人口学研究
Online ISSN : 2424-2489
Print ISSN : 0386-8311
検索
OR
閲覧
検索
8 巻
選択された号の論文の84件中1~50を表示しています
表紙・目次
論文
  • 安蔵 伸治
    原稿種別: 本文
    8 巻 (1985) p. 1-10
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    同時出生集団の規模の変化は,のちの社会経済的状況のみならず,出生,あるいは婚姻といった人口学的諸要因にも変化をもたらす。特に婚姻については,異なる規模の同時出生集団が結婚市場に参入することによって結婚難を生ずる。結婚難の概念は1950年以降,米国において発展したが,その尺度に関しては十分な発展をとげていない。本稿では性比をもとにした尺度と,婚姻率をもとにしたR. Schoenの尺度に関し,その妥当性を考察した。また我が国のデータをもとに数種の尺度を算出し,それらを比較検討してみた。性比の結婚難尺度は,結婚適齢期人口の性比とされるが,従来の考え方は,その適齢期の決定に問題がある。適齢期を一定にし,時系列で比較した場合,結婚における年齢選好の時間的変化ならびに社会的変化をも無視することになるからである。また,性比の尺度は,婚姻における様々な年齢の組み合わせを無視する。これに比べ,Schoenの尺度は,観察しうるすべての組み合わせを考察に入れ算出されるのみならず,男女の独身率(あるいは未婚率)の差を両性の婚姻率と比較することによって計測できるので,結婚難の状況を明確に示すことのできるものといえよう。我が国の場合,どの方法を用いても,1950年代から60年代後期までは,女子の結婚難であった。1950年代の厳しい女子の結婚難は第2次大戦における結婚適齢期男子の損失が大きな原因であり,1960年代後期には,戦後のベビーブーム世代の女子が男子よりも先に結婚市場に参入したためにおこったと考察できる。1970年代以降は,男子が結婚難の状況にある。ベビーブーム世代の男子の結婚市場への参入,そして女子の教育水準の上昇による結婚の延期が原因と考えられる。
    抄録全体を表示
  • 鈴木 啓祐
    原稿種別: 本文
    8 巻 (1985) p. 11-20
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    国勢調査の結果によれば,わが国では,1920年以来人口の都市地域への集中が持続して来た。この人口の都市集中傾向は,太平洋戦争の際に一時弱まったが,戦後になってふたたび顕著に現れた。ここでは,市部人口の全人口中に占める割合(市部人口構成比率)によってこの人口の都市集中傾向を定量的に分析してみた。全国ならびに本州,本州以外の地域,北海道,四国,および九州における市部人口構成比率は,1920年から1980年までの間,それぞれロジスティック曲線に沿った変化を示した。実際に全国ならびに各地域の市部人口構成比率の1920年から1980年までの時系列ならびにそれらの時系列の戦後の部分に対してロジスティック曲線をあてはめてみたところ,1920年から1980年までの各時系列では,全国および北海道を除いた各地域の時系列が,また戦後における各時系列では,全国およびすべての地域の時系列がロジスティック曲線によって表現され得た。ここで問題となることは,ロジスティック曲線がすべての地域の市部人口構成比率の時系列,あるいは一部の地域のそれにあてはめられ得るとき,同時に全国の市部人口構成比率の時系列にもこの曲線があてはめられ得るかということ(いわば,ロジスティック曲線の集計問題)である。この点について考察した結果,「すべての地域,あるいは大部分の地域の市部人口構成比率の時系列に対して『特定のパラメーターがそれぞれある一定の値に近い値をもつロジスティック曲線』があてはめられ得る」という条件が満たされているならば,すべての地域,あるいは部分的地域の市部人口構成比率の時系列ならびに全国のそれに対して同時にロジスティック曲線があてはめられ得るということが理論的に明らかにされた。
    抄録全体を表示
  • 山口 三十四
    原稿種別: 本文
    8 巻 (1985) p. 21-30
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    Conventional wisdom today follows Malthus in viewing the economic effects of population growth negatively. However Simon [1977] has challenged this view, predicting that population growth will have a positive effect on per capita income, at least in the long run. The researches of Minami-Ono [1971, 72, 75] and later works of Kelley-Williamson [1974] support this optimistic view. On the contrary, the works of Ogawa-Suits [1982] and the earlier works of Kelley-Williamson [1971] showed population to have large negative effects. In this paper an attempt is made to investigate these opposite views by using a general equilibrium growth accounting and some simulation techniques. Considering per capita income growth, it is clear that the direct contribution of population growth is negative while that of labor growth is positive. Less obvious are the positive indirect contribution of population and labor growth through the influences of population and labor on the rate of technical change in either sector. We measured the total contribution (direct contribution 4- indirect contribution) of population cum labor on per capita income by using a two sector growth accounting model. The calculated result shows that the total contribution of population cum labor growth tended to be negative in the decades 1880-1930 and positive in the decades 1930-70, with the exception of 1940-50. However, over the total period (1880-1970) population cum labor growth on average tended to make a positive contribution to per capita income growth. The research of Ogawa-Suits covers the period of 1885-1920, the one of Minami-Ono includes the period of 1930's which has a large positive population effect. This would be one of the reasons why we get these two opposite opinions for Japanese economic development. Another reason why Minami-Ono and Kelley-Williamson have such an optimistic view may come from the constant labor participation rates (i. e., they treat population and labor as identical).
    抄録全体を表示
  • 山本 文夫
    原稿種別: 本文
    8 巻 (1985) p. 31-40
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
    We set up the hypothesis that the changes of mortality are progressing with the changes in socio-cultural phenomena. The grouping of socio-cultural indices by sex from the 1920's to 1975 in Japan is used as the explanatory variable (X), and the stationary mortality rate by sex in the above years is employed as the dependent variable (Y). We set up the working hypothesis that a multiple correlation exists between X and Y. We employ correlation and multiple regression analysis, principal component and factor analysis and path analysis to prove this hypothesis. In the structure of component variables to explain the variances in Y, rate of second level school attendance, physicians rate and urbanization rate for male or female have greater contributions than the other variables. But examining the partial correlation coefficients, the indices having the most striking influences on Y for male or female are found to be related to those of education, economy and urbanization. The indices relevant to industrialization and health have less influence than the above, and have differences in the weight of influences between male and female. Our conclusion, after testing the working hypothesis, is that the changes of mortality by sex are influenced by the changes of socio-cultural factors. Thus, we can regard the above hypothesis as largely proved by the data of Japan in the above years.
    抄録全体を表示
  • 原稿種別: 文献目録等
    8 巻 (1985) p. 41-43
    公開日: 2017/09/12
    ジャーナル フリー
研究ノート
シンポジウム
学会消息
書評・新刊紹介
追悼文
学会報告
feedback
Top