土木学会論文集B3(海洋開発)
Online ISSN : 2185-4688
ISSN-L : 2185-4688
68 巻 , 1 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
和文論文
  • 川崎 浩司, 菊 雅美
    2012 年 68 巻 1 号 p. 1-11
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/07/20
    ジャーナル フリー
     本研究では,断面2次元造波水路を用いた水理模型実験の再現計算を数値波動水路CADMAS-SURFによって行い,不規則波作用下での越波現象に対する数値波動水路の妥当性について検討した.そして,越波被害を受けている道路護岸の越波対策工法を評価・選定する手段として,現地海底地形に数値波動水路CADMAS-SURFを適用し,3種類の護岸形状に対して護岸天端高を変化させながら,不規則波越波計算を行った.その結果,従来の手法では算定できなかった特殊形状護岸に対する越波流量を数値波動水路によって適切に算定できることを明示した.さらに,各護岸形状に対して総合評価を行うことにより,検討対象地域の特性に適した越波対策工法の選定が可能になることを明らかにした.
  • 中村 友昭, 水谷 法美
    2012 年 68 巻 1 号 p. 12-23
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/07/20
    ジャーナル フリー
     渦と底質表面を出入りする浸透滲出流の影響をともに考慮した漂砂計算手法を提案するとともに,提案した手法を組み込んだ3次元流体・構造・地形変化連成数値計算モデルを遡上津波による陸上構造物周辺の洗掘現象へ適用することで,渦と浸透滲出流の影響を考慮した効果とその重要性を考究した.その結果,構造物の沖側隅角部周辺に形成される洗掘は渦と浸透滲出流の影響を受け,漂砂計算に両者の影響を考慮することで洗掘を良好に再現できることを明らかにした.また,構造物の沖側隅角部周辺では底質の移動が渦と浸透滲出流の影響により助長され,深い洗掘穴の形成に到ったことを確認し,津波による洗掘の発生における渦と浸透滲出流の重要性を示すとともに,津波による洗掘の検討に際して両者の影響を考慮した本モデルの有用性を明らかにした.
feedback
Top