土木学会論文集E1(舗装工学)
Online ISSN : 2185-6559
ISSN-L : 2185-6559
67 巻 , 1 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
和文論文
  • 浅田 拓海, 本多 誠司, 亀山 修一
    2011 年 67 巻 1 号 p. 10-21
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/02/18
    ジャーナル フリー
     現在,積雪地域では,道路区画線の塗り直しの要否は,道路管理者による2~5km間隔の目視評価結果から判断されているが,塗り直し費用の縮減を図るためには,短い間隔で,かつ容易に区画線の損傷度を診断し,それに応じて,塗り直し区間をピンポイントで特定することが効果的である.本研究では,走行する車両内から20m間隔で撮影した区画線画像から算出した画像特徴量(濃度ヒストグラム特徴量,同時生起行列特徴量,一般化次元)を用いて区画線の剥離率を推定する手法を開発した.さらに,本手法を,平成20,21年に撮影した札幌市内の国道4路線の区画線画像に適用したところ,両年春季の剥離率の変動が類似していること,冬季における剥離の進行度が舗装の種類によって異なることが分かった.
  • 小林 潔司, 貝戸 清之, 藤原 栄吾, 森 悠, 山本 真悟, 藤岡 芳征, 山田 優
    2011 年 67 巻 1 号 p. 22-37
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/02/18
    ジャーナル フリー
     積雪地の道路舗装では,冬季の除雪対策として散水が行われることがある.その結果,路面が常に滞水状態におかれ,ポットホールが多発する要因となっている.ポットホール等の路面異常に対しては,通常常温混合物を用いて迅速に応急補修がなされるが,常温混合物本来の性能を発揮するだけの施工条件を満たすことが難しく,すぐに混合物が剥離してしまう事例が多い.本研究では,積雪地に適した補修工法,補修材料を選定するための基礎検討として,常温混合物の耐久性を統計的見地から考察する.具体的には,混合物の剥離過程をワイブル劣化ハザードモデルで表現し,積雪地の一般国道に生じたポットホールに関する点検データ,および補修後の経過履歴データを用いてモデルを推計するとともに,常温混合物の耐久性を実証的に分析する.
  • 田中 俊輔, 武市 靖, 増山 幸衛, 高橋 尚人
    2011 年 67 巻 1 号 p. 53-64
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
     凍結路面におけるすべり抵抗や凍結抑制効果は,目視観察など定性的方法により評価されてきた.一方,すべり摩擦係数による冬期路面管理が用いられる傾向にあるが,その測定は必ずしも容易ではない.そこで,容易に算出できる路面露出率からすべり摩擦係数を予測するために,恒温室内に雪氷路面を作製して制動試験と繰返し走行試験を行い,両者の関係を明確にした.この結果については重回帰分析を行い,路面露出率,路面テクスチャ,凍結抑制材のすべり摩擦係数への影響について考察し,氷膜・氷板路面のテクスチャに対しては,スペクトル解析も試みた.さらに,実路で用いられているすべり抵抗値測定装置で屋外試験を行い検討した結果,室内試験で得られた結論が実路でも適用できる可能性を示すことができた.
和文報告
  • 島崎 勝, 角尾 崇, 笠原 篤
    2011 年 67 巻 1 号 p. 1-9
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/02/18
    ジャーナル フリー
     アスファルト遮水壁は,アスファルトの有する変形追従性や応力緩和性状により,地震時の急速な堤体変形などにも追従可能であり,また水位変動や温度変化などにより発生する応力を緩和し,疲労が蓄積し難いという特長を有している.一方,温 度依存性により,低温時にはそれらの性状が低下する.そのため,低温時にも変形追従性や応力緩和性状が低下しにくい低温性状改善型アスファルトを開発した.開発に当たっては,米国における新道路計画SHRPの配合設計法SUPERPAVEのアスファルトの指標であるPGを参考とし,PG64-28(供用可能最高温度64℃,最低温度-28℃)の性状を目標とした.北海道虻田郡京極町に位置する双葉ダムのアスファルト遮水壁補修計画に当たり,当該開発アスファルトの適用性が検証され,その補修工事に適用された.
英文論文
  • Nobuyuki YOSHIDA
    2011 年 67 巻 1 号 p. 38-46
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
     This paper discusses resilient Poisson's ratio of hydraulic, graded iron and steel slag base-course material based on a series of repeated loading triaxial compression tests on the specimens compacted with a maximum dry density and an optimum water content a nd cured for 0, 28, 91 and 365 days. It is shown that resilient Poisson's ratio for no cured specimens is stress dependent in such a way that it increases with deviatoric stress and decreases with mean effective principal stress. As curing time increases, however, the magnitude of resilient Poisson's ratio becomes smaller and its stress dependency vanishes: at curing time of one year, resilient Poisson's ratio appears independent on both mean effective principal and deviatoric stresses and can be taken as constant. Resilient Poisson's ratio can be well expressed by a power function of these two stresses. It is indicative that stress-dependency in resilient Poisson's ratio fades away after hydraulicity has sufficiently developed, which may justify the use of a constant value for resilient Poisson's ratio in pavement response analyses.
英文ノート
  • Nobuyuki YOSHIDA, Yasunari SUGISAKO
    2011 年 67 巻 1 号 p. 47-52
    発行日: 2011年
    公開日: 2011/03/18
    ジャーナル フリー
     In this paper, the dynamic response of asphalt pave ment containing a hydraulic, graded iron and steel slag (hereafter called HMS) base-course under repeated plate-loading was investigated using a model asphalt pavement and the influence of hydraulicity on th e pavement behavior was discussed. The model pavement constructed was a 4-layer system consis ting of a dense-graded asphalt mix surface layer, a dense-graded asphalt mix binder-course, a HMS base-course and a Masado (heavily-weathered granitic sand) subgrade. A repeated plate-loading test was carri ed out so as to achieve a resilient state. It is shown that surface resilient deflection decreases as curing progresses and after 90 days, the deflection becomes almost half of the initial. Large horizontal tensile strains develop at the bottoms of binder- and base-course, which decrease significantly with curing. It is indicative that HMS base-course behaves like a stiffer plate resulting in a hard-to-deflect state due to the development of hydraulicity.
feedback
Top