人口学研究
Online ISSN : 2424-2489
Print ISSN : 0386-8311
検索
OR
閲覧
検索
24 巻
選択された号の論文の30件中1~30を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
表紙・目次
論文
  • 辻 明子
    原稿種別: 本文
    24 巻 (1999) p. 1-13
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    人口高齢化は日本を含め先進諸国において共通の構造的特徴であり,またこの現象によって様々な問題が生じている。その一つとして,人口構造の変化に伴う扶養負担の増大をあげることができよう。そこで本研究ではこの扶養負担の変化について,労働力従属人口指数を用いた時系列的な分析を行った。将来にかけての労働力従属人口指数をみるために,2025年までの男女・年齢別将来労働力率を推計し,これをもとに将来労働力人口を導きだした。この将来労働力人口から将来の労働力従属人口指数を算出した。また,将来労働力率として,本研究で行った推計以外の既存の将来労働力率も用い,比較・検討を加えた。労働力従属人口指数によって扶養負担をみるならば,今後人口高齢化が更に進行した場合でも,扶養負担水準は過去にすでに経験した程度もしくはそれ以下であると予測される。1997年現在の扶養負担水準(86.0)は1955年以降最も低いものである。今後その値は上昇するものの2025年における水準103.5は,1970年前後のそれと同程度であり,1955年の112.0には及ばない。労働力従属人口指数の将来の水準は,将来の労働力率,ひいては「労働」にまつわる種々の問題と密接な関係にあることは明らかである。労働力従属人口指数からみる扶養負担とそこから導き出される種々の課題の前には,いわばこれから我々がどのような働き方をするのか,どのような働き方をする社会を構築していきたいのか,という本質的な問題が横たわっていることはまちがいあるまい。
    抄録全体を表示
  • 村越 一哲
    原稿種別: 本文
    24 巻 (1999) p. 15-31
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    江戸時代の都市を対象とした歴史人口学は史料的な制約があって難しい。しかし見方を変えて,町人とは階級の異なる大名を都市住民と考えることにより,彼らの分析が可能になる。武士階級に関しては宗門改帳とはタイプの異なる記録史料である系譜を利用することができるからである。17世紀後半から19世紀前半にいたる200年間の乳幼児死亡率を求めると,それぞれ乳児死亡率は,193.2パーミル,幼児死亡率は229.6パーミルである。両者ともに,18世紀後半から上昇しはじめ19世紀半ばには対象とする期間のなかでもっとも高くなった。その原因は,乳幼児を取り巻く環境の悪化だけでなく,母体のおかれた環境の悪化にある。このような環境の悪化の具体的な内容として,消化器系疾患の広がりが考えられる。18世紀以降,都市化の進展や高い人口の流動性が,まず都市のなかで人口密度の高い町人居住地区に消化器系疾患を広めた。続いてそれが人口密度の低い武士居住地区に広がったために,大名の乳幼児が多く死亡したと考えることができるのである。
    抄録全体を表示
研究ノート
学会消息
書評・新刊短評・新刊案内
追悼文
学会報告
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top