人口学研究
Online ISSN : 2424-2489
Print ISSN : 0386-8311
検索
OR
閲覧
検索
5 巻
選択された号の論文の54件中1~50を表示しています
表紙・目次
論文
  • 黒田 俊夫
    原稿種別: 本文
    5 巻 (1982) p. 1-7
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    Population policy has been much concerned with fertility questions. In Western countries, population questions were heavily conditioned by the almost uninterrupted fall of the birth rate from the late nineteenth century until the end of World War II. In the 1930's, the net reproduction rates for many developed societies were below 1.0. A variety of pro-family and natalist measures were suggested and recommended, in order to do such things as raise the net reproduction rate to at least unity. However, since the 1940's, attitudes have changed considerably. There arose strongly determined attitudes against the understandably high rates of population growth in less developed nations. Population control and ideas for small family norms have been diffused all over the world, with few exceptions. Population policy seems to have been exclusively understood as policy regarding fertility questions, whether it has been pro-natalist or not. However, the 1974 World Population Conference precisely examined and considered population policy in every detail, defining its scope in a broad way, including not only fertility control, but also mortality, migration, age structure, and so on, and also emphasized that it should be incorporated into overall national development policy as integral part. At the beginning, population questions and policies in Japan were discussed. Pioneering work by Teijiro Ueda in the prewar days, and by Ryozaburo Minami in the post-war period were mentioned. Then, great attention was given to the scientific activities toward population policies which were conducted by the United Nations. Comprehensive analysis on population policies and movements in Europe by D. V. Glass, B. Berelson's work, and also E. D. Driver's theoretical study were discussed.
    抄録全体を表示
  • 大淵 寛
    原稿種別: 本文
    5 巻 (1982) p. 8-16
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    出生力の経済学は,1960年のベッカー論文以来数多くの理論的,実証的業績を生み出してきた。実証の多くは理論仮説を支持したが,一部はそれに反する結果を与えた。本論の目的は,戦後日本の出生力変動をベッカーに発するシカゴ・モデルとイースタリン仮説との双方によってどの程度説明しうるかを検証することにある。われわれが援用したシカゴ・モデルは,有給で雇用された妻のいる家計といない家計とでは男子賃金の変化に対する出生力の反応が異なること,そして雇用された妻の出生力は女子賃金の変化に対して反応することを明示的に表現している。テストの結果は統計的にぎわめて良好に思えたが,パラメーターの符号条件が理論前提に合致せず,残念ながらシカゴ・モデルは棄却された。他方,イースタリン仮説の適用はほぼ成功裡に行なわれた。仮説が含意する世代間の相対的経済状態を表わす尺度として,4種類の変量が用いられた。1つはコウホートの相対的大きさであり,これは出生力とまったく異なる動きを示し,適用力はないと判定された。しかし,相対賃金にかかわる他の3つの変量は出生力の変動とかなりよく合致し,十分説明力をもちうると認められた。以上の結果から,ベビー・ブーム後の出生力低下,その後の低水準と第2次ベビー・ブーム,そしてとくに注目を集めている最近の出生力低下はいずれもイースタリン仮説によって,すなわち親の世代に対する子供夫婦の相対的経済状態の変動によって十分に説明される。そしてさらに,今後の出生力回復も石油ショック後のような低成長下では期待しえないことも示唆された。
    抄録全体を表示
  • 阿藤 誠
    原稿種別: 本文
    5 巻 (1982) p. 17-24
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    After having maintained about replacement level for some 15 years, Japanese fertility has been declining since 1973. The application of decomposition technique to the decline in the crude birth rate between 1973 and 1980 clarified that 40% of the total change in CBR is explained by changes in age composition, 50% by the decline in proportions of couples married, and 10% by a short-term decline in marital fertility. The change in age composition in this period refers to the abrupt shrinkage of the younger cohort, which is most exposed to the prospect of marriage: those aged in then 20's. This is, in turn, an echo of the precipitous decline in birth just after the short-term "baby boom" in postwar years. If we take into account the historical steadiness of marriage throughout Japan, the decline in the proportions of those married would seem to be the postponement of marriage without any rise in the celibacy rate. Several factors are presumably conducive to the recent marriage squeeze, but the recent rise in high school and college enrollment rates for both men and women appears to be most responsible for it. It remains to be studied whether the disequilibration of the sex ratio among marriageable cohorts due to the abrupt change of the cohort size, the decline in substantive wage rates since the oil crisis of 1973, or changes in the social mechanism for selecting spouses (i. e., the decrease in arranged marriages), is causally relevent to the marriage squeeze. The cause for the short-term decline in marital fertility is difficult to discern. According to several recent fertility surveys of married women, there has been little change in completed fertility, fertility goals (measured by the total intended number of children), and fertility control behavior (which is measured by the proportion of contraceptive usage or induced abortion, the timing in the initiation of contraceptive usage, and the contraceptive methods used). Thus, the short-term decline in marital fertility, if any, is inferred to be temporary.
