環境技術
検索
OR
閲覧
検索
43 巻 , 8 号
選択された号の論文の1件中1~1を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
研究論文
  • 岡田 誠之, 前田 信治, 武藤 暢夫
    43 巻 (2014) 8 号 p. 486-495
    公開日: 2014/09/13
    ジャーナル フリー
     処理に影響する沈殿分離の要因の抽出を行い,この要因について流入管の長さ,流出管の長さ,1槽,2槽の組み合わせ等の条件を挙げた.実験評価は槽内の水の流れを,押し出し流れとして評価するMorril 指数を用いて検討を行った.さらに擬似汚泥としてトイレットペーパを用いてSS の流出濃度,堆積物の境界を写真撮影,ローダミンBによる可視化も行った. 沈殿分離槽の1槽における流入管・流出管の管長等を総合的に評価すると,阻流板を設けない流入管2/3・流出管1/3の組み合わせが推奨される結果となった.また1槽と同じ容積を2槽に区分した場合は流入管・流出管による移流で容積比0.5が推奨されることが明らかとなった.
    抄録全体を表示
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top