環境技術
検索
OR
閲覧
検索
37 巻 , 11 号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
調査報告
  • 山本 勝彦, 和田 峻輔, 高見 勝重, 服部 幸和
    37 巻 (2008) 11 号 p. 793-798
    公開日: 2011/03/31
    ジャーナル フリー
    2007年5月8日から9日にかけて, 西日本を中心に発生した光化学オキシダントの広域的な高濃度は, 東アジア規模の広域移流が寄与していると考えられている.大阪府でも, 5月9日, 南部の地域に高濃度が発生した.このうち最南部の泉南地域 (低NOX地域) では, 9日の午後から10日の未明にかけて高濃度が持続する現象が起こった.これは, 西日本の多くの局に共通して起こっており, 同じ広域移流の影響が推測される.また, 高NOX局においては, 昼間に高濃度を示すが, 夜間には濃度が低下している.これらの局について, ポテンシャルオゾンの経時変化を見ると, 泉南地域と同じパターンを示した.このことから, この大阪府でのオキシダント高濃度イベントは, 東アジア規模の広域移流の影響を受けたものであると判断できる.これは, 後方流跡線解析の結果とよく合致する.また, 高NOX地域については, 移流によるオキシダントが, 夜間にO3-NO反応によりO3が消失し, 見かけ上濃度が低下したものと判断できる.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top