環境技術
検索
OR
閲覧
検索
42 巻 , 9 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
研究ノート
  • 山本 秀樹, 荒木 貞夫, 井上 元, 林 幸生, 松原 圭, 中山 紀彦
    42 巻 (2013) 9 号 p. 548-552
    公開日: 2013/09/30
    ジャーナル フリー
    本研究はフッ素系地球温暖化ガスであるHFC-134aをCa化合物と化学反応により分解処理し,その反応生成物中のCaF2を高純度化する,新しい資源再生プロセスを提案する.Ca化合物には炭酸カルシウムの製造過程で粒子径や粒子形状が規格外のため廃棄される残渣(主成分:Ca(OH)2,CaCO3)を用い,HFC-134a の分解において99.9%の高い分解率が得られた.HFC-134a と残渣が反応した後の得られた生成物には20.1%のCaF2が含まれており,炭素の析出が観察された.そこで,炭素成分を除去しCaF2の高純度化のために,焼成処理とHF-HCl 系混酸廃液による溶解・析出プロセスを検討した.混酸廃液中のFの回収率は98.6%であり,XRF の結果からCaF2の純度は約97wt%と高い純度で回収することができた.
    抄録全体を表示
技術報告
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top