土木学会論文集C(地圏工学)
Online ISSN : 2185-6516
ISSN-L : 2185-6516
最新号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
和文論文
  • 白河部 匠, 王 海龍, 後藤 茂, 山本 修一, 小峯 秀雄
    2021 年 77 巻 2 号 p. 103-117
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/04/20
    ジャーナル 認証あり

     放射性廃棄物の地層処分におけるベントナイト系緩衝材の機能低下に,高レベル放射性廃棄物からの崩壊熱による熱の履歴の影響が懸念されている.そこで,本研究では緩衝材の技術要件であるベントナイト系緩衝材による自己シール性および地下水の低透水性に及ぼす温度履歴の影響を評価する.本論では,不飽和ベントナイト中の水分移動特性の評価方法を確立した上で,温度履歴を付与したベントナイトの膨潤圧および水分拡散係数を測定した.その結果,膨潤圧は温度履歴の影響が小さいことが分かった.水分移動特性は,低乾燥密度のときに160℃以上の温度履歴を付与することで,水分拡散係数が高く,吸水速度が速くなるが,温度に応じた乾燥密度を設計することで影響を抑制することが確認された.

  • 宮本 慎太郎, 宮田 喜壽
    2021 年 77 巻 2 号 p. 118-128
    発行日: 2021年
    公開日: 2021/04/20
    ジャーナル 認証あり

     被災後の緊急輸送を迅速に行うためには,道路啓開のための地盤補強技術が有益と考えらえる.本研究では,宇宙・機械工学分野における自己展開構造をヒントに,既存のセル補強材の展開機能を高めた展開式セル補強材を構想した.シートの立体展開条件とセル補強材の三次元形状の関係を解析し,土-セル補強土系の相互作用を一面せん断試験で調べた.セル補強材の一般的な立体展開条件に対し,土-セル補強土系は土-土系よりも高いせん断抵抗特性を有することを明らかにする.Taylor-Bishopのエネルギー補正式をベースに,土-セル補強土系のせん断強度の評価式を提示する.

feedback
Top