環境技術
Online ISSN : 1882-8590
Print ISSN : 0388-9459
検索
OR
閲覧
検索
44 巻 , 12 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
研究論文
  • 熊見 彰仁, 大隅 省二郎, 貫上 佳則
    44 巻 (2015) 12 号 p. 667-675
    公開日: 2016/03/26
    ジャーナル フリー
     芳香族化合物を含む排水の高濃度,高負荷処理を可能にするため,付着担体を用いた生物膜法(接触酸化法)による処理性能を評価した.従来の活性汚泥法と比べ,フェノール濃度1,500㎎/L,クレゾール濃度1,000㎎/L各々に対する除去速度が3倍以上に増大し,また,クレゾール濃度1,500㎎/Lにおいては,耐性に優位性が見られた.芳香族化合物を含む化学工場排水を使用した連続試験において,単位時間・容積あたりのCODCr (Chemical Oxygen Demand:化学的酸素要求量)除去量約6.5㎏/m3/dの高負荷処理が 約50日間にわたって可能であることを実証した.この優位性の要因を微生物の遺伝子解析により考察した 結果,本法により菌叢が大きく変化し,Alcaligenes属が選択的に増殖していることがわかった.さらに,13Cで標識したフェノールを用いた処理試験により,フェノール除去性能に大きく寄与している微生物種がAlcaligenes 属であることを見出した.
    抄録全体を表示
調査報告
    • |<
    • <
    • 1
    • >
    • >|
feedback
Top