育種学研究
Online ISSN : 1348-1290
Print ISSN : 1344-7629
ISSN-L : 1344-7629
13 巻 , 1 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
原著論文
  • 阿部 利徳
    2011 年 13 巻 1 号 p. 1-10
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/03/11
    ジャーナル フリー
    ダダチャマメ系の10品種の特性を2007年および2009年の両年にわたり解析した.ダダチャマメ系品種は夏ダイズ型に属し,ほとんどの品種は胚軸の色が緑で白花であったが,2品種は胚軸の色が紫を帯び紫花であった.成熟期のダダチャマメ系品種の種皮は褐色であり,粒形は扁楕円体で種皮に皺があるが,皺の程度には品種間差異が認められた.エダマメの調査は開花35日後(100粒重は成熟期の55日後)に行ったが,2007年と比較し2009年は開花が5~6日遅れ,また,収量に関係する形質は2009年の方が良好であり,さらに顕著な品種間差異が認められた.開花までの日数と収量に関係する形質,すなわち全重,莢付き重,1株莢数および1株莢重などの形質と高い有意な正の相関があった.また,主茎節数と全重や1株莢数などの形質との間にも有意な相関が認められた.中生の代表的な品種である白山ダダチャの1株莢重は140~185 g程度であった.食味に関係する成分として,エダマメ中の遊離アミノ酸および糖を分析した結果,遊離アミノ酸として, γ-アミノ酪酸(GABA),α-アミノ酪酸(AABA)およびオルニチンを含めて23種の遊離アミノ酸が検出された.分析に用いたダダチャマメ系品種のエダマメにはいずれの年にも,全遊離アミノ酸が新鮮重100 g当たり800 mg以上含まれ,ダダチャマメ系以外の2品種より多かった.遊離アミノ酸に占めるグルタミン酸,アスパラギンおよびアラニンの3種のアミノ酸の割合は55%であった.またエダマメに含まれる糖には,スクロース,グルコース,フルクトースおよびイノシトールの4種が認められた.このうちスクロースは平均して全糖の85%を占めた.ダダチャマメ系品種は,両年ともに新鮮重100 g当たり約4~5 gを含有していたが,ダダチャマメ系品種以外のエダマメの2品種は,3 g前後であり明らかな品種間差異が認められた.また,全遊離アミノ酸および全糖含量の間には高い正の相関が認められた.
  • 黒木 慎, 斎藤 浩二, 松葉 修一, 横上 晴郁, 安藤 露, 佐藤 裕, 安東 郁男, 清水 博之
    2011 年 13 巻 1 号 p. 11-18
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/03/11
    ジャーナル フリー
    イネ系統「北海PL9」(穂ばらみ期耐冷性が極強)と「北海287号」(やや強)の組換え自殖系統群を用いて,穂ばらみ期耐冷性に関する量的形質遺伝子座(quantitative trait locus: QTL)解析を行った.穂ばらみ期耐冷性は冷水深水処理後の稔実率の逆正弦変換値(稔実指数)で評価した.その結果,既報の穂ばらみ期耐冷性QTL, qCTB8と同じ第8染色体短腕領域にqCTB8.1を検出したのに加えて,新たに第1染色体に2種類のQTL, qCTB1.1およびqCTB1.2を検出した.いずれのQTLにおいても「北海PL9」の対立遺伝子が稔実指数を増加させ,組換え自殖系統群の全変異に対する寄与率はそれぞれ14.2( qCTB8.1),18.8(qCTB1.1)および11.8%(qCTB1.2)であった.さらに,穂ばらみ期の耐冷性評価に大きく影響を与える形質である出穂期および稈長についてもQTL解析を行い,出穂期に関しては第2および第3染色体に,稈長については第1,第2,第3(3ヶ所),第8,第9(2ヶ所)および第11染色体にQTLsを検出した.出穂期および稈長に関するQTLの染色体上での位置は,穂ばらみ期耐冷性QTLとは一致しなかった.検出された穂ばらみ期耐冷性QTLsの集積効果を明らかにするために,3種類のQTLsの遺伝子型別に稔実指数を比較したところ,「北海PL9」型対立遺伝子に稔実指数を相加的に向上させる効果が認められた.
feedback
Top