環境技術
検索
OR
閲覧
検索
39 巻 , 10 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
技術報告
調査報告
  • 奥川 光治, 黒田 吉宏, 鎌谷 綾乃, 川上 智規
    39 巻 (2010) 10 号 p. 611-617
    公開日: 2011/10/26
    ジャーナル フリー
    アンダーセンサンプラーを用いて粒径で分級して採取した総浮遊粉じんに含まれるPAHsの粒径分布特性を明らかにした.調査地点は富山県中央部の都市近郊であり,通年の季節変化を解明し,次の知見が得られた:(1)総PAHs濃度は冬期に高く,夏期に低下した.(2)総PAHs濃度は1年を通して3.3μm以下の微小粒子で高かった.最も濃度の高い粒径区分は11月では0.43~0.65μm,12~3月は0.65~1.1μm,4~10月は0.43μm以下であった.(3)組成について見ると,冬期はBenzo[e]pyrene, Benzo[e] acephenanthryleneと低分子量PAHsが多く,どの粒径区分も類似の組成であった.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top