日本アスレティックトレーニング学会誌
Online ISSN : 2433-572X
Print ISSN : 2432-6623
最新号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
特集
  • 宮下 浩二
    2019 年 4 巻 2 号 p. 109
    発行日: 2019/04/30
    公開日: 2019/11/13
    ジャーナル フリー
  • 花岡 美智子
    2019 年 4 巻 2 号 p. 111-119
    発行日: 2019/04/30
    公開日: 2019/11/13
    ジャーナル フリー

    In handball players, shoulder joints and elbow joint injuries are less than lower limbs. However, in overuse injury, shoulder joints occur frequently.

    Also, ‘handball goalie’s elbow’ can be cited as the trauma of the elbow joint generated in the handball. This is an injury that is commonly found in the goalkeeper, and injuries occur when the elbow is forcedly hyperextended.

    The causes of these injuries are caused by functional changes due to frequent throwing motion, “Glenohumeral internal rotation deficit (GIRD)”, “Decrease of external shoulder joint force”, “Scapular dyskinesis (Motion abnormality of shoulder blades)” and technical factors are considered to be related.

    Stretching as a prevention method is effective in acquiring and improving the range of motion, training with bands and tubes, strength training such as pushups is also effective for strengthening muscles.

    However, it is difficult to lead fundamental injury prevention merely by being transiently performed after injury. The training effect seems to be greatly influenced by how much team and athletes can be motivated and consciously trained.

  • 越田 専太郎
    2019 年 4 巻 2 号 p. 121-126
    発行日: 2019/04/30
    公開日: 2019/11/13
    ジャーナル フリー

    Judo has been recognized as a high-risk sport for shoulder and elbow injuries. However, there is a lack of scientific evidence regarding their prevention strategies. Also, to the author’s knowledge, there is no intervention study aiming for the prevention of shoulder and elbow injury for judo athletes. Therefore, this overview paper provides current information regarding the epidemiology, common pathology, and injury situation/mechanisms of judo-related shoulder and elbow injuries. In addition, based on previous epidemiological data, the author suggests a possible prevention strategy for the injuries, and the future direction of judo injury prevention research.

    In judo, glenohumeral (GH) joint injuries (including the GH anterior dislocation), acromioclavicular joint separation, and fracture of the clavicle are the most common acute types of shoulder injuries, whereas elbow posterior dislocation and ulnar collateral ligament (UCL) injury are the most common acute types of elbow injuries. Chronic-overuse elbow injuries are also common in judo athletes, especially occurring on the turite side (the side on which the sleeve is grabbed).

    It has been reported that judo-related shoulder and elbow injuries frequently occur when falling on an outstretched arm (i.e. FOOSH mechanism) or a shoulder directly. Furthermore, arm lock techniques are the frequent cause of acute UCL injuries. Seoi-nage techniques may be associated with the occurrence of both acute and chronic types of shoulder injuries as well as chronic elbow injuries in judo athletes.

    Recognizing the high-risk situation and improving the breakfall (i.e. ukemi) may play an important role in preventing judo-related shoulder and elbow injuries from occurring. Likewise, young judo athletes who overuse seoi-nage techniques need to be identified, due to the greater risk of elbow injury associated with these actions.

  • 岩本 紗由美
    2019 年 4 巻 2 号 p. 127-135
    発行日: 2019/04/30
    公開日: 2019/11/13
    ジャーナル フリー

    テニスはスイング動作があるため,上肢傷害に着目され,特に“tennis elbow(テニス肘)”はその代表である.しかし,疫学的研究ではスキルレベルによって発生する傷害傾向は異なる.本稿では例をあげて病態,受傷機転と対処法について報告する.加えて,近年,テニス肘の受傷機転が変わってきているため実際の一例をあげて解説した.予防については,スイング動作の「動きづくり」という視点でいくつかのエクササイズを提案した.

  • 宮下 浩二
    2019 年 4 巻 2 号 p. 137-145
    発行日: 2019/04/30
    公開日: 2019/11/13
    ジャーナル フリー

    投球障害予防に関する研究は多く,日本国内でも様々な投球障害予防の取り組みが試行されてきた.その一方で,投球障害を生じる若年野球選手の数は多く,さらに増え続けているとも報告されている.

    様々な機能低下が投球障害の原因か?結果か?または投球動作への適応か?ということの判断は容易ではない.より良い判断のためにはスポーツ現場における経時的な評価や観察が重要となる.その経時的な変化を評価し,障害発生を予測し,対応することが最も重要である.

原著
  • 吉田 成仁, 高嶋 希, 皆川 陽一, 脇 英彰, 山本 純, 小林 直行
    2019 年 4 巻 2 号 p. 147-153
    発行日: 2019/04/30
    公開日: 2019/11/13
    ジャーナル フリー

    トレーニングを安全に効果的に実施するには,目的に合わせたトレーニング負荷で実施することが求められる.本研究は,サイドブリッジの足の高さや不安定性を変化させた時の筋活動を明らかにすることを目的とした.健常な大学生を対象とし,安定した床(安定面),台上安定面,バランスディスク(不安定面),台上のバランスディスク(台上不安定面)に足を置いて実施する4種類のサイドブリッジを行い,実施時の筋活動を比較検討した.台上に足を挙げると中殿筋の活動が低下し,不安定面に乗せると体幹筋の活動が増加することが示唆された.高さは中殿筋の活動量,不安定性は体幹筋の活動量に影響を与える可能性がある.

  • 宮下 浩二, 播木 孝, 小山 太郎, 太田 憲一郎, 谷 祐輔, 衛門 良幸
    2019 年 4 巻 2 号 p. 155-161
    発行日: 2019/04/30
    公開日: 2019/11/13
    ジャーナル フリー

    後方動揺性がある肩関節の外旋筋群に対するストレッチングにより外旋筋力に与える影響を分析した.対象は大学生20名とし,肩後方動揺性が陰性の安定群(10名)と陽性の動揺群(10名)に分類した.肩外旋筋力測定は,抵抗下外旋運動の前,後およびsleeper stretch後の順に計3回実施した.抵抗下外旋運動前の筋力を100として他の筋力を換算した.安定群は抵抗下外旋運動後93±10,ストレッチング後105±13だった.動揺群は同様に92±10,95±10だった.ストレッチング後に動揺群が安定群より有意に低かった.安定群では抵抗下外旋運動後よりもストレッチング後に有意に増加した.肩後方動揺性を有する場合,外旋筋群のストレッチングの実施により抵抗下外旋運動後に低下した筋力が回復しない可能性があると示唆された.

実践報告
feedback
Top