人口学研究
Online ISSN : 2424-2489
Print ISSN : 0386-8311
検索
OR
閲覧
検索
39 巻
選択された号の論文の28件中1~28を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
表紙・目次
論文
  • 小林 淑恵
    原稿種別: 本文
    39 巻 (2006) p. 1-18
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    循環モデルのフレームワークに基づき,家族形成期の日本女性を調査した『消費生活に関するパネル調査2』を用いて,1)結婚意欲と結婚行動の関係の検証,2)働く重要度と結婚行動の関係の検証を行った。1)では結婚意欲が個人属性と母親属性によって決定され,学歴や大都市居住,賃金率の上昇によって高められるが,未婚状態を継続することにより適応効果が働き,「必ずしも結婚しなくてよい」「結婚したくない」と意欲を下げて行くことが明らかとなった。また結婚意欲が実際の結婚行動に与える選択効果も支持され,結婚行動に直接影響する変数と,意欲を介して影響する変数の存在が確認された。2)では働く重要度の違いが結婚行動へ与える影響は見られず,選択効果は棄却された。また就業変化などの直接的な経験による適応効果は見られるが,結婚や出産などによる影響は見られない。これらの分析結果からは,家族形成と就業はどちらかを選択することで他方の重要度を下げるような関係ではないと言えるが,ここで用いた変数が就業と家族形成の狭間における女性の心の揺らぎを十分に把握できていないという可能性は否めない。
    抄録全体を表示
特集:国際セッション報告 (1)
研究ノート
学会消息
書評・新刊短評・新刊案内
学会報告
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top