環境技術
Online ISSN : 1882-8590
Print ISSN : 0388-9459
検索
OR
閲覧
検索
36 巻 , 7 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
研究論文
  • 黄 笑宇, 松本 明子, 大西 章博, 坂本 勝, 藤本 尚志, 鈴木 昌治
    36 巻 (2007) 7 号 p. 501-508
    公開日: 2008/12/25
    ジャーナル フリー
    本研究では, 生ごみを発酵基質として安定的に水素を生産する微生物群の探索を試みた. 下水汚泥コンポスト中の微生物群を用いることで, 安定した生ごみの水素発酵が可能であることが確認された. 集積培養過程の微生物相をFISH法とPCR-DGGE法により解析した結果, Clostridium 属の菌種が水素発酵の主役を担っているものと考えられた. また, この他にBacillus 属グループの菌種の存在が確認された. Bacillus 属グループの菌種は生ごみの水素発酵過程においてClostridium 属の水素発酵能の安定化に寄与するものと考えられた. また, 集積した微生物群を用い, pH6.0に制御して生ごみの水素発酵を行った場合の水素収率は2.03mol-H2/mol-hexoseであった. 下水汚泥コンポスト中の複合微生物群は生ごみを基質とした水素発酵システムの植種微生物源として有効であるものと考えられた.
    抄録全体を表示
技術報告
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top