計算機統計学
Online ISSN : 2189-9789
Print ISSN : 0914-8930
ISSN-L : 0914-8930
最新号
選択された号の論文の12件中1~12を表示しています
原著論文
  • 高橋 正憲, 羅 明振, 栗原 考次
    2022 年 35 巻 1 号 p. 1-16
    発行日: 2022年
    公開日: 2023/01/25
    ジャーナル フリー
     COVID-19 (2019年に発生した新型コロナウイルス感染症) は, 2019年12月31日に中華人民共和国湖北省・武漢市で最初の症例が確認され, WHO (世界保健機関) が2020年3月11日にパンデミック (世界規模の大流行) 宣言をする事態となった. COVID-19の初感染が観測されるまでの時間に影響を与える要因を理解することは, 次回パンデミックが起きた際に各国が初期段階で取るべき行動指針を考える一助となることが期待される. 本研究では, 初感染までの時間を複数の社会経済的要因の関数として表現した2成分混合回帰モデルを提案する. 分析の結果, 感染初期は飛行機での人の移動が原因となり中国から距離の近いアジア国々やヨーロッパやアメリカなどの先進国に感染が広がっていったことが示唆された. また, 感染中期以降は, アフリカや南米などの人口が多い国に感染が広がっていったことが示された.
  • 梶西 将司, 石岡 文生, 栗原 考次
    2022 年 35 巻 1 号 p. 17-35
    発行日: 2022年
    公開日: 2023/01/25
    ジャーナル フリー
      本研究では, 空間データの構造の評価や時間変化に伴う空間データ構造の比較・検討を行うための指標や評価方法について提案する. まず, エシェロン解析を行う際に生成されるエシェロンデンドログラムを使用して, 空間データを可視化する. 次に, デンドログラムの形状 (構造) を定量的に把握することのできる「パターン」と時間経過に伴い変化する空間データの構造を評価できる「ステージ」を新たに定義する. さらに, 実データを用いてその有用性を確認する.
学会活動記事
編集委員会からのお知らせ
feedback
Top