日本生物学的精神医学会誌
Online ISSN : 2186-6465
Print ISSN : 2186-6619
26 巻 , 3 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 鈴木 道雄
    2015 年 26 巻 3 号 p. 127
    発行日: 2015年
    公開日: 2017/02/16
    ジャーナル オープンアクセス
  • 小泉 修一, 平山 友里, 繁冨 英治
    2015 年 26 巻 3 号 p. 129-133
    発行日: 2015年
    公開日: 2017/02/16
    ジャーナル オープンアクセス
    グリア細胞は,神経細胞とは時空間を異なる活動性により脳機能をダイナミックに制御している。グリア細胞,特にアストロサイトは,アセンブリを形成し,複雑・微細な突起を介して神経細胞およびグリア細胞を制御している。これまでの手法では,微細突起部位の機能は不明のままであったが,繁冨らの膜移行型 Ca2 +プローブにより,これらの活動が可視化できるようになった。本手法を用いることにより,「虚血耐性」がアストロサイトアセンブリの機能に依存していることを明らかとした。虚血耐性とは,非侵襲的虚血経験によりその後の侵襲的虚血に対する抵抗性を獲得する現象である。これまでの神経細胞に注目した虚血耐性研究とは異なり,アストロサイトの機能変化にそのメカニズムを見いだした。PC により,まずアストロサイトが活性化し,それにより同細胞に発現する P2X7 受容体が,虚血耐性獲得のスイッチを担っていることを見いだした。
  • 尾内 康臣
    2015 年 26 巻 3 号 p. 134-139
    発行日: 2015年
    公開日: 2017/02/16
    ジャーナル オープンアクセス
    蛍光物質導入と二光子や多光子励起顕微鏡などを用いて,数ミクロンオーダーでミクログリア突起等を観察することができるのがミクログリアのin vivo イメージングである。一方in vivo 分子イメージングでは,ミクログリアの活性化で変化する分子の挙動や発現に着目して画像化する方法であり,同じ生体イメージングと言っても両者は大きく異なる。解像度的にははるかに劣るが,脳表への侵襲がないことやヒトを対象に応用できる点が,分子イメージング法のメリットと言える。本稿では,分子イメージングを代表とするポジトロン断層画像法(PET)と Translocater protein(TSPO)という蛋白に結合する PET プローブを用いて,ミクログリア活性を画像化する方法を概説するとともに,認知症や精神神経疾患におけるミクログリア活性を含む病態について記述する。
  • 加藤 隆弘, 扇谷 昌宏, 渡部 幹, 神庭 重信
    2015 年 26 巻 3 号 p. 140-145
    発行日: 2015年
    公開日: 2017/02/16
    ジャーナル オープンアクセス
    死後脳研究や PET を用いた生体脳研究により,統合失調症患者,自閉症患者,うつ病患者において脳内免疫細胞ミクログリアの過剰活性化が次々と報告されている。他方で,ミクログリア活性化抑制作用を有する抗生物質ミノサイクリンに抗精神病作用や抗うつ作用が報告されており,筆者らは既存の抗精神病薬や抗うつ薬が齧歯類ミクログリア細胞の活性化を抑制することを報告してきた。筆者らはこうした知見を元に,精神疾患におけるミクログリア仮説を提唱している。本稿では,精神疾患におけるミクログリア仮説解明のために現在進行中のトランスレーショナル研究を紹介する。 筆者らの研究室では,安全性の確立されている抗生物質ミノサイクリン投薬によってミクログリアの活動性そのものが精神に与える影響を間接的に探るというトランスレーショナル研究を萌芽的に進めており,健常成人男性の社会的意思決定がミクログリアにより制御される可能性を報告してきた(Watabe, Kato, et al, 2013 他)。精神疾患に着目したモレキュラーレベルのミクログリア研究では,技術的倫理的側面から生きたヒトの脳内ミクログリア細胞を直接採取して解析することは至極困難であり,モデル動物由来のミクログリア細胞の解析に頼らざるを得ない状況にあった。筆者らは,最近,ヒト末梢血からわずか 2 週間でミクログリア様細胞(induced microglia-like cells:iMG 細胞)を作製する技術を開発した(Ohgidani, Kato, et al, 2014)。精神疾患患者由来 iMG 細胞の作製により,これまで困難であった患者のミクログリア細胞のモレキュラーレベルでの活性化特性が予測可能となった。こうした技術によって,臨床所見(診断・各種検査スコア・重症度など)との相関を解析することで,近い将来,様々な精神病理現象とミクログリア活性化との相関を探ることが可能になるかもしれない。
