日本砂丘学会誌
Online ISSN : 2434-9291
Print ISSN : 0918-5623
最新号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
  • 徳本 家康, 藤巻 晴行
    2021 年 67 巻 2 号 p. 69-77
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/05/03
    ジャーナル 認証あり
    The shaft tillage cultivation method is a no-tillage method for transplanting seedlings in an artificial macro-pore that facilitates placement of the crop roots much deeper than weeds. To test the effectiveness of this shaft tillage method on Chinese cabbage, column cultivation experiments were carried out. Then, water flow experiments were conducted to observe the process of root growth and water flow around an artificial macro-pore (8 mm diam., 20 cm long)under drip irrigation. Column experiments showed high density roots in the artificial macro-pore. The dry matter content of roots and leaves were found to be higher after use of the shaft tillage method as compared to the method without an artificial macro-pore. As determined in the water balance analysis of water flow experiments, most of the water uptake came from roots in the lower depth of the soil profile, suggesting important contributions of the high density roots to transpiration. Additionally, in the macro-pore experimental condition, we observed preferential water flow through the high density roots, indicating a shift to deeper sources of water for plant growth.
  • 馬場 貴志, 中川 卓也, 蕪木 絵実, 藤山 英保
    2021 年 67 巻 2 号 p. 79-85
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/05/03
    ジャーナル 認証あり
    ヒユ科の塩生植物である Salicornia bigelovii は,高 pH 環境下においても鉄吸収し健全に生育する。本研究では,高 pH 条件下での S. bigelovii の鉄吸収機構について調査した。pH5.0および pH8.5条件下における S. bigelovii の鉄含有率に違いはなかった。pH8.5条件下において,S. bigelovii は培養液のpH を大きく低下させ,短時間に陰イオンよりも陽イオンを吸収した。この酸性化は,Na 吸収にともなうプロトンの根圏への分泌による可能性があった。pH5.0および pH8.5条件下において,三価鉄還元酵素(FR)活性はホウレンソウでは低下するのに対して,S. bigelovii では同程度であった。このことは,S. bigelovii は高 pH 条件下においても,高い FR 活性を維持できることを示しているかもしれない。つまり,S. bigelovii はプロトンの分泌による外部環境の pH 低下だけでなく,高 pH 耐性のある FR をもつため,高 pH 条件下においても鉄を吸収できるのかもしれない。
feedback
Top