人口学研究
Online ISSN : 2424-2489
Print ISSN : 0386-8311
41 巻
選択された号の論文の25件中1~25を表示しています
表紙・目次
会長講演
論文
  • 坂爪 聡子
    原稿種別: 本文
    2007 年 41 巻 p. 9-21
    発行日: 2007/11/30
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    本稿の目的は,男性の育児参加と子ども数の関係を理論的に説明することにある。従来の研究では,育児は女性だけが負担するものとされてきた。しかし,男性の育児参加も考慮すると,女性の賃金上昇により男性への育児の代替が行われ,女性の就業と男性の育児参加が促進され,同時に子どもの数が増加するケースが考えられる。本稿は,このケースが成立する条件を求めることにより,男性の育児参加促進が少子化対策として効果があるために何が必要か明らかにする。本稿のモデルは基本的にはBecker(1965)に従うが,子どもの生産に投入される育児時間について,男性と女性の時間をわける。そして,女性の賃金が,女性の労働時間と男性の育児時間と子どもの需要に与える影響について分析する。分析の結果,女性の賃金上昇の影響は,男女賃金格差に大きく依存していることがいえる。男女賃金格差の大きいときは,3変数が増加する可能性はほとんどない。女性の賃金が男性とほぼ対等であるとき,同時に男女の育児時間の代替可能性が高い場合,3変数がすべて増加する可能性が高い。
  • 林 玲子
    原稿種別: 本文
    2007 年 41 巻 p. 23-49
    発行日: 2007/11/30
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    2075年に世界人口は92億人の極値に達した後人口停滞となることが推測され(United Nations 2004a),またすでに日本のように人口減少が始まっている国も多く,今後の人口停滞,人口減少について正しく認識するためには,過去における人口動向についてより正しく理解する必要がある。世界人口の歴史的推移については,紀元1年の2-3億人のレベルが1000年まで続き,その後の緩慢な上昇を経て,近代の大きな増加に至る,といったコンセンサスが示されているものの,その推計に用いられている根拠は驚くほど少ない。本研究では,総人口の推計根拠となるデータとして都市人口に注目した。都市人口は,総人口よりも多くのデータを有し,得られるデータは比較的地域的・時代的な偏りが少ないからである。国連定義による「都市人口」は,1950年には世界総人口の28.9%であったが,それ以降大きく上昇し,2000年には46.7%となっている。一方,都市人口を「上位x位の都市人口」と定義し,x=10の場合(上位10位の都市人口)の総人口に占める割合(以下都市人口比率とする)を計算すると,1950年では2.7%であったところ,1970年に3.0%まで上昇するが,2000年には再び2.7%となり,ほぼ一定であるといえる。さらに,長期的にデータのある国について検討すると,中国,日本ではおおむね1900年まで,フランスでは1850年までの期間では,都市人口比率は一定に近いということがわかった。このことから,欧米では1800年,その他では1900年といった「境界年」以前の都市人口比率は一定であると仮定して,世界を8つの地域に分け,都市人口から総人口を計算した。計算された世界人口値は,レベル的には既存推計と近似しているが,これまでの推計では見られなかった非連続的な増減を示し,さらに中世のヨーロッパ人口が既存推計よりも少なく推計された。都市人口比率の一定性は,都市人口を順位別に対数プロットすると直線になるという「順位規模分布の法則」と,その規則性が小集落まで及ぶということから説明されうる。またその一定性に影響を及ぼす要因としては,順位規模分布の傾き,総集落数という変数が考えられ,さらに境界年における社会変化は長期にわたるその一定性に変化を与えた。計算された世界人口値は大きな地域区分により求められており,あくまでも暫定値であるが,本研究により,適切に定義された都市人口は総人口のよい指標になることが示され,総人口推計に対する都市人口データの有用性が示された。
研究ノート
  • 吉永 一彦
    原稿種別: 本文
    2007 年 41 巻 p. 51-60
    発行日: 2007/11/30
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    近年の特に壮年期の死亡率の著しい低下により壮年期から高齢期にかけての死亡率の形態が変化してきた。また,公表資料は,最近の精度の向上により先進国のほとんどで高齢の100歳あるいはそれ以上まで記載されるようになった。死亡率の数式表現の1つとしてHeligman-Pollardモデル(HPモデル)があるが,これは一般に年齢区間(0-85)に適用できるものであり,南條他(1999)によって高年齢の100歳まで適合できるモデルへ拡張された。本稿ではさらに精査し,高齢期を表現する項の見直し,また,壮年期を表現する項の低年齢層での無効化,さらに壮年期と高齢期における適合時の手法を改良した(HPEモデル)。適合性を確認するために日本を含む低死亡率国から任意に8カ国を選択し,それらの1980年と2000年の男女についてモデルへの適合性を調べた。1980年については男性の6カ国ではHPモデルでも適合できたが,他の2カ国と女性のすべてはHPモデルでは適合できず,HPEモデルが適合した。2000年については男女共にすべてがHPEモデルのみが適合した。また,パラメタの年次推移も比較的スムーズであり,試みとして日本人女性について多変量自己回帰モデルを用いてパラメタの補外をおこない,これにより将来の死亡率を推計した。
  • 菅 桂太
    原稿種別: 本文
    2007 年 41 巻 p. 61-73
    発行日: 2007/11/30
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
  • 増田 幹人
    原稿種別: 本文
    2007 年 41 巻 p. 75-85
    発行日: 2007/11/30
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
学界展望(日本における最近10年間の人口学研究の動向)
書評・新刊短評・新刊案内
追悼文
学会報告
feedback
Top