環境技術
Online ISSN : 1882-8590
Print ISSN : 0388-9459
検索
OR
閲覧
検索
41 巻 , 10 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
研究論文
  • 市川 陽一, 吉田 葵
    41 巻 (2012) 10 号 p. 620-628
    公開日: 2013/04/03
    ジャーナル フリー
    戦略的環境影響評価の導入により,事業計画の早い段階で,複数案の環境影響評価が求められるようになった.計画段階の環境影響評価では,多少精度は悪くても簡便な予測手法が有効である.本研究では,道路事業と火力発電事業の大気質を例に簡便な予測手法を提案した.提案手法は,窒素酸化物と粒子状物質の排出量だけから, それらの濃度を年間の大気拡散シミュレーションを実施することなく算定する.排出量と濃度の関係は既存の環境影響評価図書のデータを解析して求めた.本手法は年間の気象観測を必要としない利点がある.現行の環境影響評価手法との差は気象条件などによって2倍程度であり,スクリーニングや複数案の検討に十分適用可能と考える.また,本手法は緊急を要する災害復旧時のアセスメントにも有効である.
    抄録全体を表示
  • 山越 裕司, 神子 直之
    41 巻 (2012) 10 号 p. 629-635
    公開日: 2013/04/03
    ジャーナル フリー
    水処理用流水型UV照射装置は,微生物の不活化を目的に,多方面の産業分野や公共事業で用いられている.この装置を設計するためには配光特性と流動様式を把握する必要がある.しかしながら,装置の性能を評価するには装置製作と通水試験が必要である.また,数値解析シミュレーションソフトで流動様式を計算する手法があるが,第三者の検証ができない問題がある.そこで,ここでは流水型UV照射装置の設計法を開発することを目的に,円筒形反応器の中心にランプスリーブを置いた Annular 型紫外線照射反応器を用いて処理水の透過率を因子に枯草菌芽胞体の不活化試験を行い,試験結果と解析結果を比較した.解析モデルとして,配光特性には拡散光モデルを用いた.また,流れモデルとしては層流栓流モデルを提案し,試験結果と一致することが確認できた.本装置の場合,装置性能は装置内壁近傍で説明でき,効果の推算に用いることの有用性が示された.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top