環境技術
検索
OR
閲覧
検索
43 巻 , 4 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
研究ノート
研究論文
  • 東 剛志, 菅原 民枝, 中田 典秀, 山下 尚之, 三野 芳紀, 田中 宏明, 大日 康史
    43 巻 (2014) 4 号 p. 226-232
    公開日: 2014/05/13
    ジャーナル フリー
    本研究は,下水処理場に流入する流入下水中のインフルエンザ治療薬のタミフル及びリレンザの濃度をモニタリングすることにより,ある地域におけるインフルエンザ患者数を把握することが可能であることを示した最初の報告である.まず,2010-2011年及び2011-2012年におけるインフルエンザの流行シーズンに,京都市において流入下水中のタミフル及びリレンザの濃度を継続モニタリングした結果に基づいて,同市におけるインフルエンザ患者発生数を推計した.次に,処方せんに記載された医薬品情報の集計を元に疾病の流行を把握する,薬局サーベイランスによるインフルエンザ患者数との対応性について比較検討した.その結果,両者の相関関係が高く増減推移や患者数に良い一致をみた.これらの結果は,下水処理場に流入する薬剤を基に特定疾患の患者数の推定を行う手法が,新しい疫学調査法として有効であることを示唆している.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top