臨床神経生理学
Online ISSN : 2188-031X
Print ISSN : 1345-7101
ISSN-L : 1345-7101
43 巻 , 4 号
選択された号の論文の15件中1~15を表示しています
原著
  • 由留木 裕子, 岩月 宏泰, 鈴木 俊明
    2015 年 43 巻 4 号 p. 111-120
    発行日: 2015/08/01
    公開日: 2016/09/01
    ジャーナル フリー

    健常者を対象にどの程度のラベンダー精油吸入で脊髄神経運動ニューロンの興奮性を抑制できるのかについて検討した。方法は濃度0%, 1%, 10%のラベンダーを2分間吸入させF波測定を行った。さらにラベンダー精油が脊髄神経運動ニューロンと自律神経にどのような影響を与えるのかについて検討した。濃度10%のラベンダーを10分間吸入, F波と同時に平均心拍数と心拍変動を測定した。これらの結果, 濃度1%と10%のラベンダー, 2分間の吸入は脊髄神経運動ニューロンの興奮性に影響を与えなかったが, 濃度10%, 5分の吸入で有意な抑制効果が認められた。また, ラベンダーが脊髄神経運動ニューロンを抑制する機序に関しては, 副交感神経が関与する可能性が示唆された。

特集「脳深部刺激療法」
解説
  • 今井 富裕
    2015 年 43 巻 4 号 p. 183-188
    発行日: 2015/08/01
    公開日: 2016/09/01
    ジャーナル フリー

    2年ほどの経過で徐々に右手筋萎縮と筋力低下が進行してきた30代男性例。右利きで仕事上よくOA機器のマウスを使っている。右背側骨間筋に筋萎縮を認めたが, 小指球には明らかな筋萎縮は認めなかった。深部腱反射には特記すべき異常はなく, 尺骨神経領域を含め感覚障害は認めなかった。右尺骨運動神経伝導検査では, 被検筋を小指外転筋 (ADM) にすると伝導遅延は認めなかったが, 被検筋を第一背側骨間筋 (FDI) にすると手根部より遠位での著明な伝導障害を認めた。右尺骨感覚神経伝導検査には異常を認めなかった。Zone・で手掌深枝が障害された尺骨神経管症候群 (UTS) と診断し, 整形外科手術を施行したところ豆状有鉤裂孔近位部での右尺骨神経の絞扼が明らかとなった。末梢神経伝導検査はUTSの障害部位を同定するために非常に有用な方法であり, 絞扼部位の除圧を行う術前検査として必須である。

feedback
Top