土木学会論文集F4(建設マネジメント)
Online ISSN : 2185-6605
ISSN-L : 2185-6605
74 巻 , 1 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
和文論文
  • 橋本 麻未, 小澤 一雅
    2018 年 74 巻 1 号 p. 1-10
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/06/20
    ジャーナル フリー
     本論文は,「直庸技能者活用戦略検討のためのモデル」を用い,現状の下請技能者を用いる場合に対して,直庸技能者を想定した場合,或いは,直庸技能者のユニオンを想定した場合の長期的(50年間)シミュレーションを実行し,技能継承の程度や生産性,工事利益を定量的に評価し,各戦略を実行する効果と課題を示すものである.検討の結果,直庸技能者を雇用することは待機人材を抱えるリスクを負うものの,一企業として人材不足や技能低下のリスクを回避できる一策であること,技能者のユニオンを形成することで,元請企業による直庸技能者の待機人材リスクを緩和することが可能となり,技能継承の向上も見込めることが示された.
  • 小田 幸伸, 新見 泰之, 小泉 勝彦, 坪井 英夫
    2018 年 74 巻 1 号 p. 11-25
    発行日: 2018年
    公開日: 2018/11/20
    ジャーナル 認証あり
     徳島県に所在する地方港湾撫養港の海岸保全施設において,南海トラフを震源とする地震による津波から背後地域を防護するため,既設の海岸保全施設を改良する事業を実施した.当該事業においては,様々な制約条件がある中で,適した既存の地盤改良工法を選定するだけではなく,地盤改良を行う作業船の改造,当時は開発中であった砂圧入式静的締固め工法の採用,及び,背後企業体の施設更新に併せた工事による作業用地の確保といった,主として地盤改良に関するマネジメントが効果を発揮した.本論文においては,厳しい施工条件下での既設護岸の耐震化にあたって,地盤改良工法の選定にかかるマネジメントによって対応した事例について述べる.
feedback
Top