    抄録全体を表示
  • 伊藤 達也
    原稿種別: 本文
    5 巻 (1982) p. 25-33
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    戦後出生児数は,270万から160万の間で大きく増減している。1950年代後半から20年間2前後を推移していた合計特殊出生率は1978年以降再び低下をはじめ1980年に1.74となっている。ところで1970年代の夫婦完結出生児数は2.2児前後で大きな変化がみられなかった。また,出生の先行指数である結婚は,1950年代の出生減少による進学率上昇による前半の初婚確率低下すなわち未婚率の上昇がみられるものの,40歳代の未婚率が5%前後と安定しており,大きな変化がなかった。さらに出生の追加を中断させる離婚の危険も,離婚率上昇を相殺して余りある死亡率低下によって,結婚残存率は15年目で90%弱で安定していた。このように1人1人あるいは夫婦の人口再生産行動に大きな変化がみられないのに,年々の出生児数および合計特殊出生率に大きな変化がみられた原因を人口学的に解明するため夫婦出生率,結婚数(あるいは未婚女子人口と初婚確率),結婚残存率を主な変数とするマクロシミュレーションモデルを用いて,いくつかの計算をおこなった。その結果明らかになったことは次の点である。1)1960年代の出生児数の増加と合計特殊出生率の上昇は,20歳代前半の未婚女子人口の増加による初婚数増加によってもたらされた。2)1970年代の出生児数の減少は,出生児数が少なかった1960年代の女子が結婚と出産の適齢期に致達していることによる。合計特殊出生率低下は,夫婦出生率低下よりも,1950年代の出生減退による進学率上昇によるとみられる20歳代の初婚確率低下による未婚率上昇と有配偶率低下によるものである。3)将来夫婦の完結出生児が2児台,結婚率と結婚残存率が大きく変化しないと仮定すると,過去の出生変動によって,出生児数は80年代減少を続けるが90年代に増加に転じること,合計特殊出生率は1980年初期に上昇に転じ1990年代後半再び低下することがわかった。
    抄録全体を表示
  • 小川 直宏
    原稿種別: 本文
    5 巻 (1982) p. 35-42
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    筆者は以前に行なった研究に於いて日本の経済発展の初期における経験を現在のアジアの開発途上国へどのくらい適用できるかについて,明治期経済の計量的フレームワークを駆使して分析を行なった。しかし本研究においては,以前に行なった研究とは反対の視点から分析が行われた。つまり,現在のアジアの開発途上国のデータを基にし,計量的フレームワークを構築し,それに基づき日本の明治期の人口学的変動を外生的に導入することにより明治日本の経済発展経験と現在のアジアの開発途上国の開発問題の類似点及び相違点を明らかにすることを試みたものである。ここで作られたモデルは,逐次型のモデルであり,1970年のアジアにおける14の開発途上国のデータを基にし組み立てられている。このモデル分析のシミュレーションの主要な結果の一つは,日本の経済発展の離陸期に見られた経済構造は,アジアの開発途上国で現在見られる経済構造と大きく異なることである。この研究結果は,多くの開発経済の専門家が過去において日本の経済発展の離陸を『驚異的』なものとしてきたことが妥当であることを示している。第二点としては,経済構造のみならず明治期の人口変動は現在の開発途上国のそれと相当に異なることが明らかとなった。明治期の人口変動のユニークさの主要因は死亡率の改善に見られる。これは明治日本においては,死亡の緩やかな低下が経済発展の過程として起こったものであるが,現在のアジアにおける開発途上国の死亡率低下は進んだ医学技術や公衆衛生の手段が先進国から導入されることにより達成されたという事実を反映している。第三の主な研究結果としては,明治日本の出生力低下のメカニズムは,アジアの開発途上国で現在見られる出生力低下のそれと極めて類似点が多いことが分析により示されたことである。この点に関して,明治期の出生変動に関する今後の研究はアジアの開発途上国での出生力低下の達成に大いに貢献する可能性があることを示唆している。
    抄録全体を表示
  • 岡崎 陽一
    原稿種別: 本文
    5 巻 (1982) p. 43-48
