人口学研究
Online ISSN : 2424-2489
Print ISSN : 0386-8311
46 巻
選択された号の論文の43件中1~43を表示しています
表紙・目次
論文
  • 水落 正明
    原稿種別: 本文
    2010 年 46 巻 p. 1-13
    発行日: 2010/05/31
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    わが国の少子化の一因として,男性の家事・育児時間が少ないことが指摘されている。すなわち,男性の家事・育児参加の増加には,家計の出生コストを低減させ,出生力を高める効果があると考えられている。そこで本稿では,夫の育児分担が追加的な出生に対してどのような影響を与えるかについて,アメリカ,フランス,スウェーデン,日本,韓国の個票データを使って明らかにした。推定結果から,スウェーデン,日本,韓国において,夫の育児分担が追加出生意欲に正の影響を与えていることが明らかになった。さらに,夫の育児分担は,スウェーデンでは妻の意欲を,日本と韓国では夫の意欲を高めることがわかった。一方,アメリカ,フランスでは夫の育児分担の影響は確認できなかった。したがって,限定的ではあるが,わが国においても,夫の育児分担には追加出生を促進する効果があることが確認できた。また,このように各国間,男女間で異なる結果が得られた背景には,妻の就業状況や夫妻の育児に関する認識の差などがあると考えられる。が国の少子化の一因として,男性の家事・育児時間が少ないことが指摘されている。すなわち,男性の家事・育児参加の増加には,家計の出生コストを低減させ,出生力を高める効果があると考えられている。そこで本稿では,夫の育児分担が追加的な出生に対してどのような影響を与えるかについて,アメリカ,フランス,スウェーデン,日本,韓国の個票データを使って明らかにした。推定結果から,スウェーデン,日本,韓国において,夫の育児分担が追加出生意欲に正の影響を与えていることが明らかになった。さらに,夫の育児分担は,スウェーデンでは妻の意欲を,日本と韓国では夫の意欲を高めることがわかった。一方,アメリカ,フランスでは夫の育児分担の影響は確認できなかった。したがって,限定的ではあるが,わが国においても,夫の育児分担には追加出生を促進する効果があることが確認できた。また,このように各国間,男女間で異なる結果が得られた背景には,妻の就業状況や夫妻の育児に関する認識の差などがあると考えられる。
学界展望・学会消息
書評・新刊短評・新刊案内
学会報告
feedback
Top