  • 油井 邦雄
    2015 年 26 巻 3 号 p. 146-153
    発行日: 2015年
    公開日: 2017/02/16
    ジャーナル オープンアクセス
    ASD の病態には,ミトコンドリアの機能障害,これと密接に関連するグルタチオン生成障害,さらに総合的抗酸化能の低下の 3 タイプが存在し,予後も治療方向性も異なっている。特に,ミトコンドリア機能障害に付随する ASD 症状は神経症状,易疲労性,胃腸障害,運動機能遅滞,けいれんを示し,かつ難治なので,診断と病態の把握は予後と治療にとって重要である。診断に役立つバイオマーカーとしては血液中の酪酸,尿中有機酸,血漿ピルビン酸,血清クレアチンキナーゼ,酸化アスコルビン酸(モノデヒドロアスコルビン酸,MDA),血液中の酪酸 / ピルビン酸の比,血清のアスパラギン酸トランスアミナーゼとアラニン酸トランスアミナーゼなど多数が報告されている。グルタチオン生成障害は社会的相互性障害,コミュニケーション障害,限定的・常同的行為といった中核症状を示すASD でも認められる病態であり,ミトコンドリアの機能障害へ容易に移行する。診断にはグルタチオン(GSH)/ 酸化型グルタチオン(GSSG)比の低下がバイオマーカーとなる。中核症状を示す ASD の一般的な病態は総合的抗酸化能の低下であり,この診断には酸化ストレスの度合(ヘキサノイルリジン, HEL)総合的抗酸化能(total antioxidant capacity,TAC)が役立つ。病態指標を検索したうえで,より合理的な診断と治療選択,予後の判断が行われることを期待したい。
  • 上原 隆, 住吉 太幹, 倉知 正佳
    2015 年 26 巻 3 号 p. 154-160
    発行日: 2015年
    公開日: 2017/02/16
    ジャーナル オープンアクセス
    統合失調症の病態は未だ明らかでなく,予防法および根治的治療法は開発されていない。神経発達障害と神経変性による脳の形態学的変化が,統合失調症の病態生理に関与する可能性が指摘され,症状が顕在化する以前(前駆期)にすでに生じているとされる。特に parvalbumin 陽性ガンマアミノ酪酸(GABA)介在神経細胞の障害が統合失調症の認知機能障害に関与していると考えられている。ゆえに,これらの形態学的変化に作用する薬物が,統合失調症の予防・根治療法につながると期待される。神経栄養因子様作用を有する低分子化合物である T-817MA は神経突起伸展の促進作用や酸化ストレス抑制作用を有し,アルツハイマー病などの神経変性疾患の治療薬として開発された薬物である。われわれは統合失調症モデル動物における形態学的,行動学的異常を,T-817MA が改善することを見いだした。これらの所見は,T-817MA が統合失調症の予防的・根治的治療薬として有望なことを示唆する。
  • 栗山 健一
    2015 年 26 巻 3 号 p. 161-167
    発行日: 2015年
    公開日: 2017/02/16
    ジャーナル オープンアクセス
    NMDA 受容体部分作動薬である D-サイクロセリン(DCS)および HDAC 阻害剤であるバルプロ酸(VPA)は恐怖記憶の消去学習を促進することが動物研究で確かめられている。我々はヒトにおける DCS および VPA の消去学習促進効果を,視覚刺激と指先電気刺激を条件づけるパラダイムを用い検討した。さらに,恐怖記憶学習は睡眠中に強化・固定化プロセスが促進されることから,DCS およびVPA の消去学習促進効果と睡眠依存性記憶強化プロセスとの交互作用を検討した。DCS および VPA のいずれも,恐怖消去の即時学習に影響を及ぼさなかったが,消去学習翌日の学習効果に有意な差が生じた。特に,再強化刺激として指先電気刺激を再曝露した直後の恐怖再燃反応において,対照群に比し有意に低い反応が示された。また,DCS は恐怖条件づけ消去学習に続く覚醒区間中の遅延学習を促進したのに対し,VPA は睡眠中の遅延学習を促進した。本結果は,恐怖回路障害の曝露型認知行動療法に併用することで治療者・患者双方の負担を減じ,治療効果の増強を示唆する。さらに DCS と VPAは異なる作用機序,時間生物学的作用点を有することを示唆している。
feedback
Top