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    In order to clarify the features of migration according to regions, this author aims to use several indicators. For measuring quantities of migration, it is possible to use 'the total net migration rate' and 'the total gross migration' rate calculated upon sex-age specific net migration rates for the regions. And for defining patterns of migration, it is possible to devise 'general migration patterns' and 'migration patterns for major age groups.' In this report, the total net migration rate and general migration patterns are examined by shi (city), cho (town) and son (village) in Miyagi prefecture for two periods, 1960-65 and 1970-75. The indicators are calculated for each sex and region. In the attached table only male indicators are shown. Comparing the two periods, it is recognized that the number of regions which have a positive total net migration rate definitely increased in the latter period, and also the absolute value of the total net migration rate increased. In addition, the number of regions which have pattern A and B increassed in the latter period. In the general migration pattern, pattern A means that the highest net migration rate is found in the younger age group (less than 40 years) and also that the lowest net migration rate is found in the younger age group. Pattern B means that the highest net migration rate is found in the younger age group, and the lowest net migration rate is found in older age group (more than 40 years).
    抄録全体を表示
  • 鈴木 啓祐
    原稿種別: 本文
    5 巻 (1982) p. 49-56
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    都市の順位規模法則は,今日,一般にlog P=-a log R+bという式によって示されている。ただし,Pは,都市の人口,Rは都市人口Pの人口最大の都市からの順位,aおよびbはパラメーターである。この論文においては,1960, 1965, 1970,および1975年のわが国全体の都市人口に対してこの法則をあてはめると同時に,これらの年における,わが国の9地域(北海道,東北,関東,中部,近畿,中国,四国,九州,沖縄)の都市人口に対してもこの法則をあてはめてみた。その結果,わが国全体の都市人口に対しても,また9地域内の都市人口に対しても,この法則がきわめてよくあてはまることが知られた。このことから,わが国における都市人口の分布は,順位規模法則を通して見るかぎり,地域的に均質な構造をもっているということがいえる。ところで,このような解析をおこなう場合,検討しておかなければならない問題は,一国の内部の2つ以上の部分的な地域内の都市人口が,同時に,順位規模法則に従って分布し得るかどうかという問題である。理論的な検討の結果,一国全体の都市人口が順位規模法則に従うという条件と,さらにもう1つの追加的条件が満たされたとき,2つ以上の地域における都市人口が同時にこの法則に従うことが可能であるということが見いだされた。わが国の都市人口においても,上記のような条件が満たされているため,地域的都市人口が順位規模法則に従うという結果が得られたといえよう。
    抄録全体を表示
  • 原稿種別: 文献目録等
    5 巻 (1982) p. 57-60
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
研究ノート
学界消息
学会報告要旨
書評
feedback
Top