子政策」が第二子・第三子出生を抑制する強い影響力を持っていたことが示唆される。更に,ハザード・モデルを用いた分析の結果, (1)男児を少なくとも一人持つことと先に出生した子供の死亡とは,共に第二子・第三子出産に正に影響を与え,またこの関係は1971〜79年および1980〜85年の両方の期間に当てはまる。(2)出産年次と第二子・第三子出産との間には「逆J形」の関係が見られる。これは, 1971〜79年および1980〜85年の両期間において,第二子・第三子出産の確率は初め上昇するが,その後低下することを意味する。(3)母親の職業が農業であることは第二子出産に正の影響を持ち,また母親の教育程度は第三子出産確率を低下させ,特に1980〜85年の期間において,文盲の母親は中等教育を受けている母親に比べて,第三子出産の確率が高いことが見出された。
    抄録全体を表示
研究ノート
学界消息
書評・新刊紹介
追悼文
学会報告
feedback
Top